きのっぴぃの旅行記 ホーム »2016年04月05日
2016年04月の記事一覧

ポルトガル旅行3  

第3日目(3/27)
160327-01ポルト大聖堂 ポルト市内観光は大聖堂から。
 駐車場で降りて、大聖堂の側面から正面に向かう。
 まだ公開時間前で、町の風景を楽しんでいた。
 クレリゴスの塔が遠くに見える。
 大聖堂は立派なもんやったけど、昨日の今日じゃあ。。。
 サンチャゴ・デ・コンポステーラが立派過ぎたんやなぁ。
 それにしても晴れた空にオレンジの屋根が映える。
 あっ!昨日の雨でぐちゅぐちゅになった靴、乾かしてくれました。

 
160327-02160327-03クレリゴスの塔160327-04160327-05






160327-06160327-07ドウロ川 ドン・ルイス1世橋へは歩きで。
 二重構造になっている橋で、上は
 電車、下は車が通る橋。
 人はどちらも通れるようでした。
 上の橋を歩いていると、電車の
 通過。メトロって書いてありま
 す。地下鉄が空中を走るのは
 面白いですね。

バスに乗って次に向かったのは、サン・ベント駅。アズレージョを見るためです。
駅自体が観光の対象になっていて、団体が4つほどいましたが、邪魔にはなっていないようです。
それにしても改札口もない駅で、システムがわかりません。
トイレは有料0.5ユーロ。

160327-08サン・ベント駅160327-09160327-10160327-11






160327-30160327-13市庁舎(奥) 徒歩のままサン・ベント駅を出て、
 アリアードス大通りを歩きます。
 重厚な建物が立ち並び、いい
 雰囲気の通りや。
 青空が気持ちを盛り上げてくれて
 いる。 
 奥は市庁舎で、銅像はドン・ペド
 ロ4世像。

160327-14サンフランシスコ教会160327-15ボルサ宮 サンフランシスコ教会禁止。
 木に金箔を貼った主祭壇。
 キンキラキンというのではなく、
 長年月が渋い輝きに変えている。
 興味がある方はこちらで。
    ↓
   ★★★


バスでドウロ川を渡り、ポルトワイン=ポートワイン工場見学。
黒いマントに黒い帽子がシンボルのサンドマンの工場で、黒マント・黒帽子の女性がガイドしてくれる。
と言っても、目に入るのは樽ばかり。ビデオも見せられてからの試飲タイム。
少し甘かったが、空腹にドシンと効いた。20度もあるらしい。効くはずや。
未成年者には別の飲み物。後で聞いてみた。
「あれなんやったん?」
「みず!」
おお可哀そうに(笑)

160327-16160327-17ガイド160327-18160327-19






160327-20160327-21試飲160327-22160327-23






160327-24ゴンドラ160327-25ドン・ルイス1世橋160327-26160327-27






工場を1歩出ると頭の上にゴンドラが(①)  プロムナードを散歩するとドン・ルイス1世橋(②)
樽を積んだ船をもやっている(③)  おやおや皆さん、結構買(こ)うてはる(④)

その後、鴨の炊き込みご飯の昼食。T子は鳥が食べられないので、随分残してる。
こんなこともあろうかと、朝食バイキングでバナナを2本失敬してきた。
昼食後のバスの中で渡すと大喜び。すぐに食べてた。

バスは一路コスタ・ノヴァへ。
コスタ・ノヴァは元々漁師町で、漁から帰りに間違えないように家の壁をカラフルストライプに塗る。
そんなカラフルさが受けて、今や人気の別荘地になっているとか。。。
漁師はどうなった?って質問、聞き忘れた。
それではカラフルなストライプの町並みをご覧ください。影になっているのが残念!(一部重複しています)

160327-28コスタ・ノヴァ160327-29160327-31160327-32






160327-33160327-34160327-35160327-36






160327-37160327-38160327-39160327-40






コスタ・ノヴァでの自由散策時に、たまらずT子クレープを買うが不味かったそうや。
バスは今夜の宿のあるブサコへ向かう。

160327-41パレス・ド・ブサコ160327-42160327-43160327-44






パレス・ド・ブサコは元王宮で狩猟用の別荘。今回の旅行の目玉のひとつでもあるが、どうやろか?
部屋の大きさもバラバラで、添乗員が部屋を決められずに鍵を取らせる。
見てのお楽しみやけど、部屋の狭い人はがっかりやろな。我々は広かったけど。。。
調度品も良くないし、寝てしもたら王宮もクソもないし。。。
食事はももうひとつやったしな。
復活祭で兎を飾り、チョコレートを自由にもらえる。これは旨かったけど。
旅物語さん、再考を。
                                    つづく・・・



category: 大きい旅行

tb: --   cm: 0

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop