カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ちょっと旅行 」カテゴリ記事一覧


せっかくグルメ旅in鹿児島3

191218-01顔出し一杯第3日目(12/16) 鹿児島→曾木の滝→霧島神宮→帰阪

Oh~!みすていく!!
ネット決済してたために宿泊補助券が使えなかったぁ。
過去にも同じことをしてしもた事があるのにぃ。。。
「あの滝が見た~い!」と発言したT子は滝の名前を憶えてない。
フロントで聞いて判った。‘東洋のナイアガラ’という曾木の滝やった。
  桜島SAにずらりと並ぶ顔出しパネル→
曾木の滝

191218-02191218-03191218-04









191218-05191218-06191218-07









191218-08ナイアガラは見たことがないので言うてはいかんのかなぁ。。。
でも敢えて言いたい。
これは決してナイアガラではない! 
無理矢理こじつけて、最後の写真がナイアガラ的?
しかし、これは人工的な取水施設であって高さも1m前後。
ええ景観やから‘東洋のナイアガラ’と言わんでもええのに。

曽木発電所遺構があるというから見に行った。
水草か?表面を覆っているがその下は水らしい。

191218-09霧島神宮

T子が霧島神宮に行ったことがないと言うので、予定していた。
私も40年ぶりですっかり忘れている。と言うより興味がなかった。
修学旅行の付き添いで、生徒の安全の方に興味があった。
  昼ご飯を食べた道の駅から高千穂峰を望む→

霧島神宮で見せたい物が記憶の中にひとつだけあった。
四角い竹や。それがあったことだけ憶えている。

191218-10霧島神宮191218-11191218-12正面









左:参の鳥居(この横に駐車場)   中:社殿遠景   右:本殿は一番奥

191218-13191218-14菊の御紋191218-15









左:拝殿や本殿は見えない   中:菊の御紋が。。。   右:彫り物(ここだけ)

191218-16191218-17紅葉191218-18新婚旅行









191218-19左:見せたかった竹   右:龍馬とおりょうの看板

巫女さんに聞いて竹の場所が判った。
竹はシホウチクというらしいが、これでは笹やがな。。。
40年前はもっと立派やったのに。。。
でも触るとやっぱり四角い茎やった。龍馬も触ったやろか?

その後、レンタカーを返す前にスカイレンタカーの前にある
お茶屋さんで霧島茶の試飲をして、2袋購入。
鹿児島空港に着いた時から「3年連続日本1」という看板に
T子が気になっていたそうで、時間もあった。

空港でもシロクマを食べた。本家より豪華でリーズナブル。
しかし、氷の旨さは本家に叶わない。

大阪に着いて、いつもの如く『鼎泰豊(ディンタイフォン)』で夕食後、帰ったとさ。
TV番組に乗っかって行ったこの旅もなかなかに楽しい旅になりました。
                                  (おしまい)

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

せっかくグルメ旅in鹿児島2

第2日目(12/17) 指宿→長崎鼻→西大山駅→鹿児島(六白・牛旬三郎別館・むじゃき)

天気予報通り晴れ間も見えたので、開聞岳を見ようと長崎鼻へ行くことになって、そこで困ったのが
『せっかくグルメ!』での昼食。この日はラーメンの予定やったけど、トンカツに変更せざるを得ない。
それは何故かというと、T子がSAでポスターを見て「この滝、見た~い!」とおっしゃったから。

191217-01夫婦喧嘩191217-02竜宮神社191217-03ツワブキ









長崎鼻に戻って、神社があることを初めて知った。
左:参道にあったおもろい看板   中:浦島伝説の竜宮神社   右:ツワブキが赤に映えた

191217-04長崎鼻灯台191217-05191217-06一番上がる









左:長崎鼻灯台   中:最初に撮った1枚   右:一番雲が上がった状態の開聞岳

191217-19三神191217-22鹿児島有名人191217-25JR最南端駅









左:福蛙・福亀・田の神の三神   中:鹿児島出身の有名人   右:JR最南端の駅西大山駅
福蛙は修行蛙さんへのお土産。西大山駅では菜の花が咲いていてのどか。

六白 とんかつ屋さん

191217-31191217-29六白191217-30かつ丼









『せっかくグルメ!』ラーメンかトンカツかで迷うこともなく選んだトンカツ。
六白』ではかつ丼を注文すると地元の学生が言ってたけど、ほんまほとんどの人がかつ丼を。
3人だけトンカツ定食を食べていただけで、あとの客は皆かつ丼。
=番組で語られなかった情報=
かつ丼は卵でとじたもの。キャベ丼というのもあり、キャベツの上にトンカツが乗っている。
これも旨そう。。。また来なあかん。。。定食も旨そうやった。。。

