ピレネーを歩く6-2

190912-00

第6日目(9/12) 午後 バルセロナ自由観光

思いもよらず、昼食がサグラダファミリアの真ん前やったんで、昼食後にすぐフリーとなった。
他の皆さんは一旦集合場所まで行ったようや。

190912-01190912-02190912-03190912-04











サグラダファミリアは写真が難しい。
縦にしようが横にしようが、全景が収まらない。。。それに必ずクレーンが付いてくる。
凄い人ひとヒトでごったがえしてる。事前に添乗員から
「サグラダファミリアに入場する場合はインターネットでチケットを取っておいてください」
と言われていたが、T子は以前に塔に登ったと言うし、別に入らんでもええか。
レストラン側の壁面は装飾もなく、これからのようなので割愛した。

190912-05190912-06190912-07









サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院

バルセロナの自由観光といっても4時間くらいしかない。しかも自由食となっているから実質3時間。
初めての私はやっぱりサグラダファミリアは押さえておきたいから、その近くでどこか見ようと思って、
サグラダファミリアから徒歩10分の、通称サン・パウ病院を選んでいた。

190912-08190912-09190912-26








左:ガウティ通りへ入る   中:路上カフェをいくつか通り過ぎ   右:サン・パウ病院が見えてきた

190912-27190912-28190912-29








左:サン・パウ病院(今日の1枚も)   中:壁に入院患者の投影(イメージ)   右:ジオラマ

190912-30190912-31190912-32








左:展示物(何か判らず)   中:モザイクも美しい   右:手術室

190912-33190912-34190912-35








建築物は左右対称に建つ   中:入院棟(聖ラファエル分館)   右:レントゲン

190912-36190912-37190912-38








190912-39190912-40190912-41








左:地下トンネル   中:サン・パウ病院の正面を反対から   

ネットで十分調べてはいたが実際に見ると凄い病院やった。
“建物で患者を癒す”のコンセプトで建てられた病院。庭木もたっぷりあって癒されるかも?
建物も美しく、病室その他のモザイクも美しい。そんなことで癒されるのは健常者?
病人は静かに病気と向き合い、目を閉じるだけじゃないやろか。
全12棟は地下トンネルで結ばれ、機能性も十分にある。
いやあ面白かった!病院の見学なんて初めてやったから。。。

カタルーニャ音楽堂

190912-42190912-42カタルーニャ音楽堂190912-43カタルーニャ音楽堂








左:カタルーニャ音楽堂の裏側?   中:カフェから中を覗く   右:カタルーニャ音楽堂の表側?
お茶をしただけで~す(笑)

190912-44 地下鉄でカタルーニャ音楽堂に行き、そのあと町ブラ。
 添乗員さんからもろた地図を頼りにブラブラしていると、
 ←サンタエウラリア大聖堂
 興味もなくて1枚撮って終わり。この辺やけど。。。
 見たかったのはピカソの壁画。すぐ近くにあった。
 
 建物の3面に落書きのようなピカソの絵。↓↓↓


190912-45ピカソ壁画190912-46ピカソ壁画2190912-47ピカソ壁画3








190912-49カサ・バトリョ 夕食を食べなきゃならん。
 集合場所の近くのレストランに飛び込んだ。
 エビのアヒージョ・タコの???・小魚の天婦羅・BBQ串を
 頼んだが、なかなか出てこない。時間が迫る。
 みんな美味しかったけど、写真を撮り忘れるほど。
 集合時間にギリ間に合ってホッ!
 ←バスから見たカサ・バトリョ
 バルサのホームスタジアムもバスから見てホテルへ。

一旦チェックインして休憩の後に、マジカ噴水を見に行ったけど、それは明日の記事で。

『フォト蔵』さんの調子が悪いので、価格ドットコムが運営する『PHOTOHITO』というサイトを使(つこ)て
みましたが、使いづらい。。。まっ『フォト蔵』の調子の悪い時限定で使いたいと思います。
                                        つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)