カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「映画の話 」カテゴリ記事一覧


『決算!忠臣蔵』

191206決算!忠臣蔵

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、
即日切腹を言い渡される。突如藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石
内蔵助(堤真一)は勘定方の矢頭長助(岡村隆史)の力を借りてリストラに励むが、その努力や幕府へ
の働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。一方、江戸の庶民たちの間で敵討ちへの期待は
ますます高まっていく。そんな中、討ち入りには上限8400万円にものぼる予算が必要なことが発覚した。
なんとか予算内で敵討ちを成功させようと浪士たちは奮闘するが......。

堤真一と岡村隆史がダブル主演という触れ込みやったが、主演はやっぱり堤真一やった。
討ち入りのシーンもなく吉良上野介も登場しないが、忠臣蔵を知ってる者にとっては十分に理解できる。
が、知らない人にはどやろか?
ポスターでは岡村隆史も討ち入りメンバーになっているが、その前に死んでいる。
全編関西弁が飛び交う。竹内結子を見るためだけに行った映画やったけど、最初の台詞の関西弁が
習得できていなかったけど、彼女やから許せる。
新たな面(お金の)からの忠臣蔵に挑戦したのには賞賛を送っておこう。

お勧め度→★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『エンド・オブ・ステイツ』

191127エンド・オブ・ステイツ

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング。
英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を
蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領に空から大量の
ドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた
容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。
なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す......。

ドローン爆弾で襲ってきたのは誰かすぐに判ったし、その黒幕もすぐに判ってしもた。
『ホワイトハウスダウン』と違うのはシークレットサービスが裏切らなかった事だけで、類似作品。
エンド・オブ・シリーズの前2作より作品としての評価は落ちる。
ジェラルド・バトラーの動きも鈍くなってる。

お勧め度→★★★☆☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ターミネーター』

191119ターミネーター

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
一度は回避したと思われた人類滅亡の日”審判の日“。だが、その危機はまだ終わってはいなかった...。
人類の命運を握る女性ダニー(ナタリア・レイエス)を守る謎の戦士グレース(マッケンジー・デイビス)と、
女性の命を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)との壮絶な攻防。
そして彼らの前に現れる、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)と“T-800”(アーノルド・シュワル
ツェネッガー)。
人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされる……。

新しいターミネーターは小さく写っている2人。何と分身の術を使える。
シリーズで生き残ってる筈やった未来の指導者ジョン・コナーは、別のシュワちゃんに殺されていた。
そして、未来にできているはずのスカイネットもできておらず、別の組織が出来上がっていた。
その組織に対抗するのがダニーを指導者とする集団。。。て、そんなもんなんぼでも話を作れるやん。
映画は面白かったけど、もう『ターミネーター』は卒業するわ。

お勧め度→★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『ジェミニマン』

191101ジェミニマン

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
ウィル・スミスが1人2役で主演を務める近未来アクションエンターテイメント。
最強のスナイパー:ヘンリー(ウィル・スミス)は、政府に依頼されたミッションを遂行中、
何者かに襲撃される。自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せない最強の
ターゲットをヘンリーは追い詰めるが、襲撃者の正体が秘密裏に作られた“若い自分自身”の
クローンだという衝撃の事実を知り、政府を巻き込む巨大な陰謀に巻き込まれていく……。

ストーリーで「政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される」のではなく、
引退したあと何者かに襲撃されるの間違い。
設定が面白かったので見に行ったが、もう少し説明的な場面が要ったやろうと思う。登場
人物の人間関係とか判りにくい。まだ『ジェイソン・ボーン』の方がうまく作ってた。
クローンの自分自身に狙われるという設定は現在的な設定で面白かったけど、最後のアク
ションシーンの尻すぼみ感があるからもうひとつやな。。。

お勧め度 ★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『引っ越し大名!』

引っ越し大名!

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
姫路藩主の松平直矩は、幕府から豊後・日田への国替えを命じられ、度重なる国替えで財政が困窮している
上に減封と、藩最大のピンチに頭を抱えていた。ある日、人と交わらずにいつも本を読んでいて「かたつむ
り」と呼ばれている書庫番の片桐春之介(星野源)は、書物好きなら博識だろうと、国替えを仕切る引っ越
し奉行に任命される。

コミカルに引っ越し(国替え)を描くんやろな、と思っていたが、その予想を上回っていた。
特に高橋一成のオーバーな演技には笑うしかなかった。監督から要求されたんやろな。
高畑充希は子持ちの出戻りという難しい役どころを卒なくこなしてたし、濱田岳は相変わらず上手いし。。。
隠密群は要らんかったなぁ。。。要らん付け足し。
大名の引っ越しがこれほど大変なもんやったと実感できた。

お勧め度 ★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)