191217-34マリメッコ191217-35191217-36









左:天文館にマリメッコ   中:天文館のシンボルマーク?   右:見下ろせば星座表
マリメッコのワンピースを着たお客さんにはびっくらこいた。

191217-37路面電車191217-38ライトアップ191217-41天文館









左:路面電車   中:橋のライトアップ(橋の上からは見えない)   右:夜の天文館
昼ご飯を済ませたあと、しばらく天文館をぶらぶらしたが、ホテルにチェックインし休憩。

牛旬三郎別館 焼肉屋さん

191217-43牛旬三郎別館191217-44カメノコ191217-45









左:入口   中:カイノミがなかったので、カメノコ   右:生ハムサラダ

191217-46タン下191217-47切って191217-50美人姉妹









左:タン下(これが食いたかった)   中:切り分けてくれる   右:笑顔が素敵な美人姉妹
タン下は通常これの倍のサイズ。T子はタンが食べられないので、
「ハーフサイズで頼めるかな?」と聞いたら、快く「できますよ」と切ってくれた。
旨かった!

むじゃき シロクマのかき氷屋さん

191217-52元祖シロクマ191217-53同い年191217-55シロクマ









左:店の外観   中:同い年の記念撮影   右:シロクマ
いやぁ元祖シロクマは感動の美味しさやった。今回の旅行で一番の感動かも。

『せっかくグルメ!』を巡る旅はラーメンを残してこれで終わり。明日は付け足し旅。
                                つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

せっかくグルメ旅in鹿児島1

191216-01さかなや食堂第1日目(12/16) 伊丹→鹿児島空港→枕崎→開聞岳→
          休暇村指宿


TVで『せっかくグルメ!』を見ていた時に、「いつか行こう!」と
決めていた旅行で、「来年の春かなぁ」と思っていた。
それが申し込んでいた壱岐のツアーが催行中止になったため
急遽12月に組み入れることになった。

番組では鹿児島の天文館だけやったけど、指宿と霧島でも
付け足して行くかというラフプラン。
 
191216-02かつお丼飛行機は伊丹から鹿児島へのマイレージ特典航空券。
宿は宿泊補助のある休暇村指宿東急REIホテル鹿児島
レンタカーはスカイレンタカーの安いプラン。

天気予報は最悪で3日間傘マークがあったけど、降られたのは
天文館からの帰りに一度だけ。

鹿児島空港に着いて、レンタカーを借りてハンドルの補助具を
付けてもらい、まず最初の目的地枕崎を目指す。
『せっかくグルメ!』ではトンカツ・焼肉やったから、この日は
魚で行こかと。
191216-03桜島SAに立ち寄ったが、桜島が見えない。雲に覆われてた。
帰りにも見えず、4度目で見えなかったのは初めて。

枕崎に着いて、それらしい店を探すが見つからず、『枕崎お魚
センター
』に入った。レストランもあったが「ここがいいや」と
入ったのが①『さかなや食堂』で、食べたのは②かつお丼。
生のカツオの上にかつお節が乗っている。
このかつお節が美味!¥650と超お安い。

センターはかつお節・土産物・生鰹・魚介などを売っていたが
何も買わず。
191216-04みなとの水族館
センターの中に水族館があり入場料100円やけど、外から
丸見え。閉鎖中。

ひと通り見たあと外に出てみると、枕崎港。大きかった。
家の近くの尾崎漁港の5倍くらい?

ぽつぽつと雨が降り、周りの山も雲の中。
これでは開聞岳も見えへんなぁ。。。どうする?
早いこと宿へ行くか。

191216-05枕崎漁港案の定、開聞岳はまったく見えずしょうがないからT子の趣味
パルラーで訪れた開聞郵便局の写真でも載せようと撮っておいた。
 *パルラーとは郵便局の窓口で貯金し、ゴム印を押してもらう。
  たまにイラスト付きの印がありお宝。

開聞岳-指宿は約1時間やから、明日の天気によってはまた
来ようと決まった。これが自由旅行のいいところ。
もしツアーやったらそうはできん。
「明日はゆっくり出ようと思とったけど、早出たら来れるで」
「ゆっくりて何時頃と思とったん?」
「10時頃かな。。。」
191216-06開聞岳見えず
休暇村指宿には4時前にチェックイン。
プランは一番安いシニアプランですが、部屋をグレードアップ。
¥11800に宿泊補助4000円があるので、7800円。
飲み物代を足しても10000円弱です。

早い時間に砂むし風呂。
T子とと並び埋めてもらいました。
「あれ?この感じ、何か経験してるぞ。。。」
「経験してるで。40年くらい前やけど。。。」
「ふ~~ん。。。」
191216-07指宿休暇村結局、思い出せなかった。
弟の嫁が鹿児島の人で、その結納を持って来たり披露宴を
大阪と鹿児島でしたので、そのいずれかやと思うが思い出せず。

