きのっぴぃの旅行記 ホーム »映画の話
カテゴリー「映画の話」の記事一覧

『万引き家族』  

180615万引き家族

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きを終えた帰り道で、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)
を見掛け家に連れて帰る。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を
見て世話をすることにする。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活
していたが……。

T子がどうしても観たいと言うから見に行った。
隣のおっさんのなんか臭いのは、まだ我慢できるとして、ライト付きの腕時計には閉口した。

出演者全員が芸達者で感心した!子役の二人が達者やから日常生活を自然に淡々と描けていた。
後半で祥太がじゅりの万引きを阻止しようとして、わざと分かるように万引きをして追いかけられる。
追いかけられて崖を飛び下りケガをしたことから、家族の秘密が解き明かされていく。

家族の絆とは?生活するとは?子供を育てることとは?
ラジオで、そんな事について考えさせられる映画と言ってたが、考えたのは一瞬だけで
幼い子供達の将来について、漠然とした不安が残っただけやった。

お勧め度 ★★★☆☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『デッドプール2』  

180606デッドプール2

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来た“マシーン人間”の
ケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)の
ためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を
守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「エックス・フォース」を作る。

アメリカンコミック物で、前作は国内未公開の時に、飛行機の中で見た。
パロディーやせりふ回しはまだいいとして、映画館の観客に話しかけたりする手法は嫌いや。
X-MENの見習い?から発展しチームを組んだ「エックス・フォース」
ポスター右端の“超ついてる”女性以外は最初のスカイダイビングで全滅。
続編を作る気満々。ハチャメチャアクションが好きな人向き。

お勧め度 ★★★☆☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『15時17分、パリ行き』  

180320『5時17分、パリ行き』

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム
過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせて
いたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生
アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

実話を映画にしたもので、実際に無差別テロを止めた3人が主演する。
テロ発生から鎮圧までの時間が短かったためか、3人の小学生時代の出会いから紹介していく。
そして、ヨーロッパ旅行する彼らがテロに遭遇するわけやけど、もうちょっと列車のシーンに
時間を割いてもええんちゃうかな。
彼らが事件後、勲章を受けるシーンは流れたが、撃たれた人がどうなったのか知らされなかったのが
残念!

お勧め度 ★★★★☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『空海』  

180227空海

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
7世紀、唐の時代の中国。若き日の空海(染谷将太)は、遣唐使として日本から唐へ向かう。
密教の全てを会得しようという決意に燃える中、ひょんなことから詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と
出会う。交流を重ねていく一方、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。
その真相に迫ろうとする空海と白楽天だが、二人の前に歴史が生み出した巨大な謎が立ちはだかる。

何とも不思議な世界観はさすが夢枕獏の世界ということか。
準主役とも言ってよい黒猫が出てくるが、CGが良くなかったので半ば白けさせられた。
まやかしの術がいろいろ出てくるが、映画そのものがまやかし?
ファンタジー好きの方にはお勧め。

お勧め度 ★★★☆☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『キングスマン/ゴールデン・サークル』  

キングスマン

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織
「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タ
ロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、
同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。

見に行こうと決めていた映画で、フランクフルトへの飛行機の中で見た。
ストーリー展開から、「これは前作があるな。。。」と感じた。見終わって次のを探してたら、前作があった。
そっちの方が面白かった。

お勧め度 ★★★☆☆
前作のお勧め度 ★★★★☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop