最終段階

車の選定も最終段階に入ってきた。
家の前の道路が狭いため、Xトレイルでは毎日切り返ししての車庫入れ。
新しいガレージは若干広くなったので切り返しはせんでもなんとか入るが、
取り回しの良い、少し短めの車が欲しい。

てことで、いろいろ検討してきたが。。。
始めっからセダンや軽四は見もしないで、スポーツカーや
それに類するのも無視。SUV限定で見ていた。
180131-1プジョー3008
T子から日産とは縁切ってと言われてたので、トヨタ・マツ
ダ・スバル・スズキ・三菱とHPを見回って、それぞれのSUV
をピックアップした結果、「やっぱり四角いのがええよな」
と思っている頃、TVでジープコンパスのCMを見て一目惚れ。
カタログを取り寄せたら2.4リッターのみの販売。
「これは燃費が悪すぎる!」で諦めた。
で、新たに外車もと探して残ったのがこの2車種→
180131-2エスクード14ターボ上はプジョー3008で、下がスズキエスクード。
プジョーは2リッターながらディーゼルで、今のXトレイルと
燃費は変わらんやろ。
エスクードは1.4リッターターボでこれも燃費的にはいける。
車のサイズも、
プジョー 4450/1840/1630 に対し
エスクード 4175/1775/1610 でどちらもVeryGood!

和歌山へ行くついでにディーラーに寄ろか、と定休日を
調べるとどちらも水曜日。我々の和歌山デイも当分の間
水曜日。

そのうちに日を改めて行こかということになっとります。
行く前からT子がどちらを気に入るかは判ってるけど、
値段を考えると、ぅ~ん悩ましい。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『祈りの幕が下りる時』

180130祈りの幕が下りる時

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、
捜査は難航する。やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで
発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見
する。そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

見応えのある1本やった。
TVドラマの新参者シリーズはまったく見ていなかったので、エンドロールで香川照之や杏が出てきたのが
なんでか判らんかったけど、多分TVドラマの流れからやろな。
派手なアクションがあるわけでなく、『麒麟の翼』もそうやったけど切なさが残るのは同じやった。
原作を読んだT子の感想。
「原作はもっと人が多く絡んでてややこしかったけど、割とすっきりしてて判りやすかったゎ」

お勧め度 ★★★★★


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

魚食べ放題!

180129-1義弟から魚が送られてきた。
今回はメジロ・メバル・イカ、空間になぜか足柄牛せんべい。
釣りを始めた頃はタイばっかりやったが、最近はいろんな魚。
それも鱗を引いて内臓の処理もしてから送ってくれる。
ありがたいこっちゃ!
空間埋めも毎回珍しい物を探してくれる。

片面を撮ったが尻尾もなく、なんとなく間抜けな写真になったので→



180129-2もう1枚精悍な顔を中心に撮ってみた→
この方がマシ?

昨日の記事に書き忘れていた事。
母と姉が帰った20日に、夕刻から吉例フグの会があった。
いつものメンバー=“いつメン”で毎年集まって開く恒例行事。
今年は幹事をしなくてもよかった。
“いつメン”以外にも元同僚が来ていてサプライズやった。
剣道の審判の帰りやと言うとった。

彼女達との付き合いも30年近くなった。
気の置けない人達との飲み会は楽しく、瞬く間に時間が経っていく。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

旅行記を書く間に

180119-1旅行記を書く間にあったことを書こうと思います。

17日は和歌山へ行く日で、孫達は土産にニヤリ顔。
娘が帰ってきて、土産に大興奮!
あんなに興奮しているのを見たことないというほど興奮。

18日から母と姉が、千葉からやってきて弟の墓参。
足腰の弱っている母のために1階の寝室を明け渡し、我々は2階客間へ。
客用に用意している布団を試すことにした。
19日に新しい墓地と移転した墓へ行くと、亡くなった弟の娘が待って
いた。姉と連絡を取っていたようや。
180122丸見えの刑解消チビさんもいっちょ前に歩くようになっていた。イヤイヤ怪獣になり
つつあると聞いたが、終始機嫌よかった。
墓参りのあとは『魚ダイニング光』へ。墓参→光の公式?

