長崎・佐賀の旅4

第3日目(11/11) ホテル→水族館→有田陶磁美術館→唐津城→波佐見町やきもの公園→ホテル

九十九島水族館海きらら

前日行けなかった水族館へ行ってみた。イルカのショーは10時からあるらしいが、あまり興味はない。
イルカ応援団の人らしいおばちゃんが2人いて、水槽のガラス越しに名前を呼んでいた。

201111-01ミノカサゴ 201111-02ハタ1m80?

左はミノカサゴ。正面から撮ったのは初めてかも。右はハタで1m80㎝もある大物。

201111-03シマフグ 201111-04クラゲ

左はシマフグで初めて見た。右は有毒のクラゲ。名前をメモすんの忘れた。

有田陶磁美術館
201111-05有田陶磁美術館

まず香蘭社の駐車場に停めて、T子のパルラー魂を満足させてから、有田陶磁美術館へ行く。
そこで気付いた。有田焼のように繊細に描いた磁器は嫌いやった事を。。。1枚も写真撮ってない。

201111-06ドンバイ塀

トンバイ塀=登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンバイ)の廃材や使い捨ての窯道具を赤土で塗り固め作った塀。
廃材を使(つこ)た塀ながらなかなか趣がある。

唐津城
201111-07唐津城

丘の上やなぁ。。。と内部の見学まではせず、福知山と同様の状態。次からは城を外す?
もう1ヶ所、旧なんたら銀行の建物は車から見ただけで、「もうええか。。。」とスルー。

波佐見町やきもの公園

若手の陶芸家が新しい感覚で作陶しているという波佐見焼を見るために、同じ道を帰った。

201111-08波佐見焼 201111-09んっ!?

左の奥の方にある鉢を3個買(こ)うた。軽いし使い勝手が良い。右を見て「んっ?」って思い、周りを見た。

 201111-10再会! 201111-11絵付け

「やっぱり!」2月にパラオで買(こ)うたんは波佐見焼やったんかぁ。T子にその事を告げると、
「え~!840円!2500円くらいで買(こ)うたのにぃ。。。ショックやわ、悔し~!」
右の絵付けをしてる人はロボットで、実際に絵付けをしてる訳やない。

201111-12世界の窯 201111-13

本当の「やきもの公園」はこちら。世界の窯を再現している。

嬉野温泉街散策

チェックインし、荷物を部屋に置いたらすぐに町ブラ。理由は地域共通クーポンを使うため。
ホテル御用達のお茶屋さんを聞いて出かける。土産は嬉野茶と決めていた。

201111-15元湯 201111-16豊玉姫神社

左は源泉。右は豊玉姫神社があったので立ち寄った。
お茶屋さんはすぐ見つかり、1500円のを2袋と1000円のを1袋買い、2軒目のお茶屋さんへ向かう。
2軒目のお茶屋さんは閉まっていた。飲み比べしたいからホテルで買うか。で同じ料金のお茶を購入。

うれしの元湯

201111-14郵便局が隣 201111-17上がり框

うれしの元湯』は嬉野郵便局と隣接していた。T子が、「朝一人で行って来るわ」やて。ラッキー!
嬉野で宿を探していた時、この宿の特別室しか空いてなかったのでGo-Toやしええかと取った。
上がり框を広く取り過ぎで、履物を履いたままドアを開けられる場所が少ない。設計ミスやな。

201111-18十二畳和室 201111-19三畳和室&ベッドルーム

左は上がり框から進んでの12畳の和室。右は12畳和室の左の3畳の部屋とベッドルーム。

201111-20右は? 201111-21二人用洗面台

そして右側に何があるかと覗くと、2人が同時に使える洗面台。

201111-22檜風呂 201111-23夕食

洗面台のその奥には大きな檜風呂。大浴場にも行ったが、今回の旅行でこの檜風呂が一番良かった。
夕食に釜飯で松茸ご飯が出てテンション上がりまくり。今シーズン初の松茸は国産じゃなかろうがいい香り。
もっと色々料理も出たが、撮り忘れてしもた。
                                        つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)