高い~!!

1001-9ブーゲンビリア

今日の1枚は、ニューカレドニアで撮ったブーゲンビリアです。

カード会社からの請求があった。
「なあなあお父さん、これよう判らんのやけど。。。調べてみてくれへん。。。」
見ると、「8/21 RESERVATION DEPARO8000(HONG KONG) 26736円」とある。
 *8/21は香港最終日
ディズニーの入場チケット・ビクトリアピークの夜景観賞・エアポートエクスプレスの乗車券といった
KKdayへの支払いは先月で済んでいるし、ビクトリアピークの夜景観賞はキャンセルしたから今月は
きっちり返金されている。
香港ではほとんどカードを使わなかったし、調べるまでもない。
インターコンチネンタル香港で食べた朝ご飯や。
「ひぇ~こんな高いの?」
「そやから高いて言うたやろ。。。」
1人あたり5000円強の朝食。コーヒーは不味かったのに。。。
因みに、次の日の朝食は粥でしたが、5人分で3000円弱でした。
庶民は5000円もする朝食を食べたらあかん。。。

明日から信州旅行に出かけます。去年台風で中止した旅行を、今年は台風が来そうですが強行します。
果たしてどんな旅行になるのやら。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スポーツの秋

1001-7

今日の1枚はニューカレドニアのクギベラ。

昨日はWカップバレーの女子が世界ランク1位のセルビアに勝ったかと思うと、今日はWカップラグビーで
世界ランク2位のアイルランドに勝つという快挙。また深夜には世界陸上とTV観戦に忙しい。

これから女子バレーを見てきます。スポーツの秋は嬉しい忙しさです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

毎月旅行

190912-06

バルセロナではスケーターに乗っている人を多く見かけた。モーター付きのもあるし、レンタルもあった。
この写真はサグラダファミリア北側の公園付近で撮影。

今年はこれまで毎月一回旅行をしている。
1月アンダルシア(6)、2月アフリカ(9)、3月北九州(4)、4月兵庫廃線跡(2)、5月青森(5)、
6月奈良(2)、7月マレーシア(7)、8月香港(3)、9月ピレネー(8)。  * ()内は旅行日数。

そして来月は信州旅行が、12月はフランスが決まっている。あとは11月さえ入れれば毎月旅行が
確定する。申し込んでいた富山のバス旅行が催行決定になった。
 * 11月のバスツアーはこちら→★★★  12月のフランスはこちら→★★★
初エールフランスで直行する。

来月は車でいつも行ってたスキー宿へ行き、栂池自然園へ。その後、千畳敷カールを見るために
麓の温泉で2連泊。2連泊は雨対策。何が何でも千畳敷カールを見たいための計画。

兎にも角にも毎月旅行になりそうで嬉しい。あとは体調管理だけやなぁ。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピレネーを歩く6-3から帰国

第6日目(9/12) 夜 マジカ噴水ライトアップ

190912-50マジカ噴水190912-51190912-52








190912-53190912-54190912-55








希望者だけマジカ噴水のライトアップショーに連れて行ってくれると言うので、行くことにした。
地下鉄代の往復分€4.4を持って来てと言われての参加は2組の夫婦だけ。
一度乗り換えて、会場近くへ着いた時はもう始まっていた。
T子はいつまででも見てられると言っていたが、私ぁ10分で飽きた。花火は正反対やから面白いもんや。
観光バスが20台ほど、我々のように地下鉄で来る人、すごい沢山の人。

1時間近く楽しんだ後、ホテルへ帰る。

第7・8日目(9/13・14) バルセロナ→香港→関空

190913-01旅の伴190913-02Besty190913-03








左:旅の伴   中:Bestyはキャセイのオリジナルビール?   右:香港到着前

“旅の伴”はフィジーに行った時、部屋の栓抜きが壊れていてビール瓶を開けられなかったのを
気の毒に思ってくれた▼@福岡さんがプレゼントしてくれたもので、以来どこでも持って行ってる。
Bestyは超美味!飛行機から写真はまず撮らないが、雲が面白かったので。。。

今回の旅行はピレネー山脈を楽しもう!というコンセプトやったから仕方がないないけど、
バルセロナでの時間が少なすぎた。フリープランでバルセロナだけ行こうと約束が出来上がった。
できれば、バルサの試合がある時に。。。

ホテルを出てから約22時間、関空に帰って参りました。
写真的には天候に恵まれなかったけど、雨には遭うこともなく良い旅行になりました。
                                      (おしまい)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピレネーを歩く6-2