夜は娘一家が参加して、『粋込』へ。母と姉は娘の送迎付き。
よぉく食べ、呑み、しゃべって。。。帰ってからまた姉と呑み。。。
20日の夕刻に機嫌よく帰ってくれた。

22日には「洗濯物丸見えの刑」を解消すべく職人さんが来てくれた。
表札も付いて外構工事終了。あとは太陽光発電の稼働を残すだけに
なった。

24日も和歌山デイやった。
娘が帰ってくるタイミングにTVで流れたCMが、JEEPのコンパス。
「お父さん、これこれ!これカッコええやろ!?」
確かにカッコええ!カタログ取り寄せたら、日本では2.4リッターの販売しかない。
ヨーロッパみたいに1.4リッターターボやったかな、あったら絶対買うのに。。。
燃費が悪すぎる。。。

最後の車がなかなか決まらない。候補が浮かんでは消えていく。
不思議なことにスズキのエスクードは、候補にあがってからず~っと消えない。
ひょっとしたら。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行おまけ

これまた道楽オヤジことかねごんさんの真似で、街角や路地を撮ってきました。
なかなか難しい。。。いい写真はありませんが、大量投入でごまかします。

ミラノ

180116-01180116-02180116-03









ベローナ

180116-04180116-05180116-06









ベネチア

180116-07180116-08180116-09









フィレンツェ

180116-10180116-11180116-12









チヴィタ・バニョー・レッジョ

180116-13180116-14180116-15









ローマ

180116-16180116-17180116-18








180126礼状
 昨日、イタリアから手紙が届きました。
 娘を喜ばせるために買(こ)うた店からでした。
 買(こ)うた礼状でしょう。
 ご丁寧なこっちゃ!

                        (おしまい)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行7

第7日目・8日目(1/14・15) ローマ~フランクフルト~関空

180114-01ローマ空港180114-02NO1カプチーノ 帰るだけの移動日。
 チェックインしてから免税手続き。
 ややこしい。現地旅行社のガイドが
 いなければ到底できない。
 ←←ローマ空港ロビーにある
  『ウィトルウィウス的人体図』
  byレオナルド・ダビンチ
 ←空港で飲んだカプチーノが旨い!


180114-03スイスアルプス180114-04 フランクフルトへ向かう飛行機の中
 スイスアルプスが見えた。
 超ラッキー!
 翌朝の9時前に関空に着いた。
 【反省点】
 写真を撮ったのにアドレスを
 聞き忘れた人が二人いた。



通常ならここで「おしまい」なんですが、道楽オヤジことかねごんさんの真似をして撮ってみました。
ショーウインドが光ったり、自分が映り込んだり難しいものでした。

180115-01180115-02180115-03








180115-04180115-05180115-06








180115-07180115-08180115-09








180115-10180115-11180115-12








180115-13180115-14180115-15








180115-16180115-17180115-18









明日ももう1日お付き合いください。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行6

第6日目(1/13) ローマ市内フリータイム

オプショナルツアーでナポリやポンペイを見学してもよかったが、まったく1日中フリーな日にした。
ローマ市内をうろうろすることにした。ホテルの前からバスに乗り、バチカン近くの終点まで行き、
まず向かったのは

ナヴォーナ広場

180113-01ネプチューンの噴水 前回も訪れたナヴォーナ広場。
 『天使と悪魔』である枢機卿が殺害された所ということを忘れていた。
  それを認識したうえで見たかった。

 簡単な地図と勘を頼りに行ってみたが、無事到着できた。
 元競技場であったため細長い形をした広場。
 3つの噴水がある。
 ←ネプチューンの噴水。 


180113-02四大河の噴水180113-03オベリスク180113-04ムーア人の噴水








北側の噴水が“ネプチューンの噴水”で、中央に“四大河の噴水”(左)がありオベリスク(中)が立っている。
四大河とは、ナイル川・ガンジス川・ドナウ川・ラプラタ川のことで、教会が4大陸を支配する
ことを表現するものだと言われている。
南にある噴水は“ムーア人の噴水”(右)と呼ばれていて、ムーア人とはベルベル人のことらしい。

180113-06パンテオンに近いカフェ180113-07ビールとカプチーノ180113-08オベリスク








ナヴォーナ広場へ行ったらパンテオン。我々の中ではこの2つはセットや。
パンテオンに最も近いカフェで、ビールとカプチーノとトイレ。
オベリスクを眺めながらしばし、まった~りタイム。
ツアー仲間のご夫婦も1組、パンテオン正面のカフェでまったりしてた。

180113-09パンテオン180113-10主祭壇180113-11遊び写真








パンテオンの正面(左)にはアグリッパの表記が見られるが、アグリッパの建てた物は消失し、
映画『テルマエロマエ』に出てくるハドリアヌスによって再建された。
主祭壇(中)や天井に空く9mの穴からはまだ午前の光が差し込んでいた。
中央(天井の穴の下)を見ると、若い人達が面白いことをしていた。
スマホを床に置いて、覗き込む自分達を撮っていた。列に並んでやってみた。カメラで。。。
カメラでは自分達の姿を確認できない。さりとて何枚も撮れない。大勢並んでいるからや。
1発勝負にかけるしかなかったが、次の人の方がバッチリ写ってるてどうよ。。。

