きのっぴぃの旅行記 ホーム »2017年08月
2017年08月の記事一覧

孫に連れられカンボジア5  

第3日目(8/23)午前 アンコール・ワット

170823-001アンコールワット

アンコール・ワットはスーリヤヴァルマン2世によって建立されたヒンドゥー教寺院。
プノンペンに王都が遷り忘れ去られていたが、1500年代に再発見され、後に仏教寺院に改修された。
その頃からヒンドゥー教徒と仏教が入り混じったカンボジア仏教といわれる現在の国教が生まれた。

170823-002170823-003170823-004








定番になってるアンコール・ワットの朝陽鑑賞。残念ながら朝焼けがほとんどなかった。
左右に池はあるけど、水が多くて5本の塔が見える左の池が圧倒的人気。
実際右の池にも行ったが(右)、ご覧の様に4本しか塔は見えない。
池のほとりを確保できない。この人数じゃねぇ。。。3年前はもっと離れたとこから見た。
朝焼けもきれいかった。。。3年前の写真はココ→★★★

170823-005図書館170823-006170823-007








池のすぐ後ろにある図書館(左)、ガイドのチェンさんが図書館と言い張るが経堂ではないか?
その経堂の修復にT子の友達の娘さんが早稲田大学で関わっていると言う。
移動し始めて、うしろを振り向くとまだ大勢の人が残ってる(中)のが絵になるかと思って。
そんなこととは何の関係もなく蓮が花を開いていた。

170823-008170823-009170823-010








3年前はこの時点で食事に帰ったけど、今回は続けて観光もする。第1回廊に入って、簡単な説明。

170823-011170823-012170823-013








第1回廊には4つの規模の大きい沐浴場がある。「こんな深かったらおぼれんのちゃうん?」
「1杯水入れたらな。。。」「あっそうか!プールちゃうんや!」

170823-014170823-015170823-016








僧侶に祈祷してもろて手首に紐をくくってもらっている。スリランカでやったなぁ。。。
「お前らもやってもらうか?」「要らん!」声を合わせて言いおった。

170823-017第3回廊への階段170823-018第3回廊170823-024








第3回廊へ続く階段(左)は急峻。あとで、観光用階段を登ったけど、62度もあった。
第3回廊にも沐浴場(中)が4箇所あった。右は中央塔でここだけ避雷針がある。

170823-025170823-020第3回廊170823-021第2回廊を望む








170823-022170823-023170823-026第3回廊を降りる








170823-027第3回廊から ←第3回廊から降りる前の最後の1枚
 「第3回廊は涼しいですよ~」チェンさんはそう言ったが、風がなく
 同じ暑さ。
 人数制限があり、一度に100人までとされているそうでガイドは
 登らず下で待機。説明するようなものもない。

 回廊の窓から外を見るのが楽しかった。
 東西南北の風景を撮ればよかったぁと悔やんでも後の祭り。

170823-030左側170823-031乳海攪拌170823-032右側








170823-033最後170823-028孫悟空170823-034王侯の行進








170823-035170823-036臨時浮参道 ↑↑↑5枚の写真は“乳海攪拌”
 (にゅうかいかくはん)で、
 ヒンドゥー教の天地創造の神話。
 詳しく知りたい人はこちらで
 →★★★ 上の中が絵の中心で、
 左が阿修羅、右は神々。
 下の中は孫悟空やと言うてた。
 参道が工事中で臨時の浮参道。 

170823-037トゥクトゥク体験 アンコール・ワット見学を終えてからホテルへ戻り、朝食。
 そして、10時から無料で付いてるトゥクトゥク体験2時間
 陽は射さないし、風を切って走るので涼しい。
 孫達もご機嫌。これが一番気に入ったかも知れない。
 無料で2時間やと遠くには行けず市内観光がせいぜい。
 なので、コースはチェンさんにお任せで。
 最初の所は「アーティザン・アンコール」という工房兼店舗で
 カンボジアに居ついて6年というイトウさんに案内される。

アーティザン・アンコール
170823-038170823-039木彫り170823-040石彫り








170823-041170823-042銅細工170823-043








170823-044170823-045漆170823-046絹織り








オールドマーケット+1
170823-047トリ足170823-048果物170823-049かにかま?