190912-00

第6日目(9/12) 午後 バルセロナ自由観光

思いもよらず、昼食がサグラダファミリアの真ん前やったんで、昼食後にすぐフリーとなった。
他の皆さんは一旦集合場所まで行ったようや。

190912-01190912-02190912-03190912-04











サグラダファミリアは写真が難しい。
縦にしようが横にしようが、全景が収まらない。。。それに必ずクレーンが付いてくる。
凄い人ひとヒトでごったがえしてる。事前に添乗員から
「サグラダファミリアに入場する場合はインターネットでチケットを取っておいてください」
と言われていたが、T子は以前に塔に登ったと言うし、別に入らんでもええか。
レストラン側の壁面は装飾もなく、これからのようなので割愛した。

190912-05190912-06190912-07









サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院

バルセロナの自由観光といっても4時間くらいしかない。しかも自由食となっているから実質3時間。
初めての私はやっぱりサグラダファミリアは押さえておきたいから、その近くでどこか見ようと思って、
サグラダファミリアから徒歩10分の、通称サン・パウ病院を選んでいた。

190912-08190912-09190912-26








左:ガウティ通りへ入る   中:路上カフェをいくつか通り過ぎ   右:サン・パウ病院が見えてきた

190912-27190912-28190912-29








左:サン・パウ病院(今日の1枚も)   中:壁に入院患者の投影(イメージ)   右:ジオラマ

190912-30190912-31190912-32








左:展示物(何か判らず)   中:モザイクも美しい   右:手術室

190912-33190912-34190912-35








建築物は左右対称に建つ   中:入院棟(聖ラファエル分館)   右:レントゲン

190912-36190912-37190912-38








190912-39190912-40190912-41








左:地下トンネル   中:サン・パウ病院の正面を反対から   

ネットで十分調べてはいたが実際に見ると凄い病院やった。
“建物で患者を癒す”のコンセプトで建てられた病院。庭木もたっぷりあって癒されるかも?
建物も美しく、病室その他のモザイクも美しい。そんなことで癒されるのは健常者?
病人は静かに病気と向き合い、目を閉じるだけじゃないやろか。
全12棟は地下トンネルで結ばれ、機能性も十分にある。
いやあ面白かった!病院の見学なんて初めてやったから。。。

カタルーニャ音楽堂

190912-42190912-42カタルーニャ音楽堂190912-43カタルーニャ音楽堂








左:カタルーニャ音楽堂の裏側?   中:カフェから中を覗く   右:カタルーニャ音楽堂の表側?
お茶をしただけで~す(笑)

190912-44 地下鉄でカタルーニャ音楽堂に行き、そのあと町ブラ。
 添乗員さんからもろた地図を頼りにブラブラしていると、
 ←サンタエウラリア大聖堂
 興味もなくて1枚撮って終わり。この辺やけど。。。
 見たかったのはピカソの壁画。すぐ近くにあった。
 
 建物の3面に落書きのようなピカソの絵。↓↓↓


190912-45ピカソ壁画190912-46ピカソ壁画2190912-47ピカソ壁画3








190912-49カサ・バトリョ 夕食を食べなきゃならん。
 集合場所の近くのレストランに飛び込んだ。
 エビのアヒージョ・タコの???・小魚の天婦羅・BBQ串を
 頼んだが、なかなか出てこない。時間が迫る。
 みんな美味しかったけど、写真を撮り忘れるほど。
 集合時間にギリ間に合ってホッ!
 ←バスから見たカサ・バトリョ
 バルサのホームスタジアムもバスから見てホテルへ。

一旦チェックインして休憩の後に、マジカ噴水を見に行ったけど、それは明日の記事で。

『フォト蔵』さんの調子が悪いので、価格ドットコムが運営する『PHOTOHITO』というサイトを使(つこ)て
みましたが、使いづらい。。。まっ『フォト蔵』の調子の悪い時限定で使いたいと思います。
                                        つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フォト蔵が

写真のアップロードが出来ませんので、今日はお休みにします。
悪しからずご了承ください。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピレネーを歩く6

190912-00ピラール聖母教会

第6日目(9/12) 午前 サラゴサ→バルセリナ

実質の最終日は午前と午後に分けて。今日の1枚は、サラゴサのピラール聖母教会。

190912-01ピラール広場へ190912-02サンチャゴ190912-03ホタテガイの道標








左:川向かいの駐車場からピラール広場へ   中:サンチャゴの表記   右:帆立貝の道標

190912-04ローマの遺跡190912-05ピラール広場190912-06ピラール聖母教会








左:ローマ時代の遺跡   中:ピラール広場   右:ピラール聖母教会(中は撮影禁止)

