きのっぴぃの旅行記 ホーム » 大きい旅行 »もう一度イタリア7

もう一度イタリア7  

第7日目(5/23) ローマ市内観光

160523-01ローマの休日ローマ郊外のホテルを出発し、現地ガイドさんと待ち合わせの場所を目指す。
途中『ローマの休日』で撮影に使(つこ)た場所やというのでバスから1枚
アン王女が髪をカットして、美容師に誘われ行った川や。
『ローマの休日』ファンとしては見逃すわけにはいかん。
“ローマの休日ツアー”てな企画があったら絶対に参加すんのに。。。
ローマはそれまでの都市と違って、大きかった。交通量も多い。

ナヴォーナ広場

160523-02ナヴォーナ広場160523-03160523-04160523-05






①ナヴォーナ広場とサンタンイェーゼイナゴーネ教会  ②ネプチューンの噴水  ③オベリスク  
④四大河の噴水  
ナヴォーナ広場は細長い広場で、元は競技場やからこんな形になったらしい。
ネプチューンは蛸と格闘中。
ガイドさんに「このオベリスクはエジプトから?」と聞いたら「ローマで作られた物です」とのこと。
四大河はガンジス川・ナイル川・ラプラタ川・ドナウ川という事でした。
あとで調べていると、ダン・ブラウンの小説『天使と悪魔』の、第四の教皇候補者殺人事件が起きた場所やった。
小説も読み、映画も見てるのに全然気が付かんたわけ者や。あ~ぁ。。。

パンテオン

160523-06パンテオン160523-07160523-08160523-09





160523-10160523-11160523-12160523-13





160523-14160523-15 上段①パンテオン正面  ②内部  
 ③ドーム天井  ④水抜き穴
 下段①水抜き穴  ②主祭壇  ③マリア像
 ④ドーム外側から
 ←←遺跡(?)の壁が残っている 
 ←発掘調査中?

パンテオンはローマ神の万神殿であって、キリスト教に変わってもその美しさのために破壊されることはなかった。
初代パンテオンは火事によって消失し、紀元後118年から10年の歳月をかけてハドリアヌス帝が再建したという。
外から見ると、アーチ状に補強しているのがよくわかる。2000年ももつって凄い!

160523-16ビットリオエマニュエーレ2世紀念堂160523-17160523-18160523-19





160523-20パンテオン160523-21160523-22コロッセオ160523-24





160523-25160523-26バチカン市国 上段①ビットリオエマニュエーレ2世紀念堂
 ②向かって右側の銅像
 下段①パンテオン  ③コロッセオ
 ←←カラカラ浴場
 ←バチカン市国(ただいま~!とは別の画像) 
 ビットリオエマニュエーレ2世はイタリアを統一した
 初代国王。
160523-27サンタマリア聖堂160523-28カンピドーリョ広場への階段 中にはたいした展示物もなく「なんで?」
 と思っていたが、屋上からの眺望が絶景!
 遠くバチカン市国まで見えた。
 反対側にはカラカラ浴場やコロッセオも。
 ←←サンタマリア聖堂への長い階段。
 ← カンピドーリョ広場への長い階段

160523-29ローマ三越160523-30160523-31運動具店160523-32レストラン





ローマ三越そばのレストラン前で一旦解散。少しのフリータイム。
時間があまりにも少ないので、どこにも行けない。しかたなく三越を覗いた。
1・2階だけの店舗で、こじんまりの三越やった。休憩所に“真実の口”があり、『ローマの休日』を流してた。
三越とレストランの間の運道具屋で、孫達にストッキング留めを買い、レストランへ。
初めて美味しいイタ飯を食べられた。ツアー仲間もみんな笑顔になっていた。

160523-33ローマ空港その後、ローマ空港→ドバイ空港→関空と無事に帰ってきました。
ドバイでは乗り継ぎ時間にシャワーを浴びて、すっきりできました。


おしまい

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


category: 大きい旅行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop