きのっぴぃの旅行記 ホーム »2016年01月
2016年01月の記事一覧

ただいま旅行ちう1  

160131-01大山

今年の初旅は大山をくるっと回って三朝温泉へ。
明日は倉敷まで出るつもりで~す。

大山は雲のなか。。。



category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 2

囚われし者@海岸  

今日はKeiさんの真似っこ。
写真は2011年11月のもので、すでに脱走したもよう。

160130囚われし者



category: なんやかや

tb: --   cm: 0

皆さんへのお願い  

160129-1炊き込みご飯定食朝から雨。
雨の日はT子の送迎をしなければならない。
義務化してることやけど、嫌じゃない。
迎えに行って、必ずランチになるからや。
店は時々違うが、大抵は『魚ダイニング光』に決まっている。
これがあるからルンルン気分で送迎できる。

上:T子チョイスの炊き込みご飯定食  下:カキフライ定食
今日の炊き込みご飯ははまぐり。ちょっとだけ頂いた。

160129-2カキフライ定食はまぐりの歯応えがあり、旨い!

そのあと、ガソリンを入れビールを買い、いつものスーパーで買い物。
駐車場で待ってる間にフロントガラスの雨粒を撮ってみた。
なんと、パソコンで見たら青い看板が写りこんでる。
mamakeikoさんのように狙ったわけじゃないけど、嬉しい!
   mamakeikoさんのブログはこちら → ★★★
ぜひ、画像をクリックして拡大画像でご覧ください。


160129-3駐車場30分ほど車で待ってたけど、次々に車が入ってくる。
身障者用の駐車スペースに停めて、颯爽と歩いて行く人が多い。
4台分の身障者用の駐車スペースが空くことがなかった。
私は障害者手帳を貰っているが、足は8級(腕は3級)で
歩けるから停めたことはない。
車椅子を使っているような障害をお持ちの方が困るやろから、
停めるのはやめようよ。

切に、皆さんにお願いします。




category: なんやかや

tb: --   cm: 4

スノードロップ  

160128スノードロップ昔の旅行で、まだブログに書いてないのがいくつかある。
2年に一度のペースで、カナダ・バリ・プーケットなど行ったけど、
まだフィルムスキャンが出来てない。
いずれ書かせてもらおうと思っている。

以前のブログで書いていた旅行記も、日付をそのままにして
こちらへ移そうと思っている。

スノードロップが咲きだした →



category: なんやかや

tb: --   cm: 0

初ハワイ  

「お父さんらだけでズルイー!!」
エジプト旅行から帰った時の娘の叫びやった。
娘は小学生で5年になっていた。息子は3年生。
小さい頃から旅行には連れて行ってたけど、さすがにヨーロッパやエジプトには連れて行けず、
実家の両親に預けて行かせてもろた。
その罪滅ぼしで翌年ハワイへ行くことになった。

カネオヘのサンドバーへ遊びに行った。
貸し切り状態で、水上バイクや水上スキー、ウインドサーフィンにも挑戦させてくれた。

パンチボールの丘やタンタラスの丘を見学し、夜はレストランで柏戸関にあった。
ハワイの後援者と一緒やった。もち、記念写真。
レストランを出て、運転手さんが月下美人が咲いているからと案内してくれた。

160127月下美人


ある日はカウアイ島に渡り、シダの洞窟やワイメア渓谷を楽しんだ。
またある日はハナウマ湾で1日中泳いで、ハワイを満喫した。
結局、有名なワイキキビーチには一度も行かなかったなぁ。。。と帰りの飛行機で。

大韓航空利用。
ホテルは関西外語短大ハワイ校の寮にもなっていて、卒業生の一人にフロントでばったり。
食事に誘ったが、寮の監督官が見回りに来た時、部屋にいなければ強制送還されるとかで、
残念なことに断られた。
【エルセーフ事件】
部屋に備え付けのエルセーフという金庫があった。息子が勝手に番号を変えていて、しかも
その番号を覚えていないという事件。
奇跡的に姉の方が4桁の数字のうち2桁を憶えていたので、何とか開けることができた。