煮魚とたまて箱(魚フライ・刺身・白身魚のしゃぶしゃぶ)に
ハーフビュッフェが付いた夕食。
今まで泊まった休暇村の中で秀逸の夕食やった→

砂むし風呂のあと一度入浴しているが、温泉はここだけなんで
寝る前にもうひとっ風呂。
オリオン座が家から見る方向と同じやった。
指宿の夜は更けていく。。。
                  つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

黒部峡谷トロッコ2

191112-01ももクロ 第1日目(11/11) 難波→富山→高岡→宇奈月温泉

 宿を出て、余分な荷物はバスに入れ徒歩でトロッコ列車の駅まで。
 ←トロッコ列車のスタンプ
  宇奈月の文字はももクロが書いたとか。千代菊さんへのお土産。

 列車は予約済みで結構混んでいた。
 1列3人掛けのところを2人で。ラッキー!
 それでは、一緒に景色をお楽しみください。

191112-02191112-03191112-04









191112-05191112-06191112-07









191112-08191112-09191112-10









191112-11191112-12191112-13









191112-14191112-15191112-16









191112-17191112-18191112-19









191112-20191112-21191112-22









191112-23191112-24191112-25








紅葉よりも黄葉。千畳敷カールと雰囲気は丸で違うが黄葉という点では同じ。
途中ダムや発電所があり、新柳河原発電所(2段左)などは西洋の城かと思う作りで遊び心を感じる。
鐘釣駅で降りて、45分ほどのフリータイム。5段中からが7段左まで。
万年雪展望台に行き、見ると小っちゃい万年雪の塊で、写真を撮る気も起らんかった。
更に進んで、河原露天風呂は河原へ降りることなく上から覗いただけ。
駅に戻って、如来三尊を見に行った。(6段中=釈迦如来・大日如来・弥陀如来)
階段を20段ほど登った所にあり、振り返ったら絶景(6段右)が待っていた。
駅員さんが皆親切で、積極的に写真を撮ってくれる。

その後、地ビールの試飲ができる宇奈月ビールに立ち寄り帰りの途についた。

191112-26イルミネーション191112-27キン肉ラピート 新大阪―梅田―難波の順に
 降りて、バスは天王寺まで。
 御堂筋はイルミネーションの
 灯りが点いていてラッキー!

 難波について『鼎泰豊
 
 最後の最後で、キン肉マンの
 ラピートを見たので1枚。

11月旅はこうして終わりましたが、バスツアーは効率はええけどやっぱり好かん!
効率が悪くても行きたい所をじっくり訪れる方がええ。気ままな旅の良さを再確認できた旅でした。
                            (おしまい)

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

黒部峡谷トロッコ1

191111-01福かえる 第1日目(11/11) 難波→富山→高岡→宇奈月温泉

 毎月旅行の一環で1泊2日のバス旅行は富山へ。
 難波集合8時半という事で、7時20分発のサザンで難波まで。
 朝ご飯はサザンの中で昨夜の松茸ご飯のおにぎり。
 ←葵稲荷前の福かえるは修行蛙さんへのお土産

 普段の写真の大きさに比べて旅行記の写真が小さい。
 ぅ~ん、なんとかせにゃならんなぁ。。。

191111-02池田屋191111-03反魂丹191111-04紙風船








有名な越中富山の置き薬。何軒残っているのか知らんけど、観光では有名な『池田屋』(左)と反魂丹(中)
外国の子が丸薬作りの体験をして紙風船をもろとった。T子欲しがる。
「買(こ)うたらくれるんちゃう?」と言って諦めさせる。池田屋は2度目の訪問で前回は購入。

191111-05Wレインボー191111-06長慶寺191111-07








高岡へ入って『長慶寺』“知られざる紅葉スポット”“とパンフレットにあったが、紅葉スポットではなかった。
バスを降りた時は傘が要ったが、お蔭でWレインボーが見られた。(左)

191111-08191111-09191111-10








紅葉よりも五百羅漢を強調する方がええんちゃうか?

191111-11ルームキー その後、一路宇奈月温泉を目指す。
 宿は『やまのは』朝夕ともバイキング。
 料理はバイキングの割には充実していたが写真に撮ることはなかった。
 
 ←優れものの鍵
 部屋は逆さまにしても同じ619号室。シンプルな10畳。
 鍵の良い所は真ん中で2つに分かれる事。磁石でくっついている。
 
 温泉宿で鍵がひとつしかないなんて有り得ない事やと思う。
                             つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)