猫騒動

160229-1好きな場所

芝の草抜きをしようと外に出たら、小学校中学年と中学生の兄弟らしき子がいた。
2軒隣の車の下を覗き込んでる。
なんかあったかな? と思いつつも草を抜かなきゃならん。で、黙々と作業を始めた。
ミャ~ミャ~泣く声が聞こえてきたので、猫の子がどっか入って困ってるんやろか?

お兄ちゃんの方がスマホでなんか話してたが、距離があって判らんかったがお母さんが来た。
するとそのお母さんは2軒隣のご主人と話し始めた。
2軒隣のご主人は話が終わると、自分の車の下を覗いていた。

お母さんは帰り、お兄ちゃんがまた電話で話してる。しばらくするとお父さんがやって来た。
腰が痛くなり、ちょっと伸ばそうと歩いてる内に状況が変わったようで、その家族は我が家を覗いてる。
物置の下に潜り込んだようや。
1匹は水路の土管の中へ行き、もう1匹が我が家へ。どうやら猫を助けたいのではなく、捕獲したい
様子で、ケージも持って来てる模様。
お父さんに「飼うの?」と聞くと「そのつもりです」との答。「捕まえられるかなぁ?」
敷地中どこまで行っていいから捕まえてみな。
追い込んで、狭い給湯器の下に潜り込んだのが最大のチャンスやったのに逃げられてしもた。

逃げた黒猫の仔猫は土管の中へ。万事休すのとこへやって来たのは隣でエサをもろてる野良猫。
いつもエサをくれる人に擦り寄る癖が付いているので、擦り寄ったところを「これでええか」。。。
「でもあの仔猫のお母さんだったらなぁ。。。」と心配していたので、
「今年は産んでないけど、5歳くらいの野良猫はお勧めでけへんけどなぁ。。。」
と助言したつもりでしたが、喜々として連れて帰りました。2時間は経っていたかな?

今日の1枚は、逃げ切った仔猫が黒猫やったんで、2016年2月のを引っ張り出しました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)