みんないい思い出になっている。


category: 昔の旅行

tb: --   cm: 0

つなぎや  

160126-1つなぎや今日はT子の仕事は午後もあり、昼ご飯を一人で食べる日。
何しよう。。。寒さはましになったとはいえまだ寒いしなぁ。。。
汁もんか。。。
と考えていて、ふと『つなぎや』が浮かんだ。
「そうや! Aiちゃんのそばで温もろう!」と決めて貝塚まで走った。

AiちゃんはEriちゃんの妹で、一人で店を切り盛りしている。
今回で店を訪れるのは3度目やけど、前2度は散髪帰り。
わざわざ行くのは初めてやったけど、その価値はあった。

160126-2お品書
写真は上から、つなぎやの暖簾・手作りのお品書き・鴨南蛮そば・
かやくご飯。

テーブルが2つとカウンターで、12人入ると満席の小さい店やけど、
そばは旨い!
二八蕎麦で、メニューは少ないが材料はこだわっている。
今日はちょっと風邪気味なので、温かい鴨南蛮をいただいた。
本物の鴨を使ってる。

160126-3鴨南蛮店によっては鶏を使って鴨南蛮と表示してるとこもあるけど、
正真正銘の鴨で、それもかなり上質。
そして、お品書きを見ると“とり南蛮”もある。今度はそれにしよ。
おつゆも一滴も残さずいただいた。

この店で唯一のご飯物のかやくご飯がまた絶品!
今まで食べたかやくご飯の中で一番と言ってもいい。
昆布とかつおで出汁を取ってるというが、味加減もいい。
何度でも食べたくなる味や。

160126-4かやくご飯文句を付けるとしたら、茶碗が小さい(量が少ない)という事くらいか。

また行こうと思う。

貝塚周辺の方は是非お運びを。
貝塚市久保149-3 26号線を久保神社へ折れてすぐです。




category: なんやかや

tb: --   cm: 2

ギリシャ・エジプトの旅  

30年ほど前の旅行の話。初めての海外旅行から5年経っている。

ある日、テレビで『ナイル殺人事件』を見ていた。新婚の2人がピラミッドに登ってる。
「あれ~登れるんやな~」と思った。それが登ってみたいに変わり、行こう! ってことになった。
昔から言うでしょ。アホと煙は高い所へ登る。

旅行社はJTBで、全国販売。北は北海道から南は???(三重?)までの14人が参加。初成田。

ギリシャに着いて、エギナ・イドラ・ポロスの3つの島をクルーズ。
ポロス島では自由時間があり、少しだけ泳いだ。水泳の苦手なT子が溺れかける事件発生。
こっちの岸からあっちの岸まで20mくらいやから行けるやろ、という言葉に大きく頷いて挑戦したが、
あと3mくらいの所でアップアップし始めた。
一緒に泳いでいれば、すぐ助けられたんやけど、これくらい泳げるやろとこっちの岸で見ていた。
T子は溺れそうになりながら、「助けてー!」と叫んだ。
すると向こうの岸で甲羅干しをしていた男性が2人手を差し伸べてくれた。
溺れそうになるという状況であるにもかかわらず、ハンサムな彼の方に手を伸ばしていた。
「日本語でも通じるんやなぁ。。。」
その日の夕食時の感想で、参加の皆さんに笑ってもらえた。

パルテノン神殿のあるオリンポスの丘は「心斎橋やな」というほどの観光客。
アテネ考古学博物館は写真撮影はOKやった。
パルテノン神殿


いよいよ待望のエジプト。
王家の谷でツタンカーメンの墓を見たり、メムノンの巨像、ルクソール神殿やカルナック神殿を見学したあと
寝台列車に乗り込んで、カイロに向かう。列車の中で参加者の一部が車掌も巻き込んで大宴会。
短パンの着こなしが普通やなかったようで、職業がバレていたのもあって、
「なんかしよーよ、考えて」
なんかしよーよ、は記念に残る何かちゅうことやけど。。。。。。
「ピラミッドの前でピラミッド作ろか?どうや!」

makeピラミッド

ピラミッドは自動小銃を持った兵隊さんが見張ってて、結局登れなかったのでした。

写真はフィルムスキャンしたものです。画質が悪いし、退色しています。



category: 昔の旅行

tb: --   cm: 2

  