170823-050170823-057オールドマーケット170823-058ナイトマーケット








最後の店は、「お土産を買うならここがいいよ」と連れられて行ったナイトマーケットの店。
チェンさんの顔を立てて、安~い小物を6個ほど、バラマキ用に買(こ)うた。

最後にラッキースーパーへ寄ると、2階にバーガー屋があったので
「バーガーをホテルで食うか?」ということになった。チェンさんが用意してたレストランもあった
らしいが、今日の昼食はオプションになっていたし、孫達はバーガー好きやし。。。
カンボジア料理は美味しいが、夕食もそうやし今までもそうやし、ちょっと変化球で。

ラッキーバーガーは外れやった。。。

午後のバンテアイ・スレイにつづく・・・


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

孫に連れられカンボジア4  

第2日目(8/22)午後 タ・プローム寺院

クメール語で「タ」は爺さんの意。“プローム爺さんの寺”と言ったところか。
タ・プローム寺院を発見した人の名前らしい。

アンジェリーナ・ジョリーの『トゥーム・レイダー』の撮影で使われた所で、映画ではこの遺跡の地下に
洞窟があることになっているが、そんなものはない。

大きなガジュマルに侵食され、いまや共存共栄?
修復はまだまだだけど、修復していいのかも判らないという。樹が遺跡を支えているとも。。。
得意の写真の羅列。

170822-040タ・プローム170822-041人と比べる170822-042








170822-043170822-044170822-045








170822-046170822-047170822-048








170822-049170822-050170822-051








170822-052170822-053 そこここに見られるデバターを
 まとめてみた。
 まだ瓦礫の下にも埋もれている
 かも知れない。

 ←木に取り込まれているのも→
 右はズームアップした写真。
 

170822-054170822-055170822-056








170822-057170822-058170822-059








170822-060170822-061170822-062








170822-063170822-064170822-065








170822-066170822-067修復写真 ←修復された回廊
   修復前と修復後の写真→
 すっげえなー!
 間違って積まれているのも
 きっとあるはずやろな。。。




170822-068修復番号170822-069170822-070修復用石材








ゴロゴロ置かれた石にも修復用の記号が書かれていたし、修復用に新しい石材も積まれていた。
午後の見学やったんで、人は少なかったのが幸い。

170822-071170822-072ギャレリア ギャレリアにも立ち寄った。
 何も買うつもりはないが、
 クーラーが効いている。
 博物館が隣接やと思ったら
 博物館の敷地やった。
 
 チケット売り場にあったギャレリ
 アは支店やな。。。


ナイトマーケット

170822-073ナイトマーケット170822-074170822-075








夕食後ナイトマーケット散策。
こうして長い1日は終わった。

次回、アンコール・ワットにつづく・・・


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

棟上げ  

170829-1昼前170829-2夕方













1階床部分しかなかったのに、たった1日でやってしまうんですね。
左は昼前、右は夕方5時前。
屋根屋さんが、屋根の防水シートを貼って終了!


category: なんやかや

tb: --   cm: 0

孫に連れられカンボジア3  

第2日目(8/22)午前 アンコール・トム

今回の旅行は1日分をまとめるのは無理なので、半日あるいは観光した遺跡ごとの
記事を書いていこうと思います。

最初の遺跡はアンコール・トム。アンコール・ワットの4倍の面積を持つ遺跡。
アンコールはクメール語で、「王都」の意味があり、トムは「大きい」の意。つまり「大きい王都」。
ちなみにアンコール・ワットのワットは「寺」で「王都の寺」の意。
アンコール・トムはジャヤバルマン7世よって12世紀末から13世紀初めに造営された都城遺跡。

