『ターミネーター』

191119ターミネーター

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
一度は回避したと思われた人類滅亡の日”審判の日“。だが、その危機はまだ終わってはいなかった...。
人類の命運を握る女性ダニー(ナタリア・レイエス)を守る謎の戦士グレース(マッケンジー・デイビス)と、
女性の命を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)との壮絶な攻防。
そして彼らの前に現れる、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)と“T-800”(アーノルド・シュワル
ツェネッガー)。
人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされる……。

新しいターミネーターは小さく写っている2人。何と分身の術を使える。
シリーズで生き残ってる筈やった未来の指導者ジョン・コナーは、別のシュワちゃんに殺されていた。
そして、未来にできているはずのスカイネットもできておらず、別の組織が出来上がっていた。
その組織に対抗するのがダニーを指導者とする集団。。。て、そんなもんなんぼでも話を作れるやん。
映画は面白かったけど、もう『ターミネーター』は卒業するわ。

お勧め度→★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)