190912-07市役所190912-08ラ・セオ190912-09








左:市役所   中:ラ・セオ(サン・サルバドール大聖堂)   右:ラ・ロンハ(商品取引所)

190912-10入口190912-11屋根瓦190912-12








左:ピラール聖母教会の入口   中:屋根瓦が可愛い   右:尖塔

190912-13ポスト190912-14地下駐車場190912-15








左:アンドラで見て以来のポスト   中:地下駐車場(広場の下に3階)   右:帰りは陽も高く

サラゴサのホテルは郊外にあるため周りには何もない。夕食・朝食ともホテルで。
8時30分頃ピラール広場に着いた時には、陽も高くなく広場全体に影の中やった。

聖母教会は聖母マリアに初めて捧げられた聖堂として知られている。写真撮影が禁止されていたため、
1枚も撮っていないが大きく立派な空間やった。
ガイドさんがレーザーポインターで、これとこれがゴヤのフレスコ画と指し示す。
ゴヤの絵はあんまり好きじゃない。。。

入場したのは聖母教会だけで、あとは自由時間を摂り20分ほどぷらぷら。。。
ガイド氏に聞いてみた。「香川真司は元気でやってるか?」と。
意外な答えが返ってきた。「誰それ?」
サラゴサの人ではないのか?サッカーに興味のない人なのか?

サラゴサの観光をちゃっちゃと終えて、バルセロナへ向かう。
昼食を摂ってから自由行動で、集合場所はカタルーニャ広場。
ということは、カタルーニャ広場の近くで昼食やなぁ。。。そこからサグラダファミリアへ行くには?
とか、サグラダファミリアの近くで他に見学するのに良いとこは?とか考えていたけど、
なんと!サグラダファミリアのすぐ近くでパエリアの昼食。
昼食後すぐに離脱する事にした。その記事はまた明日。
                                つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピレネーを歩く5

190911-00

第5日目(9/11) ルルド→アルトゥースト・ファブレージェ→サラゴサ

今日はプチトラン(トロッコ列車)に乗ってピレネー山脈を楽しむプラン。今日の1枚も、その時の景色。
ゴンドラ乗り場の女性は笑顔の素敵な女性。ゴンドラを降りると、そこはプチトランの駅。さあ出発!

190911-01ゴンドラ乗り場190911-02駅190911-03プチトラン








190911-04リフト190911-05190911-06








190911-07190911-08190911-09








190911-10ダム190911-11終点190911-12








左:あっあれはダム?と思っていたら   中:すぐ終点   右:プチトラン(先頭だけ機関車)

190911-13登り190911-14190911-15アルトゥースト湖








左:さあまた登るぞ!(20分ほど)   中:この小屋を回り込むと   右:アルトゥースト湖

190911-16礫石190911-17壁190911-18








左:線路近くまで岩がゴロゴロ   中:岩壁に当たりそうで当たらない   右:線路敷設の幅は狭い

190911-19kubota190911-20190911-21








190911-22190911-23190911-24








kubotaのショベルカーが活躍していたり、列車の運転手が電話連絡したり、ポイントの切り替えしたり。
結構面白かったが、添乗員の嶌さんごめんなさい。あなたの言うことを信じなかった私が悪うございます。
寒かったー!
日本の山は3000mでも暑くてTシャツやのに、なんで2000mくらいでダウンが要るんよ。そう考えた
私が愚か者でした。
周りの山は冠雪があるもんね~それに運行が9月一杯やもんね~吹き曝しやもんね~
帰りはジャンバーの上から、雨具に持って行ったポンチョを着たのと気温が上がったのとで少しマシ。
次から添乗員さんの言う事を胸に刻もうと反省しました。

アルトゥースト湖は特になんも感じなかったけど、終点駅横のレストランで飲んだカプチーノ、最高!
我々はすっきりタイプのコーヒーが好きなんで、ヨーロッパのホテルの朝食ビュッフェで提供される
コーヒーやエスプレッソなんかは苦手。そこで仕方なくカプチーノを頼むんですが、ここのは絶品でした。

190911-25ディアゴナルプラザ190911-26部屋190911-27部屋から夕景








フランスに別れを告げて、スペインのサラゴサに向かう。
サラゴサ郊外のディアゴナルプラザは近代的なホテルというか、無駄な装飾のないホテル。
部屋の広さも十分でしたが、バスタブの栓がなかったため湯を貯められなかったのが残念!
                                   つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

