次の次

200929氷温熟成米

息子がやっと10月から出勤するようで、在宅ワークを終えて東京へ行きました。
写真は、マイレージの有効期限が切れそうになったんでもろた新潟県産こしひかり10㎏の一部。
これはT子分で、私の分はまた後日に届く予定。

次は10月中旬に行く八幡平に決まっている。その旅行はこちら→★★★

そして昨夜電話があり、キャンセル待ちしてた旅行に行ける事が決まった。それはこちら→★★★

どちらも滞在型の旅行で、オプショナルが無料になっている。
八幡平の方は行った事のある観光地が多いが、天気が悪かったのでもう1回行ってもええか。
伊豆の方は、修善寺くらいしか知らんのでええか、と。

それにしても皆さん、お気楽に申し込んでお気楽にキャンセルなさるようで。。。
我々がキャンセルしたのは親が死んだ時だけで、キャンセルに罪悪感を持っている。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ミツボシクロスズメダイ

060729ミツボシクロスズメダイ

スズキ目・スズメダイ科で体長は5㎝くらいで幼魚。2006年フィジーで撮影。
幼魚時代はクマノミと同じようにイソギンチャクと共生するが、成長するにつれて離れ自由に生活する。
本州中部から太平洋西部・インド洋に分布する。成魚は15㎝くらい。

クロスズメダイの成魚の写真とコクテンフグの写真を追加しました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒレナガハギ&ナガニザ

040728ヒレナガハギ&ナガニザ

手前の縞々がヒレナガハギで、向こう側がナガニザ。2004年石垣島で撮影。

ヒレナガハギ
スズキ目・ニザダイ科で体長は25㎝くらい。相模湾以南の西太平洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。
この写真はヒレナガハギを狙ってのもんやったが見事後ろ姿になってしもた。
狙ってないナガニザが横からってどうよ。

ナガニザ
スズキ目・ニザダイ科で体長は20㎝くらい。三浦半島以南の太平洋・インド洋に広く分布する。

ヒレナガハギの横からの写真を追加。2020/12/30。

090904ヒレナガハギ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

竹内結子が。。。

200926yuko.jpg

朝起きて新聞を読んでいたら、息子が降りて来て「竹内結子死んだなぁ。。。」って。
うっそ!なんの話や!信じられへん! そう思いながらPCの電源を入れた。
『あすか』以来の彼女のファンで、写真ブックの『たびぼん』も唯一買(こ)うた芸能人の写真集。
タヒチagainを決めた時、『たびぼん』で彼女が行ったランギロア島に決めたほど。
『たびぼん』は3年前の断捨離でも生き残ったのに。。。

eriちゃんからもメッセンジャーで連絡があった。彼女に竹内結子のファンやて言うたかな。。。

『決算!忠臣蔵』では大石りく役で、彼女もりく役をするような歳になったんか。。。と感慨深かった。
何があったか知らんけど、1歳にもならない子供を残して逝くなんて。。。
冥福を祈るばかりです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キヌベラ&ヤンセンニシキベラ

040726ヤンセンニシキベラ&キヌベラ

手前の緑っぽいのがキヌベラで、向こう側がヤンセンニシキベラ。どちらもスズキ目・ベラ科の魚で
体長は共に10㎝強。2004年石垣島で撮影。

キヌベラ
大きいものは40㎝を超えることもあり、アオブダイと間違えられることもある。
和歌山県以南のインド洋・中部太平洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。

ヤンセンニシキベラ
体長はせいぜい15㎝になるくらいで、駿河湾以南のインド・中部太平洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。

キヌベラの写真が見つかったので追加。(2021/4/23)

150719-023キヌベラ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アサガオ

200926アサガオ

10日ほど前にアサガオが咲いた記事を書いたが、(その時の記事はこちら→★★★)その日から
毎日1輪2輪と咲き続け、今朝は何と11輪も咲いていた。小っちゃいけど。
夏が暑すぎたんかなぁ。。。例年花が終わったら抜いて処分してたけど、秋まで置いとくか。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カザリキュウセン

040726カザリキュウセン

スズキ目・ベラ科で、体長は10㎝強。この写真はオス。
和歌山以南の西太平洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。珍しくはなくよく見かける。
どういう訳か、目が色飛び?片目の個体?
2004年石垣島で撮影。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ニシキヤッコ

040727ニシキヤッコ

スズキ目・キンチャクダイ科で体長は20㎝くらい。後ろ姿しか撮れなかった。2004年石垣島。
八丈島以南の太平洋・インド洋・紅海のサンゴ礁・岩礁域に生息する。
黄色の縞模様が目立つのでそれと判る。
ヤッコ類はチョウチョウウオ類とシュノーケリングでは撮りにくい。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コクテンフグ

040727コクテンフグ

ダイビングのインストラクターに捕まったコクテンフグ(笑)
フグの類は捕まえやすいが捕まえようとは思わない。インストラクターのサービス?
フグ目・フグ科で強い毒を持つ。体表に黒い点を持つことが名前の由来。
太平洋・インド洋のサンゴ礁で見られる。2004年石垣島で撮影。

060729コクテンフグ

2006年フィジーで撮影。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヤマブキベラ

040727ヤマブキベラ

思い切りピント外れの1枚ですが、載せます。珊瑚を撮ろうとしてた時に、横から現れたような。。。
スズキ目・ベラ科で、体長は20㎝強。伊豆半島以南の太平洋・インド洋に生息する。
顔面の模様が特徴的な魚で、すぐにヤマブキベラと判るが、体色はいろいろ。
2004年石垣島で撮影。体験ダイビング中。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)