クラブ活動

210430アッツ桜とベルフラワー

水曜日の和歌山デイのこと、1号がGWに帰って来るらしい。2号も嬉しそうやった。
自炊もちゃんとしてるようで、玉子焼き用のパンも買(こ)うたようや。サラダも意識的に食べてると言う。
で、2号のクラブ活動。智弁和歌山の高校では運動部は野球部と応援団しかない。それで最近やけど
筝曲部に入って活動してると言う。あまりにも意外やったんで笑(わろ)てしもた。
男子は2号以外にもう一人。「楽しいで」って事やからまぁええか。。。

玄関先の花をビオラからアッツ桜&ベルフラワーに換えた。オダマキは全部種になったので撤収。

210430オダマキ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ゴマニザ

150719ゴマニザ

画面左から登場してこれから中央へ行こうとしているのが本日の主役のゴマニザ。なんでこんな
アングルで撮ったのかが分からないが、写真はこの1枚しかない。
スズキ目・ニザダイ科で体長は20㎝強。和歌山県以南の太平洋とインド洋の浅い海に生息する。
2015年タヒチのティケハウで撮影。

この後、ムラサメモンガラ・クロオビマツカサ・ウケグチイットウダイ・チョウハンの写真を
追加します。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キヘリモンガラ

150719キヘリモンガラ

フグ目・モンガラカワハギ科で体長は35㎝くらい。中央やや左で砂地をつついてるのがそれで、獰猛。
背鰭・臀鰭・尾鰭の外縁が黄色く縁取られることが名前の由来。2015年タヒチのティケハウで撮影。
千葉県以南の太平洋岸や山口県日本海側で見られる。太平洋とインド洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。
サンゴ礁では普通種と言われるが、この時に一度見ただけ。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロングバーベルゴートフィッシュ

150719ロングバーベルゴートフィッシュ

名前からも分かるように日本では見られない種。スズキ目・ヒメジ科で体長は25㎝くらい。
インド洋、紅海、中・西部太平洋の浅いサンゴ礁・岩礁に生息する。
ヒメジの仲間やろくらいの気持ちで撮ったけど、日本では見られない種と分かり「ラッキー!」
翌日も会ったが、珍しく前からの写真。「大ラッキー」2015年タヒチのティケハウ環礁で撮った。

150720ロングバーベルゴートフィッシュ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シチセンスズメダイ

150719シチセンスズメダイ

今日の主役は手前の縞々のあるシチセンスズメダイ。スズキ目・スズメダイ科で体長は20㎝くらい。
2015年ティケハウ環礁で撮影。オヤビッチャなどと同じ属なので似ているが、黒帯が多く不鮮明なのが
特徴的でシチセンとすぐわかる。静岡県以南の太平洋とインド洋のサンゴ礁・岩礁に生息する。

上の白い魚は写真を見つけたんですが、まだ特定できていません。わかったら書き変えます。
【追記】 2021/5/2
判りました!白い魚はハワイアンフラッグテールと言います。スズキ目・ユゴイ科で体長は20㎝ほど。
ハワイ諸島固有の種と思われているが、私はハワイでは見たことがありません。ティケハウの水上
コテージの下にはうじゃうじゃいました。あまり逃げません。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シャコガイ

150719シャコ貝

お魚図鑑での変化球で今日はシャコガイ。マルスダレガイ目・ザルガイ科でこの個体は30~40cm。
2015年タヒチで撮影。

熱帯から亜熱帯のサンゴ礁域に生息する。
貝殻は扇形で、太い五本の放射肋が波状に湾曲し、光沢のある純白色で厚い。
最も大型のオオシャコガイは、殻長2m近く、重量200kgを超えることがある。また、400年以上生きた
個体も存在する。サンゴ礁の海域に生息し、生時には海底で上を向いて殻を半ば開き、その間に
ふくらんだ外套膜を見せている。この部分に褐虫藻を持ち、光合成を行わせている。
移動することはなく、海底に転がっているか、サンゴの隙間に入りこんでいる。(Wikipediaより)

サンゴの隙間に入っているのしか見たことはないが、唯一沖縄でマリンポイントの体験ダイビングに
参加した時、船長さんが漁師の免許も持っているって事で、30cmくらいのを取ってきて見せてくれた。

300船長さん

バブルリングが得意で豚汁を振る舞ってくれた船長さん、元気かな。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ボラ&オニボラ

150719-060ボラ

ボラ↑↑↑・オニボラ↓↓↓ 共にボラ目・ボラ科。タヒチagainのティケハウ環礁で撮影。
ボラは全世界の温帯・熱帯域に生息し、オニボラは琉球列島以南の西太平洋とインド洋に生息する。
警戒感はあまりない。体長は50㎝くらい。河口や内湾の汽水域に多く生息する。
オニボラは胸鰭が黒く、臀鰭と尾鰭は黄色いことが大きな特徴。

本家のおじさんが漁港の突端で、手元の径が10㎝以上ある竹でボラを釣っていたのを思い出す。
本家の従兄は「ボラは旨い!」と言っていたが、残念ながら食べた事がない。

150720オニボラ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コロナワクチン

210421コロナワクチン

高齢者用(65歳以上)のコロナワクチン接種の書類が送られてきた。予約受付は4月30日から、
接種はGW明けから。早速母から電話があったので、かかりつけのお医者さんに接種して良いか
聞くように言っておいた。手続きはそれからやと。
これは私も同じで、まず主治医に聞かんならん。それからやと自分に言い聞かせた。

枝垂れ梅に実がふたつ。どうしよう。。。去年漬けた梅酒の追梅?それしか思いつかん。。。

210421梅の実


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ミナミハナダイ

130205ミナミハナダイ

写真真ん中の赤い魚です。その他の魚は特定できません。スズキ目・ハタ科で体長は20㎝くらい。
2013年モルディブの体験ダイビングの沈船で撮影。この時の体験ダイビングは楽しかった!
伊豆半島以南の西太平洋とインド洋に生息する。

「お魚図鑑」もいよいよ終盤で、あとは2015年に行ったタヒチagainを残すのみとなりました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トノサマダイ

090910トノサマダイ

スズキ目・チョウチョウウオ科で体長は15cmくらい。2009年波照間島で撮影。
最果て旅行として、2009年に与那国島と波照間島へ行った。パルラーでの旅でもあった。
魚を発表する年代がバラバラやけど、名前の判った順に記事にしてるからで、他意はない。
相模湾以南の西太平洋とインド洋に生息。全体に黄色い体色で、体側上方に楕円型の黒斑、
目を通る黒帯が特徴。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)