マレーシア贅沢旅行3

190710-00コーヒーおじさん

第3日目(7/10) イポー観光

今日の1枚は、イポーのオールドタウン ホワイトコーヒー店のウォールアート“老人喝珈琲” 光加減で上手く
撮れなかった。実はもっと好きな絵があるけど、もっと下手にしか撮れなかった。。。

連泊したホテルをチェックアウトし、シユウさんに連れられクアラルンプールセントラル駅へ。
長いのでクアラルンプール=KL(Kuala Lumpur)と表記することにする。
シュウさんと同じ制服を着た人が日本人夫妻を案内していた。イポー日帰りツアーらしい。

190710-01セントラル駅190710-02日本語表記190710-03クアラルンプール駅








KLセントラル駅(左)構内には日本語表記の案内(中)がある。マレー語・英語・日本語や。
かつては占領していた日本なのに、である。この友好な関係を続けていかなければならない。
右はKL駅。ホテルはこの駅のすぐ近くにあった。

190710-04韓国製190710-05ん?190710-06イポー着








190710-07車両190710-08インド系菓子
 車両は韓国製(上左)で、気になる
 注意事項(上中)があった。
 禁止事項の左から2つ目、キスする
 な? Google先生によると、
 「猥褻な振る舞い」禁止やった。
 イポー駅(上右)に到着。
 ←撮り鉄 インド人の揚げ菓子→


イポー

190710-09市役所190710-10イポーの木190710-11駅全景








駅を出ると市役所(左)が見えてくる。道路を渡る前にシユウさんが説明してくれたイポーの木(中)。
町の名前の由来となった木で、毒があり昔は毒矢などに使われたらしい。
道路を渡って市役所の脇からやっとイポー駅(右)の全景が撮れた。コロニアル建築。

190710-12時計台190710-13消えている人物は?190710-031








バーチ記念時計台(左)は英国初代駐在官バーチの追悼碑で、4方を取り巻く人物画がある(中・右)。
消えている人物(中)は偶像崇拝禁止のイスラムの預言者ムハンマドやとか。

190710-14紙ヒコーキ190710-15モンロー190710-16








紙ヒコーキに乗った少年2人(左)のウォールアートが一番気に入った。特に右側でおちょけている少年がええ。
モンロー(中)はちょっと剥げてきているのが残念! 珈琲を飲むおじさん(右)もいろいろ。

190710-17190710-18ホワイトコーヒー190710-19店内








ホワイトコーヒーで休憩。ホワイトコーヒーと言っても白い訳ではない。
マレーシアではコーヒー豆をマーガリン・小麦粉・砂糖を加えて焙煎していたのを、華僑がマーガリンだけで
焙煎し「白珈琲」と呼んでいたことに由来する。「白」は何も加えないとかそのままとかの意。
「マーガリン使(つこ)てるやんけー!」と突っ込んでも相手にはされへんでぇ。

そうこうしてる間に車が到着。KLセントラル駅から走ってきたんです。お疲れ様~!

190710-20昼食レストラン190710-21昼食190710-22店内








ほな、昼飯にしょっか? てことで、予定通りにイポー名物のもやし炒めと鶏肉に、鶏ダメなT子に
フィッシュボールのスープに麺にご飯。旨かったぁ!
乙に澄まして「若鳥の胸肉のグリルです」と出される高級なレストランより、現地でしか食べられん
こんな店の方が口に合うし、嬉しい。

190710-23ベラトン洞窟寺院 ペラトン洞窟寺院

 1926年に建設された中国寺院で周辺の洞窟寺院の中でも最大規模。
 洞窟に入ると、12.8mの大仏様(下中)が鎮座され、左右に四天王。
 石灰岩の洞窟なので、ちょっと鍾乳洞の雰囲気も感じながら。。。
 鍾乳石はどうしたんかなぁ。。。水の通り道をどう塞いだんやろ。。。
 大小40体ほどの仏像があるが興味が湧かなかった。 

 最後の1枚はピョントルさんに土産です。 

190710-24左脇190710-25本尊かぁ?190710-26右脇








190710-27190710-28190710-29お土産









ザ バンジャラン ホットスプリング リトリート

190710-30HotHot!190710-31あちこちに190710-32夕食メニュー








ホテルの名前が長いので、以下「Hバンジャラン」と表記する。
チェックインを済ませ、バギーに乗ってホテル内をシュウさんと共に案内してもらう。
その事は明日の記事に書くが、シユウさんは不安そうに帰って行った。

夕食はロマンティックキャンドルディナー!
用意された席(左)に案内されたが、温泉池の上では蒸し暑いのですぐ冷房の効いた室内へ。
ロマンティックとキャンドルが消えて、普通のディナーになった。
虎のぬいぐるみ(中)は10頭くらい置いてあった。猿除けやそうな。
メニューは日本語で判り易かったが、西洋料理やった。ちょっとこのツアーを選んだ後悔が。。。
                                    つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

バトゥ洞窟ってにゃんとも奇妙な感じのする寺ですにゃぁ〜。
拙猫がこの洞窟訪れてから早2年
本尊はあの時のままの様ですが
幾つかの仏像や仏画は新しく追加されてるよぉですにゃぁ〜。😸
野良猫さん、こんばんは
本尊以外にも仏像が多過ぎて面喰いました。
宗教心のない私は仏像より洞窟をどう改築したのか?
そっちの方が興味ありました。
お土産ありがとうございます
マレーシアならきっとお土産あると思っていましたよww
口にくわえてるのは金貨ですか?
なんだかありがたい感じのカエルで良いですね
修行蛙さん、こんばんは
口に咥えてるのは大きな金貨でした。
これなら喜んでもらえるって思って。
ゼロを付け忘れてました。
拙猫がマレーシアに行ったのは20年前の事でやんした。😸
野良猫さん、こんにちは
そうでしたか(笑)
マレー鉄道の旅は期待してたんですが、周りの風景が変わらず
がっかりでした。イポーは良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)