180113-13ラファエロの墓180113-12???180113-14外側は工事中








左:ラファエロの墓  中:このきちんとした服装の人は何?なに?  右:外側は修理中やった

ベネチア広場の近くのレストランでハンバーガーのランチ。
値段も結構取ったのに、ハンバーグがパサパサで、Mの付くハンバーガー屋さんを探せば良かった?

180113-15ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂180113-16V・E記念堂横180113-17








180113-18階段180113-19180113-20








前回は、屋上まで登ったヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(上左)の脇をすり抜け(上中)、
何たら遺跡(上右)を通り越し、長~ぁい階段(下左)を避け、隣の階段で(下中)カンピドーリョ広場(下右)
へ着いた。目的地は↓↓↓↓↓フォロ・ロマーノ

180113-22カンピドリオの丘180113-23フォロロマーノ180113-24








180113-25180113-26180113-27








180113-28180113-29180113-30








フォロ・ロマーノは、ローマにある古代ローマ時代の遺跡で東西約300m、南北約100mに渡って存在する
古代ローマの中心部。東の端はコロッセオに突き当たる(2段目左)。

180113-31トレビの泉180113-32カプチーノ スペイン広場を目指して歩いて
 いると、トレビの泉に出た。
 昼も夜も人気のあるスポットや。

 近くのバルでカプチーノ。
 もちろんトイレも。




スペイン広場

180113-33トリニタ・デイ・モンティ教会180113-34180113-35階段上部








前日より1本東側を歩いたので、トリニタ・デイ・モンティ教会(左)の前に出た。
つまり、スペイン広場の上っ側に出たわけや。下から登るのはしんどいから良かった。

180113-36180113-37階段下部180113-38ブランド通り








階段は大きく2段階になってるなんて事は、前日下から見ただけでは判らんかった。
最後の写真は、通称ブランド通りと呼ばれているコンドッティ通り。
娘の喜びそうな物を買(こ)うて帰ったことでした。
                                      つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行5

第5日目(1/12) チヴィタバニョーレッジョ~ローマ

チヴィタバニョーレッジョ
180112-01チヴィタ

前回も訪れたチヴィタバニョーレッジョへ今回も訪れた。大人気の場所らしい。
地震で周囲が陥没し、その後も雨風に侵食されいずれは消えてしまうことから“死にゆく町”と言われる。
シーズンオフでもあり、観光客は非常に少なく、中国語も飛び交っていない。
そのため、店もほとんどオープンしていない。

180112-02180112-03180112-04








180112-05180112-06180112-07








180112-08チヴィタの続き180112-09向かい側180112-10








我々の関心はただひとつ。
「あのおばあちゃん元気かな?」
あのおばあちゃんとは、前回訪れる直前に見たBSの番組に出ていたおばあちゃん。
TVを見たことを告げると、€7の置物を€6にまけてくれた。不在やった。。。

1段目 左:チヴィタのちょいアップ  中:おばあちゃんの店  右:町の入口
2段目 左:町の教会  中:教会前の広場と水を売る店  右:新婚さん
3段目 左:チヴィタの向こう側  中:谷を挟んだ集落  右:教会の裏側

ローマ

180112-11サンタンジェロ城 「こんなもん、誰が食えるんや!」と言うほど大きいピザのランチ。
 ツアー仲間36人のうち4人が完食。ひぇ~元気ぃ!

 前回のローマは“2度目のイタリア”ってことで、わざと有名所を外していた。
 今回は“イタリア決定版”ということで、有名所ばかり。
 バチカン市国・コロッセオ・スペイン広場・トレビの泉。
 中でもバチカン市国は興味津々やった。
 ←サンタンジェロ城を横目に見て


180112-12バチカン180112-13サンピエトロ寺院180112-14








左:道も広く遠くからでもよく見えます  中:サンピエトロ寺院が近づいて  右:バチカン市国に入国

180112-15180112-16180112-17視線が








中:広場もやたらに広いと思っていたら10万人が入れる  右:この人と視線が合ってドキッ!

