やぐら

191014-2やぐら後ろ

昨日無事に秋祭りも終わった。
阪南市ではだんじりではなく、“やぐら”という山車。大八車の大きい物と考えてもらえばいいか。
大八車も最近の人では分からんか。。。

だんじりのように中には乗れないから、太鼓は走りながら叩く。笛は後ろをついて歩きながら吹く。

大きな“こま”が付いているのは、神社の階段を駆け上がるため。
“ながや”は青年団の持ち場で、“やぐら”の方向転換とブレーキを担う。

祭も地方々々によって色んなのがあるけど、それぞれが楽しいもんやね。
祭に参加せんようになってもうすぐ10年か。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)