伊豆の旅4

第4日目(12/16) 修善寺→河口湖→富士吉田市内で昼食→浅間神社→河口湖→アウトレット

201216-01ハーヴェスト天城高原

クリスマスイヴにもかかわらず、旅行記を。3泊した
ハーヴェスト天城高原』ともこの日でお別れ。

修善寺 まだ残っていた紅葉の写真からどうぞ。

201216-02修善寺散策 201216-03

201216-04 201216-05

201216-06 201216-07

201216-08竹の小径

“竹の小径”は桂川沿いに整備され、歩いていて気持ちが良い。天気の良さが更に気持ち良くさせる。

201216-09独鈷の湯

“独鈷の湯”は修善寺温泉の始まりで、弘法大師が独鈷杵(とっこしょ・仏具)で岩を打ったところ
霊泉を湧き出させたという伝説が残る。それにしても弘法大師の行動範囲は広いなぁ。。。

201216-10修禅寺

町は修善寺であるが、寺は修寺。807年弘法大師が開創したとされる。

201216-11鐘楼

鐘楼。開祖の真言宗から臨済宗へ、そして現在は曹洞宗へと移り変わっている。

201216-12本堂

本堂の前にお坊さんが二人。あとでもう一人加わって、何やら話し込んでる。

201216-13日枝神社

日枝神社。寺の境内に神社。。。を撮って見学を終え、外に出た時三人のお坊さんが

201216-14托鉢

托鉢を始めた。町の気付いた人は家を飛び出してくる。初の経験やったが、我々も喜捨させて頂いた。
「托鉢は不定期の事で、会われたのはラッキーですね」と添乗員さんから言われた。

201216-15頼家の墓

“頼家の墓”て書いてるけど、頼家て誰よ?と言いながら行ってみると、鎌倉幕府の2代将軍やった。
流刑にされてその上に暗殺されるなんて、韓流時代劇みたいやなぁ。。。

201216-16十三士の墓

頼家の家臣の十三士は、主君の無念を晴らそうと企てたが、事前に発覚し打ち取られた。

201216-17指月殿

頼家の冥福を祈って母政子が修禅寺に寄進した経堂で、伊豆最古の木造建築物といわれている。
爺さんが孫を殺すなんてねぇ。。。権力がそんなに魅力的なんかねえ。。。
持ち物はないはずの釈迦像が右手にハスの花を持っている。

浅間(せんげん)神社
201216-18浅間神社

お昼を食べてからの見学。お昼のほうとう定食は写真の取り忘れ。『浅間茶屋』のHPででも。

201216-19千年杉

正式名称は北口本宮冨士浅間神社というらしい。富士山を御神体として崇める。千年杉。

201216-20拝殿

木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祭神。安産・火防・富士山の女神。拝殿。

201216-21神楽殿

木花開耶姫命の夫である彦火瓊瓊杵尊(ひこほのににぎのみこと)も祭神とされている。神楽殿。

河口湖
201216-22河口湖と富士

前に河口湖を訪れた時は、湖の反対側やったから新鮮な気持ち。

201218クリスマスピーチ

近くの店で買(こ)うた冬桃。別名クリスマスピーチ!やっとクリスマスらしくなったぁ。←なってないか。
実が固くてしっかり歯応えがあるし、味は桃。売ってるお兄ちゃんがそう言った時、顔を見合わせて
同時に「中国で食べたあの桃!」と言って買(こ)うた。
旅行の最後の晩に、レストランでナイフを借りて美味しくいただいた事でした。

御殿場アウトレット
201216-23御殿場アウトレット

3つのエリアがあって、T子の行きたい店だけに絞ってついて歩いた。店の絞り込みは事前にしてある。
2つの店で人数制限のため行列ができていた。並ぶんかいな?と思っていたらスルーしてくれた。
Abercrombie & Fitchで孫'sにパーカーとポロシャツを土産に買い、滞在が3~6時で自由夕食も摂れって
早すぎて食えんやろとFauchonでパンを多目に買い、休憩しようとフードコートへ座りに行った。

T子、ガパオライスに興味があって「食べてええ?」ええに決まってるやろ!
私はビールだけいただきました。帰りのバスを止めそうになったけど辛抱できました。   つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)