180112-18180112-19ピエタ180112-20胸元の署名








中:ミケランジェロ作ピエタ像  右:マリアの胸元にミケランジェロの署名
ミケランジェロ作を疑われ、怒った彼は夜中に忍び込んで署名を彫ったそうです。唯一の署名。
判りにくいので、こちらで確認してください→★★★

180112-22180112-23180112-24








180112-25180112-26180112-27








180112-28教皇の180112-29スイス傭兵180112-30国境








左:教皇が立つバルコニー  中:スイスの傭兵  右:女性のもたれている柵が国境

180112-31パノラマ











荘厳なサンピエトロ寺院に別れを告げ、ガイドさんに尋ねた。
「システィーナ礼拝堂を見るのにどれくらい並べばええ?」
「今はシーズンオフですから3時間くらいですかね。。。」
で、翌日のフリータイムにできれば訪れたいなという思いをあっさり捨てた。

180112-32凱旋門180112-33コロッセオ
 ←←凱旋門
  凱旋門はフランスが有名やが
  イタリアが発祥らしい。
 ←コロッセオ
  低い壁は外壁が崩れた?
  他に流用されたらしい。
  高い方の壁が本来の外壁。


180112-34スペイン広場
 ←スペイン広場のスペイン階段
 「ローマの休日」の撮影がなかったら、これほどの人気は出なかったで
 あろうと思う。オードリー・ヘプバーン効果は凄い!
 今ではジェラートを食べるのが禁止されている。
 早々に翌日のフリータイムでここへ来るよう指定されている。
 なぜ?ブランド通りと呼ばれる一角があるから。。。

 スペイン大使館があったからスペイン広場やスペイン階段と呼ばれている。

180112-35トレビの泉180112-36人人人
 ←←トレビの泉は大きかった
 ←立錐の余地がない
 後ろ向きでコインを投げる儀式は
 しなかった。
 小銭入れにユーロしかなかった
 からでもあるが、T子も以前来た
 時しなかったけど、また来れた
 からでもある。

ホテルに戻って夕食、これが旨くなかった。次の夜はホテルの夕食はないなぁ。。。

                                        つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行4

第4日目(1/11) フィレンツェ~ピサ

フィレンツェ

180111-01ミケランジェロ広場180111-02ダビデ像 フィレンツェ観光の最初はミケラン
 ジェロ広場。中心部からは川を挟ん
 で反対側の小高い丘にある。
 絶景ポイントと書いてあったが、
 それほどでもない。

 広場にはダビデ像のコピーが立つ→



180111-03路上駐車180111-04サンタ・クローチェ聖堂
 ←お行儀よく駐車
 マジここは行儀良かった!
 ローマなんか最悪で、バンパーで
 押して出るしかない。
 バンパーで車を押すというのは、
 イタリアでは常識らしい。

    サンタ・クローチェ聖堂→


ウフィッツィ美術館は今回の旅行の目玉のひとつ。
駆け足で見学したけど、それでも見応えがある。写真は上手く撮れなかったけど、「続きを読む」に
一括して置いた。興味のある方はそちらでどうぞ。。。


180111-21シニョーリア広場180111-22ポルチェッリーノの噴水 ←シニョーリア広場
  オブジェが前衛的。
   ポルチェッリーノの噴水→
 「子豚ちゃん」の愛称で呼ばれる
 イノシシ像。ご利益があるそう。
 ジプシー女性がすぐに現れた。
 「気を付けましょう!」ガイドが
 言う。


180111-23ドゥオモ180111-24サン・ジョヴァンニ洗礼堂 ←ドゥオモの後ろ姿
  サン・ジョヴァンニ洗礼堂→

 中には入らず外からの観光。

 美味しい中華ランチを頂き、
 午後はオプショナルでピサへ。 



ピサ

180111-26ピサの斜塔 斜塔で有名なピサ。
 大聖堂と洗礼堂があり、洗礼堂ではガリレオ・ガリレイが洗礼を受けた。
 斜塔は建築中から傾き始めたが、中断することもなく工事が進められた。
 要するに、不良建築物。基礎がなってなかった?
 斜塔の途中で傾きを修正する工事も行われていて、4階部分から曲がっている。
 駐車場から歩いている時、写真を撮っていて少し遅れた。
 イヤホンガイドを出そうとカバンのチャックを開けた途端ジプシー少女が。
 それも2人組。日本語で「あっちゃへ行け!」と怒鳴って追いはろた。


180111-27洗礼堂180111-28反響
 ←洗礼堂
 音響効果が素晴らしく良いという。

 現地の係の人が声を出してくれた→
 本当に音響効果が素晴らしい。
 自然に拍手が生まれたほど。

 

180111-28ドゥオモ180111-30ドゥオモ内部
 ←大聖堂(ドゥオモ)
  内部の見学もした。
  なかなか立派なもんやった。
  参加者が写っているが、後ろ姿
  やからまぁええか。。。

 ドゥオモは大抵十字型の構造で、
 横も覗いてみた。

180111-31クリスマス飾り180111-32ドゥオモ内部
 ←まだクリスマス飾りが置かれてい
  る。
 イタリアの各地でツリーやこのよう
 な飾りを見た。すぐには片付けない
 のがイタリア流?
 キリスト生誕を3賢人が訪れる場面
 か?