母の入院

1001-6マダガスカルバタフライフィッシュ

今日は帰って来ると、フォト蔵さんがアップロードの途中でメンテナンスに入ってしまい、今も
調子が悪そうなので、今週の出来事として母91歳の入院について書きます。

水曜日の朝6時30分頃電話があり、出るとペペさん。
「お母さんが立ち上がられへんて言うてんよ。ちょっと見に来ちゃって」
行くと、座椅子から立ち上がれない。トイレに行ったあとそうなったらしい。
「昨夜もお茶をこぼすわ、ポロポロ物落とすわ、なんかいなと思ってよ。。。」
両手で同時に握る検査をしてみたが、力弱いながら同じように握れるし言葉もはっきりしている。
救急車を呼んで、救急車での付き添いはT子に頼んで、私は車で行くことに。

病院へ行く途中“脳梗塞”の3文字が浮かびましたが、病院で言われたのは「一過性脳虚血症」
要するに詰まったのではなく、血液が届くべき所に届かずに起きたんやという事でした。
MRIを2日間で3回撮ったそうです。
ついでに肺や心臓に膝などを検査してもらい、今朝無事に退院してきました。

今日の1枚は、ニューカレドニアで見たマダガスカルバタフライフィッシュ。
マダガスカルの名前ながらニューカレで見られたってことは分布は広い魚でしょう。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピレネーを歩く4

190910-00カヴァルニー圏谷

今日の1枚は、カヴァルニー圏谷のパノラマ写真。

第4日目(9/10) ルルド→カヴァルニーハイキング→ルルド

午前中雨の予報。覚悟して出発したが、幸い雨には合わず。が、写真は暗いものばかり。。。

190910-01歩き出し190910-02雲厚し190910-03どっちへ?








左:いざ出発   中:カヴァルニー圏谷は雲の中   右:あれあれコースが違うぞ?

190910-04コンポステーラに通じる190910-05本来のコース190910-06めげる








左:コンポステーラへの道標   中:元のコースへ戻って  右:暗い、いつ降っても不思議ではない

190910-07右を歩いたり190910-08左を歩いたり190910-09糞に注意








左・中:川を挟んで右へ行ったり左へ行ったり   右:馬の注意

190910-10サフラン190910-11花々190910-12トリカブト








左:サフラン   中:リンゴ(小っちゃ)・花・花・花   右:トリカブト(黄色もあるんや)

190910-13趣ある石橋190910-14まだ厚し190910-15石を積む








左:趣のある石橋   中:少し明るくなってきた   右:いっちょ噛みのT子

190910-16牛模様の馬190910-17振り返ると青空も190910-18初冠雪








左:牛模様の馬たち   中:振り返ると青空が見える   右:前日に初冠雪があった

190910-19ちょいと上がった190910-20カヴァルニー圏谷190910-21エーデルワイス








左:ホテル近くで雲が少し上がる   中:雲が最高に上がった   右:エーデルワイス

190910-22滝へ190910-23岩に登って190910-24カヴァルニー滝413m








左:さらに滝の近くを目指す   中:岩の上にエーデルワイスの群生   右:カヴァルニーの滝

190910-25滝を受ける190910-26引き返す190910-27ドン・キホーテ








左:滝を受ける   中:今日の1枚にしたかった1枚   右:ドン・キホーテ

「もっと光を」と叫びたくなる天気で、写真的には恵まれなかったけどハイキング的には恵まれた。
一応のゴールはホテルのちょっと上の芝生の広場。
そこでランチボックスを開けて、サンドイッチやバナナなどの果物・クッキーなど食べる。
希望者だけさらに20分ほど滝に近付く。6人だけやった。
ガイドのピーターさんはロッククライミングもするそうで、滝の上にも登ったことがあるそうや。
カヴァルニーの滝は滝壺がなく、浸み込むのと流れるので終わるらしい。
同じ道を下って行ったが、のんびりと和気あいあいと、雨の降らなかった幸運を喜んだ。
 
郵便組織のマリア像190910-29ルルド190910-30マリア像の団体








ルルドの2泊目は自由食やったけど、添乗員の嶌さんがベトナム料理の店に行くということで、
ご一緒させてもらうことにしたけど、集合時刻にちょっと遅れて姿が見えなかった。
1時間ほど探したがベトナム料理の店が見つからず、通りがかりの店へ入ったが、美味しいとは
言えなかった。残念なことやった。
2晩続けてローソク行列を見たのはラッキー?
                              つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)