『ワイルドスピード』

190808ワイルドスピード

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と元FBI特別捜査官ルーク・ホブス
(ドウェイン・ジョンソン)は、政府から協力要請を受ける。内容はデッカードの妹で、肉体を改造した
テロ組織のリーダー・ブリクストン(イドリス・エルバ)に襲われて行方不明になっているMI6エージェント
のハッティ(ヴァネッサ・カービー)を保護するというものだった。ハッティが取り戻した人類の半分を
死滅させるウイルス兵器の回収を最優先するため、二人は渋々組むことにする。

ワイルドスピードのファンならずともアクション好きなら見逃せない映画や。
頭を撃たれて死んだはずのブリクストンが悪のスーパーマンとして襲ってくる。彼のいる所へ自動で
走って来るバイクの恰好良さ。。。最終的にはブリクストンをやっつけるんやけど、テロ組織は残る。
続編を作らんならん。そこがスッキリできんとこやけど。。。

お勧め度 ★★★★★


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)