170822-008アンコールトム170822-009南大門と参道170822-010欄干








アンコール・トムの南大門への参道で、環濠を渡る。
左:参道の最初はナーガ(コブラ)で始まるが、この写真は判りづらい。スンマセン。。。
中:ナーガを引っ張る阿修羅  右:ナーガを引っ張る神々(ナーガの胴体が崩れてなくなっている)

170822-011170822-012南大門内側170822-013








南大門の外側(左)と内側(中)どちらも門の下には象が彫られ、上には四方に仏面。
3年前の写真と見比べたら、「天気がええな~!象に乗った観光客がいたな~、あっきれいに
なってる」お顔のコケがきれいに取られていた。3年前の写真はココ→★★★
右の写真はアンコール・トムの中心にあるバイヨン寺院が見えてきた。

170822-014涅槃像170822-015ガイド・チェン氏170822-016中国の傭兵








初めは仏教寺院として造られたが、後になってヒンドゥー教の寺院に改装された。
ガイドのチェンさんの解説によると、「仏教寺院は平らでヒンドゥー寺院は高くなってるね~」
涅槃像(左)を横目に見て、バイヨン寺院へ入場。チェンさんが熱心に解説(中)してくれるが、
孫達の頭にどれほどのものが残ったやろか?
第1回廊のレリーフでクメール軍の行進(中)と中国人の傭兵軍(右)
中国人傭兵は服を着ていてあごひげがあることやそうな。

170822-017クメール軍170822-018170822-019








左:クメール軍の行進。クメール軍は裸に褌で、耳が大きいのが特徴。
中:戦闘開始?象や水牛なども闘いに繰り出される。
右:1号(右)と2号(左) 顔が写ってないからOKやろ。。。

170822-020庶民の暮らし170822-021踊る女神170822-022人喰いワニ








庶民の暮らしぶりもレリーフになり(左)、私のお気に入りのアサプラ像のレリーフもあちこちに(中)、
闘いで川にはまりワニに食われる兵士(右)のレリーフ。

170822-023チャンパ軍vsクメール軍170822-024三連観音170822-025中央祠堂








チャンパ軍とクメール軍の闘いのレリーフ(左)で、チャンパ軍は帽子様のものを被る。
第2回廊へ行くと、1本の塔に4面の観世音菩薩像。「ここが写真ポイント」と教えてもろて
撮ったのが左。三連観世音菩薩か。1番奥には京唄子師匠がいる。
右は中央祠堂。もっとも背が高い塔。

170822-026170822-027京唄子170822-028仏陀像








チェンさんは京唄子を知らないようで、日本人に付くガイドは先輩ガイドから教えてもらう
ってのは嘘か?3年前は確かそう言うてたのに。。。
唄子師匠を撮りに行こうとすると「この観音様が人気一番よ!」と教えられたのが左の1枚。
私ぁやっぱり唄子師匠にすると言って撮ったのが中の1枚。
第2回廊から降りようとした所に、仏陀像(右)。

170822-029170822-030170822-031バプーオン寺院








バイヨン寺院を北側に抜け(左)、経堂かな?(中)を横に見て、パオウーオン寺院はシバ神を祀る。
前回も今回も立ち寄らず。。。

170822-032象のテラス170822-033170822-034








全長300mを超える象のテラス(左)と象(中)。反対側にはクリアン(右)が見える。

170822-035ガルーダ170822-036ライ王のテラス 今まで象のレリーフやったんが
 ガルーダに変わった。
 ここはライ王のテラス。
 ライ病を患っていたとの説。

 前回はテラスの上を歩いたが
 今回はずっと下を歩く。
 「なんでだろ~なんでだろ~」 

これでアンコール・トムの見学は終わり、昼食へ。

170822-037170822-038美味しい昼食170822-039








もちのろんで昼ビール。カンボジア名物アモックは中の写真の左に写っているシュウマイ様のん。
ご飯を皿に盛り、おかずをその周りに取って食べるスタイル。焼きそばや揚げ春巻、野菜炒めに
辛くないカレースープなどがあり、カレー以外はみんな美味。

