信州ドライブ旅行4

第4日目(10/4最終日) 光前寺→おもしろかっぱ館→米澤酒造→元善光寺→帰宅

ホテルをゆっくりチェックアウトし、同じ地区にある光前寺を見てからパルラーしもってノープランで
帰ろか、という1日。ノープランと言いながら、天気予報がず~っと雨やったんで、雨天時の観光用に
いくつかプランを持ってた。その中からひとつかふたつを。
 *パルラーというのは郵便局貯金のことで、窓口で預けるとゴム印を押してくれる。

光前寺

191004-01光前寺仁王門191004-02早太郎伝説191004-03三門








左:光前寺仁王門   中:早太郎伝説を伝えるポスター   右:三門

191004-04本堂191004-05三重塔191004-06早太郎墓








左:本堂   中:三重塔   右:早太郎の墓

早太郎伝説により温泉地の名前にもなったし、墓もある。私ぁ伝説というものにはいつも眉唾や
けど、それとは関係なく立派な寺やった。こんな小さな集落にしては、って思うところがあるかも。

おもしろかっぱ館

191004-07おもしろかっぱ館191004-08かっぱ村分布191004-09登戸研究所








左:建物がすでに河童   中:全国かっぱ村分布図   右:特別展「登戸研究所」

191004-10中野学校191004-11風船爆弾191004-12








左:中野学校?   中:風船爆弾?   右:かっぱの数々

191004-13小島功1191004-14小島功2191004-15小島功3








小島功氏のかっぱも沢山あったが、光の反射が比較的少ない物を。右だけが合格か?

191004-16黄桜カレンダー191004-17191004-18売薬出入帳








左:黄桜酒造のカレンダー   右:売薬出入帳

191004-19191004-20中村新六像191004-21正面玄関








中:中村新六の馬に飛びつく河童の像   右:正面玄関

おもしろかっぱ館は展示室が4室あり、「登戸研究所」の展示はともかくとして、河童のものなら何でも
集めているようやが、展示方法が雑過ぎる。
かっぱ伝説はHPで読んでいただくとして、かっぱの妙薬(痛風の薬)が戦前まで売られていた事にびっくり!
展示が雑でも腹が立った訳ではない。何しろ入館料が200円。障害者割引もあって2人で300円。
それで好きな小島功氏の絵を堪能できたんやから。

米澤酒造

191004-22今錦191004-23春夏秋冬191004-24徳利1








左:試飲・直売所   中:春夏秋冬季節によってラベルの色が変わる   右:徳利のコレクション

191004-25徳利2191004-26商品棚191004-27中川村のたま子








左:徳利のコレクション   中:商品の陳列棚   右:中川村のたま子

早太郎温泉『二人静』のドリンクメニューにあった“中川村のたま子”て何やろ?っていう疑問が解けた。
米澤酒造の日本酒やった。T子が試飲して、記念にと2種類購入。
きっかけはパルラーやった。ナビの設定で郵便局が表示されるようにしているが、ちょっと道を
入り込んだ所にある郵便局へ行く途中でT子がのぼりを見つけた。疑問が解けてホッ!

元善光寺

191004-28元善光寺191004-29本堂191005お土産








左:元善光寺入口   中:本堂   右:お土産として買(こ)うたウイスキーと日本酒

元善光寺は縁起によると推古天皇の時代に遡る。
その本尊である阿弥陀如来を善光寺に移したので、善光寺だけお詣りするのは片詣りと言われる。
想像していたより小さな寺で、戒壇巡りをしたが「御錠前」は見当たらず。“仏様とより深いご縁”を結べなかった。

その後もパルラーをしながら(4時まで)楽しく帰ったことでした。      (おしまい)


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)