4時過ぎに雪が降ってきた。
地面が冷えているから、あっという間に積もり始めた。

明日は送って行かにゃあアカン。

160124雪





category: なんやかや

tb: --   cm: 0

初めての海外  

35年前の旅行話。初めての海外旅行。

高3の時同じクラスやった奴が旅行会社に勤めていて、
「安いのがあったら教えてくれ」
と頼んでいた。そして、安いのがあった。おまけにそいつが添乗すると言う。
ロンドン・ジュネーブ・パリを巡るコースで、当時28万くらいやったと思う。

記憶も薄れているが、参加者も多く東京組もいるので添乗員が2人いた。
「基本料金は安いけど、オプショナルツアーは高いよって、参加するんは絞れよ」
と言われていたんで、ほんまに参加したいのんだけにした。

まず、香港に寄って東京組と合流。香港見物と夕食。

ロンドンでは市内をバスで回り、バッキンガム宮殿で衛兵の交代を見た。
オプショナルツアーには参加せず、もう一人の添乗員が
「ロンドンに住むいとこに会(お)うて、案内してもらうんや」
というのにご一緒させてもろた。
『マイフェアレディ』でイライザが働いていたというコベントガーデン周辺を案内してもろた。

モンブラン
 ジュネーブでは、富士山より1m高い
 エギーユ・デュ・ミディからモンブランを見た。
 オプショナルツアーやったけど参加した。
 これはぜひ見たかった。
 これを見るためにこの旅行に参加したと言ってもいい。
 空気が薄い中、頂上への階段を駆け足で登った。

 ← 翌年の年賀状はモンブランの木版画。

その日の夜、同級生の添乗員から部屋に電話があり、バーへ来いと呼び出された。
バーにはもう一人の添乗員と女の子が2人(ツアー仲間)がいて、
「何でも飲んでくれ。奢りやぁ!」
「えらい景気ええんやなぁ」
というと、昔の添乗員は1回添乗すると車を1台買えるくらいのバックマージンがあったという。
その頃になると、バックマージンも会社にきっちり報告せんならんし、でもこれくらいはかめへん。
で、気に入った人だけ呼んで飲もかということになったらしい。

パリでは、T子がベルサイユ宮殿へのオプショナルツアーに参加したが、私ぁルーブル美術館へ。
ルーブルは広すぎた。モナリザの前でさえ1分程度で通り過ぎ。
そんなに急いでも半分も見られなかった。サモトラケのニケが印象に残っている。

その夜は、リドのディナーとショーというオプショナルツアーがあったが、我々はもちろん不参加。
不参加ながら、一緒のバスで街へ繰り出し、日本料理店へ行った。
添乗員もそろそろ和食を食いたいかと、企画してくれた。2人組の女の子も一緒。
そのうちの一人とは今も年賀状のやり取りをしている。

振り返ってみれば、朝食は付いていたけど、昼食は全日程の1/3程度、夕食は1回だけ。
半分は自由行動やった。
初めてやったから、そんなもんかなぁ。。。と思ってたけど、今考えると大胆な旅行やったかも。

160122メジロ昨日、メジロ君がみかんを啄ばんでいるのを発見。
慌ててカメラを持ったのが、いつものコンデジ。
ズームもあまり利かなくて、1枚撮った後
カメラを変えようとしたら、ヒヨドリが意地悪して
メジロ君は追っ払われてしもた。。。



category: 昔の旅行

tb: --   cm: 0

青空と梅  

160122青空と梅 抜けるような青空に適度な風。洗濯物がよう乾くゎ。
 洗濯物を干して、布団を干して、ふと梅が目に入った。
 青空に映えて蕾も膨らんでいる。

 今年はメジロの姿を見たのは一度きり。
 次の日からみかんを仕掛けているし、食べている様子。
 が、姿は見られないまま。
 みかんを食べているのはひょっとしてヒヨドリ?
 まぁ、どっちが食べててもええか。

明日は昔の旅行を書こうかと思っています。



category: なんやかや

tb: --   cm: 2

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop