香る港の旅3

第3日目(8/21)最終日 ホテル→九龍(カオルーン)→香港空港→関空→香港空港

ホテルのチェックアウトが12時30分やと聞いて、予定を変える。
当初の予定では、ホテルをチェックアウトしたあとで九龍駅で航空会社にチェックインしてから朝食を摂る。
ところが、12時30分まで部屋を使えるなら、汗をかいてもシャワーを使えると思い、飛行機の時間を考え
12時頃にチェックアウトするのがいいということになった。

190821-01洪利粥店190821-02ピータン粥190821-03鮑粥








190821-04ワンタン190821-05揚げパン190821-06伝票








朝食は念願の粥店。
ホテルから10数分歩いて行ったのはネットで調べた評判の『洪利粥店(Hung Lee Restaurant)』
私は皮蛋痩肉粥(ピータンと豚肉)、T子と2号は鮑片粥、娘と1号は鮮蝦雲吞麺(エビのワンタン麺)
それとみんなで1皿の油条(揚げパン)。どれも美味しくて満足!
右下は伝票やけど、金額だけ書いてある。90はワンタン麺×2、30はピータン粥、68は鮑粥×2、13は油条。
アワビは偽もんやろなぁHK$34の値段で本物の筈がない。でも生姜が効いてて美味!

190821-07海天堂190821-08亀ゼリー190821-092階建てバス








帰りはゆっくり歩いてホテルまでの道のりや風景を楽しみながら。。。
娘が突然1軒の店に入って何かを買(こ)うてきた。聞くと亀ゼリーやとか。漢方の味がした。

スーツケースが閉まらん事件

12時にフロントで、と待ち合わせ時間を決め荷物整理。我々が終わって間もなく娘から電話。
「トランクが閉まらへんようになったぁ!」
我々が使(つこ)てた20年以上前の代物。ついに壊れたか。。。T子はフロントへガムテープを借りに。
私はとりあえず娘の部屋へ。何のことはないナンバー合わせの3桁の数字が合っていないだけやった。
去年も一昨年も孫達はこのスーツケースで来てたぞ。扱い方を教えたんちゃう?

ひと騒動のあと、タクシーに分乗して九龍駅まで行く。HK$50~70と聞いていたが、HK$35で済んだ。
娘はHK$50ほどかかったという。スーツケースを我々の分も積んだからや。スーツケースは別料金。

インタウンチェックイン

190821-10インタウンチェクイン190821-11カウンター190821-12出口








九龍駅に着いて、左の看板とANAのカウンターを探す。
いろんな航空会社のカウンターがあるが、このエリアに入るにはエアポートエクスプレスのチケットが必要。
入ったらパスポートをカウンターに見せてチェックインする。
空港の混んでいるチェックインカウンターに並ぶよりも、ここでチェックインする方がいい。スーツケースも
ここで預けて、関空で受け取れる。早く身軽になれるのが嬉しい。

空港に着いて、一番にすることはオクトパスカードの払い戻し。
カードを出して「ペイ・バック」で5分もかからず払い戻しが終わる。手数料としてHK$9が引かれる。
MTRに乗るたびに自動的に割引があるし、小銭を持つ必要がないし便利やった。

孫達がチャーハンを食べたいというので、オクトパスカードのカウンターからほど近い店に入り、食べた。
このチャーハンがまたパラッパラで美味しかったが、量が多過ぎて残してしもた。
孫達は頑張って完食。

手荷物検査場へ行く時に、ANAのカウンターを見たら客は誰もいなかった。またがらがらやなぁ。。。

帰りの飛行機は定刻に出発。T子に
「定刻に帰ったら、やるつもりやったのをやる?」
了解を得て、関空に定刻に着いたので『ころころ亭』に電話を入れたのでありました。
                                         (おしまい)

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)