午後のタ・プロームにつづく・・・


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

孫に連れられカンボジア2  

今回の旅行の地図を作ってみた。
『フォト蔵』さんの調子が悪く、たまたま昨日アップしていたので使える?
画像クリックで拡大できるはずができない。

000全体001トム&ワット











地図①は今回の旅行で行った遺跡全部の地図です。3年前はベンミリアだけ行ってません。
地図②は地図①の左下部分をアップしたものです。アンコール・ワットとアンコール・トムそれに
タ・プロームの位置関係と大きさが判ります。

アンコール・トムはアンコール・ワットの4倍ほどの面積があり(地図②参照)、アンコール・ワットほどの
知名度はないが、個人的にはアンコール・トムの方が好きや。
アンコールは「王都」、トムは「大きい」という意味がありアンコール・トムは「大きい王都」?
因みにワットは「寺院」やから、アンコール・ワットは「王都の寺院」?

002トム003ワット













地図の大きさを統一できなかったのは、切り取ったまま使(つこ)たからやけど、トムとワットが
同じような面積になってんなぁ。。。

明日には『フォト蔵』さんが回復してはりますよぉに。。。


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

孫に連れられカンボジア1  

孫達の夏休みに合わせてカンボジアへ行くことになった。
前々からT子は
「ビジネスに乗せてやりたいなぁ。。。」
と言っていたのをこの旅行で実行!旅行代金148000円プラス55000円也。
4泊5日ということやったけど、実質4泊4日?で、「ちょっと旅行」のカテゴリーにした。

第1日((8/21)~第2日目(8/22) 出発からシェムリアップまで

関空で10時30分に待ち合わせ。20分頃着いたらもう来ていた。国道がえら空きやったらしい。
ママ(娘)に3000円持たされていたのは土産代。3000円てなあ。。。と2000円上乗せしてやった。
2号が「ビジネスてどんなんやろな。。。」と言うのに1号は「えっビジネス?」
関空で初めて知ったようや。2号は旅行日程表を手にした時点で気付いていたというのに。。。
ママに見送られてさあ出発!

170822-001170822-002石海さんから 両替は出発ロビーでしかできない。
 娘と息子に土産を買(こ)うて。。。
 さっさと席を探す孫達。
 座ろうとするまで見ていて、
 「こっちやで」
 さくらラウンジへ誘導する。
 「飲み放題食い放題やで!」
 なにかしら食べていたが、飲み物は
ジュースを1杯だけ。
飛行機の中ではCAさんに気に入られたようで、通るたびになにやら話しかけられていた。
降りる間際に、「お腹が空いた時に食べてね」とお菓子を手渡されとった。
記念に1枚写真を撮らせてもろた。

170822-008吊り革170822-010シェリムアップ空港 ←バンコク空港のバスの吊り革
 ビジネスは関空→バンコクだけ。
 乗り継ぎの手続きも自分達で。
 出発ゲートの近くに陣取り、孫
 達は爆睡。
 寝酒用のウイスキーを購入。
 無為に3時間余りを過ごし、シェ
 リムアップ空港→
 
170822-011綺麗になってる! シェリムアップ空港で入国書類の記入に手間取る。
 入国書類の書き方をコピーし忘れた。日程表にも載ってない。
 飛行は1時間で、食事も出たから飛行機の中では書けないし、
 T子が獅子奮迅、4人分を書かねばならないし。。。
 私はチェックの係やけど、頼んないし。。。
 空港職員の手助けを受けて、やっと書き終えると入国審査は
 あっけなかった。
 ←きれいになっていたシェムリアップ空港

170822-012チケット売り場170822-013ギャレリアも ガイドのチェンさんの出迎えを
 受け、まず参加人数を尋ねると
 「4人だけです」との答。
 ということは、専属のガイドや。
 マイクロバスは20人乗り。
 車もドライバーも専属やった。

 まずはアンコール遺跡見学の
 チケット購入。

チケットの購入場所も3年前とは違っていて、新しい建物できれいに整備されていた。
小規模ながらギャラリアも併設されていた。

さてさて遺跡の見学は明日の記事へつづく・・・


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

カンボジア旅行記は  

写真整理の目途が付きましたので、明日から始めます。


category: なんやかや

tb: --   cm: 0

次の作業は?  

