『嘘八百/京町ロワイヤル』

200210嘘八百京町ロワイヤル

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマより)
中井貴一と佐々木蔵之介のW主演で贈る開運お宝コメディ。前作に続き、武正晴が監督として作品を手がける。
大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫(中井貴一)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶
芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)。再会した2人の前に現れたのは、謎めいた着物美人(広末涼子)と、利休の
茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人“古田織部”の幻の茶碗だった。今度は、お宝眠る古都・京都と
堺を股にかけ、世紀の化かし合いが始まる......。

イオンに行く用事があり、ついでに映画でも。。。と、まったく期待せずに見た。
期待せずに見たからか、案外面白かった。
最後の最後まで騙し合いの面白さ、キャストの妙、騙す方も騙される方―いわゆる敵役もええ味出してた。
坂田利夫の怪演ぶりも邪魔にはなってなかった。

お勧め度→★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

泉南イオン
僕も時々、泉南イオン行くので、今まで偶然に先生に会う事ないかなあ
って思ったりしてたけど会えなかったのは、昔とは違う容姿になってたので
気付いてもらえなかった可能性も!自分でも信じたくない禿げおやじですから(T_T)

義清さん、こんばんは
最近は視力が随分落ちて、人の顔も分かり辛い時があり、
人の顔自体見ないようにしてます。
昔の私を探してたら絶対見つからない変貌ぶりです。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)