180111-33抱える180111-34地元の子 ←ツアー仲間が面白げなことしてい
  たので1枚
 あわただしく撮ったので失敗か。
 私としてはピサの斜塔をキックして
 欲しかったが(できればドロップキ
 ック)、そんな要求もできず断念!
 
 地元のダンス女子とも少し交流→


バスへ戻る途中で事件発生
ツアーに参加していた最高齢と思われる男性が、ジプシー少女に絡まれたそうで
現金ユーロ・ドル・円合わせて12万円ほどを盗られたらしい。
「あの二人や!」とピンと来たが、証拠がない。あれだけ添乗員が「スリに注意!」
と言うていたのに。。。ぁ~あ。。。

                                       つづく・・・


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イタリア旅行3

第3日目(8/10) ベネチア

180110-01ベネチアへ渡し船180110-02ゴンドラ乗り場 ←←船でベネチア島に渡り、
 ←港通りをゴンドラ乗り場まで急ぐ。

 ベネチアはあいにく霧が出ていた。
 後日、娘に
 「幻想的で良かったね」
 と言われたものの、できればクリアな
 状態のベネチアを見たかった。


それではゴンドラ遊覧の旅を説明なしでご覧ください。

180110-03180110-04180110-05








180110-06180110-07180110-08








180110-09180110-10180110-11








180110-12180110-13180110-14









ゴンドラ遊覧を終え、チップを渡そうとしたら船頭さんはすぐ離れていく。あれ?と思ったがすぐに納得。

180110-15チップ入れ180110-16高級トイレ ←←チップ入れの帽子。
 ←1.5€も要る高級公衆トイレ

 高いだけで特別なトイレではない。
 多分、処理費用がかかるから
 というような理由からではないか。
 ベネチアは島やから。。。



あとは写真の羅列で、時々説明を。 

180110-17180110-18180110-19ドゥカーレ宮殿








中:ガイドさん。名前は忘れた。  右:ドゥカーレ宮殿。

180110-20wedding180110-21サンマルコ寺院180110-22時計塔








左:結婚式?  中:サンマルコ寺院  右:時計塔(24時間時計で針は1本)

180110-23180110-25180110-26ためいき橋








左:サンマルコ寺院 右:奥にためいき橋が見える(ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ橋)

180110-27ゴンドラ180110-28180110-29サンマルコ寺院内部








中:ベネチアンガラス工房の職人 右:サンマルコ寺院内部(写真撮影禁止。あまりにも美しすぎて1枚)

180110-30サンマルコ寺院テラスから180110-31サンマルコ広場180110-32








サンマルコ寺院2階テラスから見た 左:時計塔 中:サンマルコ広場 右:4頭の馬

180110-38180110-42リアルト橋180110-43大運河








フリータイムが1時間余り。 中:リアルト橋(までブラブラ歩いた) 右:大運河(橋まで行かないと見られない)

180110-44180110-45180110-46








180110-47GUCCI店員180110-48エスプレッソ180110-49イカ墨スパ








左:GUCCIのお姉さん(日本語達者) 中:エスプレッソ 右:ランチはいかすみパスタ

180110-50180110-51サンマルコ180110-52向こう岸








ベネチアを離れる頃になると、霧も薄れてきた。対岸の島影も薄っすら見えてきた。

180110-53ベニスの斜塔180110-54港へ180110-55船から








左:ベニスの斜塔 中:港の通り 右:船から

えっ?GUCCIで何を買(こ)うたかって?
昨日2号に買(こ)うた財布も安いものではなかったけど、ブランドもんやなかったしがっくりするかなと。
色が黒を指定され、昨日は赤いワンポイントやったんで、緑のワンポイントのを。

【疑問】
サンマルコ広場に世界最古のカフェがあると説明があった。別にどうでもええことやけど、チュニジアでも
カフェ・ド・ナットが世界最古のカフェと説明を受けた。どちらもトラピクスのツアーで。
世界最古・・・最古というからには、ふたつもあったらアカンわなぁ。。。
                                         つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)