170821玄関ポーチ170825床板基盤 ただいま~!
 カンボジアから無事に戻りました。
 孫達も喜んでくれたようで。。。
 写真の整理が出来次第書いて
 いこうと思います。

 ←出発日の21日、玄関ポーチ
 帰って来た今日、床材の基盤→

棟梁と会ったので、「次はいつ?」と聞いたら、「もう29日の棟上」と答えた。
このあと夕方に覗いたら、屋根の形になってビニールシートが張られていた。
暑い中、ご苦労様でした!


category: なんやかや

tb: --   cm: 4

カンボジアagain  

明日の夜、カンボジアへ孫達と出発。
正確に書くと、集合は明日の夜で出発は明後日になってから。
多分明日は準備でおおわらわ。まだ何にもしていないので。。。

だから、ブログはお休みに入ります。
今回はカンボジアだけのツアーなので、4泊5日。週末には再開できるかと。
今日の写真は前回行った時のものです。

141118-1アンコールワット141118-2アンコールトム141118-3右・京唄子








141118-4タ・プローム141119-5バンテアイ・スレイ141119-6東洋のモナリザ








上段左:アンコールワット   中:アンコールトム     右:京唄子(右)
下段左:タ・プローム     中:バンテアイ・スレイ   右:東洋のモナリザ


category: 旅行話

tb: --   cm: 0

7回忌と3回忌  

170819-1恵光院朝から高野山目指してGO!
『ねごろ』で広島焼きを食べた日に、京奈和道を走ると決めてたので、
根来を目指し、予定通りに発京奈和道。今はまだ無料。
かつらぎ北の出口に金剛峯寺はここで降りるよう看板があったが、
無視して高野口まで行き降りる。
これが失敗!だいぶ戻らなければならなかった。
かつらぎ北からでも少し戻るようや。。。
高野山はやっぱり涼しかった。
                    恵光院で読経開始→
170819-2南無大師遍照金剛今日は義父の命日で7回忌の法要。ついでに義母の3回忌も。
恵光院も宿坊やってるし、抹茶体験1000円もやりだしたし、
temple massageなんてのもやり始めた。
もっともtemple massageは外部から人が来るようや。
法要はもうひと家族と同時やった。

本堂のまわりにずら~っと位牌が並んでいるが、もうすぐ空きが
なくなりそう。
墓所へ移動。
170819-3隣の墓所中之橋駐車場は満杯で、他の駐車場へ停め10分ほど歩く。
墓所でも読経してもらい、焼香して法要は無事終了。
  2枚目は「南無大師遍照金剛」の遍路衣装の団体さん。
  3枚目は隣の墓所にある和歌山特攻隊の供養塔。
こんな風に書いたら、T子の実家の墓所がバレる?

義妹と義弟は喧嘩中で口もきかない。同じマンションに住みながら
交通手段も別々という有様で、T子もなんとかしたいと思っているが、
今日の様子では難しいやろな。。。
170819-4花菱にて
『花菱』で会食→
まあまあの味やった。

帰りは阪和道とどこで繋がっているのか確かめる意味で走ったが、
雄山(おのやま)と和歌山インターの間で繋がっていた。

参加者は、義父の弟(故人)の奥さん・T子ら3姉弟・私・娘と孫2人・
息子の計9人でした。

1号は「宿題やばい!」と言って帰りましたが、「カンボジアへの宿題持込禁止!」を
言い渡しておきました。


category: イベント

tb: --   cm: 0

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop