マレーシア贅沢旅行6

第6日目(7/13)・第7日目(7/14) KL市内観光→帰国

190713-01関帝廟 深夜便で帰り、早朝に着くので、実質の最終日。
 クラブラウンジより1階のレストランの方が品数も多いんちゃう?
 と、1階へ。品数については比べられんので判らんまま。

 部屋に帰って荷物をまとめ、クラブラウンジでチェックアウト。
 クラブラウンジを使うため部屋カードを1枚貰う。

 シュウさんのガイドも今日で終わりやけど、空港まで。


190713-02メス190713-03190713-04関羽像








最初に訪れたのは関帝廟。三国志で有名な関羽を祀る廟やけど、シユウさんは余り関心がなさそう。
T子が余計な事に 「お父さん、三国志のファンやねん」とシユウさんに言いよった。
で、関帝廟の由来とか、何年頃のことか、とか。なんで華僑の3世のガイドに説明せんならんのや!
狛獅子の左腕に赤ちゃんを抱いているので、こちらはメスの狛獅子だそうな。
  
190713-05ヒンズー寺院190713-06190713-07ガネーシャ像








関帝廟のすぐ近くの筋向いにあるスリ・マハ・マリアマン寺院はヒンズー教寺院。
ヒンズー教で知っているのはシバ神とガネーシャくらいやから興味はないが、門の上の飾りが
どうなっているのか、にだけ惹かれた。

190713-08王宮190713-09衛兵190713-10紋章








王宮(左)と門衛(中)と紋章(右)。騎兵と歩兵が2人ずついた。
シュウさんから興味深い話があった。
マレーシアには王様が9人いて、その代表が5年間王様を務めるが、政治には関与しない、と。
紋章もそれに因んで、9人の王様と5年の任期を表している。

190713-11国家記念碑
 ←国家記念碑は連合軍が日本兵を倒している像となっている。

 ↓↓↓マスジッド・ネガラ(国立モスク)
 一般的なモスクにあるタマネギ型のドームがない。ドームは声を
 反響させるために必要やけど、今は立派な放送設備がある。

 肌の露出が多い人にはジェラバ(ねずみ男風コート)が貸し出される。


190713-12国立モスク190713-13190713-14









190713-15旧国連事務局190713-16独立広場 
 ←旧国連事務局の横を通り

 独立記念広場へ→
 この広場には100m余りのポールが
 1本。ほんまの広場やった。
 これ観光せんでもええんちゃうか。



190713-17セントラルマーケット190713-18190713-19ホワイトコーヒー








観光の最後はセントラルマーケット。訪れる前に描いてたイメージとは違い空調も効いていた。
T子、ポップコーンを試食して土産に3つ買(こ)うていた。
イポーでは入らなかった“オールドタウンホワイトコーヒー”でコーヒーブレイク。

190713-20MOCから190713-21MOC190713-22マンダリンホテル








観光を終わってホテルに戻り、クラブラウンジで昼食。昼食後は何をするでもなく、ラウンジで。
ラウンジはやがてアフタヌーンティになり、イブニングカクテルへと変わっていったが、その間
シャワーを浴びるためにロッカールームへ行っただけ。。。
2本目のビールもなくなったし、さあ帰るとするか。

190713-23シュウさん
 ←シュウさんの写真が最後の1枚

 出国審査までずっと見送ってくれたのは心配性?
 それとも50RMのチップのせい?

 幼稚園からマレー語と英語・北京語を習うというマレーシアは
 今後も発展するに違いない。
                           (おしまい)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)