ボンボヤージュ・フランス3

200123-00モンサンミシェル

第3日目(1/23) モンサンミシェル

708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とのお告げ
を受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には
大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る
夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに
至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。
                                      (Wikipediaより)

Mont Saint-Michel=山 聖 ミシェル 聖ミシェルは大天使ミカエルの事やから、大天使ミカエル山か。
この日午前中は移動だけで、モンサンミシェル対岸に着いて昼食。
バスは対岸までで、シャトルバスで橋を渡る。スーツケースは運んでもらえる。

200123-01シャトルバス乗り場200123-02シャトルバス200123-03橋から









左:シャトルバスの乗り場   中:シャトルバス   右:シャトルバスを降りてモンサンミシェルを

200123-04アーチをくぐり200123-05荷物を預け200123-06工事中









左:アーチをくぐり   中:ホテルに荷物を預け   右:メインストリートが工事中

200123-07階段を迂回200123-08200123-09橋









左:工事中なんで迂回路は階段   中:登り切った所からミカエル像   右:登り切った所から橋

200123-10サン・ピエール教会200123-11200123-12









左:サン・ピエール教会(入口にジャンヌダルク像)   中:渡り廊下か?   右:凄い壁

200123-13200123-14200123-15









左:西のテラスからミカエル像   中:同様にガブリエル塔   右:同様にトンブレーヌ島

修道院の中へ入って行きます。

200123-16200123-17200123-18









200123-19ラ・メルヴェイユ200123-20200123-21









200123-22200123-23200123-24滑車









200123-25200123-26200123-27









修道院付属教会(1列目左)があったり、ミカエル像(1列目右)があったり、列柱の美しいラ・メルヴェイユ
(2列目左)の芝はなんで青々としているのかと考えたり、広々とした食堂(2列目中)がある。
大天使ミカエルからお告げを受けるオベールのレリーフ(2列目右)が階段に突然現れたり、監獄として
使われていた時に食事を大車輪(3列目右)を見学して修道院を出た。

200123-28 預けた荷物を受け取ってホテルにチェックイン。
 ラメール・プラールとテラス・プラールに分宿。
 左の看板が掛かっているのがテラス・プラールで我々が泊まった方。
 狭いに違いないという予想が見事に的中。スーツケースの開閉は
 ベッドの上しかない。
 ラメール・プラールの方はそうでもなかったらしい。

 一旦部屋に落ち着いて、T子は休むというので、夕景を撮りに行った。
 今日の1枚がその時のもの。

200123-29夜景 上から2段目の「アーチをくぐり」に赤く写っているのが
 ラメール・プラールで、そこで夕食を摂ってから夜のライトアップ。
 オリオン座がくっきり!周りの星も良く見えた。

 階段の昇降が多かったので、T子が膝痛を訴える。
 お互いに歳を取ったもんやと思う。湿布の準備もしてる。
 準備万端でないと海外では不安?
 パスポートと財布があれば何とかなる!
 って強がりでしかないのかな。。。
                                 つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

モンサンミッシェルの意味
聖ミカエル山 なるほどです。
私も島内で泊まりましたが、夜は閑散としてました。
先生、オムレツ食べました?
もとちゃん、こんばんは
モンブラン=ブラン山、モンマルトル=マルトル山などモンが付いたら
山を疑えってことですかね。
オムレツいただきました。あまり旨いとは思えなかったですが。。。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)