きのっぴぃの旅行記 ホーム » 大きい旅行 »もう一度イタリア5

もう一度イタリア5  

第5日目(5/21) シエナ~ピエンツァ~モンタルチーノ

160521-01160521-02160521-03メディチ要塞160521-04






シエナ観光は前日のメディチ要塞の所から始まった。
①ドゥオーモ   ②&③メディチ要塞   ④街角

160521-05トレメイ広場160521-06トレメイ館160521-07???160521-08雨の日用市場






160521-09カンポ広場160521-10???160521-11160521-12馬車止め






160521-13ドゥオーモ160521-14 上段①トレメイ広場の聖クリストファー教会
 ②トロメイ館   ③???   ④商人のロッジア
 下段①カンポ広場を通り過ぎ   ②&③???
 ④馬車止め
 ←シエナのドゥオーモと洗礼堂
 どうも???が多くなる。イヤホンガイドがないから
 に違いない。
160521-15カンポ広場160521-16
 ドゥオーモの中は見学せず、カンポ広場へ。
 鐘楼と太陽で遊んでみた。
 カンポ広場で少しだけ自由時間があった。
 菓子の試食をつまんだり、写真を撮ったり、
 トイレに行ったり。。。
 
160521-17パリオの説明 ←写真でパリオ(競馬)祭の説明をする現地ガイドさん。
 =山直(やまだい)ネタ=
 夜に一生懸命に考えたけど、ひとつしか思いつかなかった。
 「Nさん、山直北小学校の正門の前は宇野さんである」
 「よう知ってはりますねぇ。宇野文房具店ねぇ。。。」
 文房具屋さんとは知らなかった。元同僚の実家なんやけど、それは言わずにおいた。

今はパリオの時期とは違うけど、今日はお金持ちがクラシックカーを見せてくれる日だそうです。
と、ガイドさんが言うとったけど。。。
シエナ観光を終えて、次の目的地に向かっているとそのクラシックカーの列に遭遇。
運転も楽やなかろうし、維持費も大変やろうし、ほんま金持ちの道楽やなぁ。。。と思ったことでした。

160521-18160521-19160521-20160521-21160521-22160521-23




クラシックカーとすれちがい、ほんの束の間しか眠れなかった。

次の目的地はピエンツァ

160521-24ピッコローミニ館160521-25160521-26160521-27






160521-28160521-30 ↑①ドゥオーモ(左)とピッコローミニ館
 ②&③ドゥオーモ内部  ④カーパレード関係者?
 ←街の散歩で風景を楽しんだ。
 「大きな美瑛やな。。。」
 「うん。美瑛もまた行きたいね!」

 この日はフリーランチ。
160521-31ピザ屋さん160521-32 再集合場所近くのピザ屋さんにした。
 この旅行中ピザは初めて。
 席に座って注文前にあれこれ話していると、
 右後ろの席から声をかけられた。
 「大阪の方ですか?」
 振り返ると、白人男性と日本人女性。
 東大阪出身で、国際結婚してシアトル在住とか。
160521-33イタリア独楽160521-30 「大阪弁が懐かしくて声をかけました」とのこと。
 その女性の助けを借りて、無事注文完了。
 マルゲリータにグリーンサラダ(特注)にビールと水。
 食べ終わるとちょっと物足りん。そこで店員をつかまえ
 陳列ケースを指差し、1/4サイズを注文。
 食べ終えて、その店員に向かってカメラを見せ、
 「OK?」と聞くと撮ろうとしてくれた。
いやいや、あんたを撮りたいんやから。。。全身でそう言って記念写真。
2号への土産のイタリアン独楽と、街の中でバイオリンを演奏していた女性。

この日の最後の観光場所、モンタルチーノへ移動。  

160521-34シエナのシンボル160521-35モンタルチーノ160521-36城壁から160521-37






160521-38塔から160521-39160521-40試飲160521-43ポポロ広場






上段①シエナのシンボルになっている、双子に乳をあげる狼の像  ②モンタルチーノの城塞  ③&④村の様子
下段①塔から城塞   ②城塞   ③ワインショップ   ④ポポロ広場(集合場所)でフルートを吹く男性

双子に乳をあげ育てる狼はローマのシンボルでもあるそうやけど、何らかの伝説に起因するもの。
「フルート吹いてたおじさんなぁ、燕尾服着てたけどサンダル履いてた。。。」
くっそー!見逃した。

モンタルチーノの城塞に登るにはワインショップでチケットを買う必要がある。2€。
城塞から降りて、ワインショップで有料の試飲があるという。普段ワインとは無縁の生活ながら、有名な
ワインの生産地での試飲。心惹かれて試すことにした。
もちろん添乗員のNさんの通訳付き。何種類飲むか、何を飲むか、って言われてもなんも判らんから、
もっとも安上がりの2種類で試すことにした。9€。
そんなこんなしていると、Nさん以外にツアーの人達は誰もいなくなった。そこで、もうひとつ頼みNさんに
勧めた。
「いいんですかぁ?」
「どうぞどうぞ(お客さん、誰もいーひんし、チャンス!これ逃したら後悔するでぇ)」
レストランで出てくるグラスワインの半分ほどしかなかったが、Nさんによると「ものすごく美味しかった!」
そうや。
我々は2種類の違いはわかったけど、それほど値打ちがあるのかどうかは判らんかった。
2種類はそれぞれ1本買うと、60€くらいで、日本でならもっとするんやろな。。。
日本酒・ビール・ウィスキーならもっと判るんやけどな。
Nさんは「安いの1本買ってしまいました」と、その時だけ悪戯っ子のように報告してくれた。

160521-41160521-42 修行蛙さん
 お土産でっせ! 

 今回はこれだけ。
 モンタルチーノで発見。



                                         つづく・・・


category: 大きい旅行

tb: --   cm: 2

コメント

蛙さん、こんばんは

関東人の貴重な乗り突っ込みありがとうございます(笑)

カラフルなカエルは毒があるのか。。。
そう言われれば、のんきな顔をしてそうかも知れませんねぇ。
気が付きませんでした。
が、お受け取りください。噛み付きませんから(笑笑)

きのっぴぃ #- | URL
2016/06/02 00:28 | edit

どもども、おみやげありがとうございます。
で、いつ受け取りにうかがえば・・ええ?写真だけ?
ちょっとのりつっこみ的な感じにしてみましたが
関東人なのでちょっと今ひとつですね・・・(汗

海外のカエルさんはカラフルですね
カエルがカラフルだと毒ありっぽいですがw
そして、いい景色だこと・・
写真をたくさん見せていただき癒されました~

ピョントル #- | URL
2016/06/01 22:43 | edit

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop