きのっぴぃの旅行記 ホーム » 大きい旅行 »スイスアルプス7

スイスアルプス7  

第7日(7/20)後半 クライネシャイデック~ユングフラウヨッホ~ウエンゲン

160720-23登山電車160720-24アイガー北壁 クライネシャイデックで昼食のあと
 ユングフラウ登山列車に乗る。
 ここからのガイドは光歩君。
 彼によると登山列車の料金はなんと
 2万円やと言うてた。ひぇ~!
 アイガー・メンヒをぶち抜きユング
 フラウヨッホまでのルート。
 途中駅でアイガー北壁を見る→ 

160720-25日本の郵便ポスト ユングフラウヨッホは3454mのヨーロッパ最高地点にある駅。
 途中駅2つで各5分間停車。
 ←長野市と姉妹都市で日本の赤いポストが置かれている。
 もちろん現役で、投函すると届く。スイスのポストは黄色。
 ここを再集合地点に決め、スフィンクス展望台(3571m)へ。
 エレベーターはめちゃ混み。1台故障中。
 乗り場近くはユングフラウの3Dパノラマが映写されているが、
 見ていると酔いそうになる。

160720-26スフィンクス展望台160720-27アレッチ氷河 スフィンクス展望台からの眺望。
 近くで見るユングフラウの迫力!
 アレッチ氷河は世界遺産→
 アルプス最大の24kmもある。
 記念写真を撮った後そそくさと
 次へ移動。
 


160720-28160720-29 ぅ~ん。。。
 このふたつの展示物とは趣味が合
 わんわぁ。。。
 ←スイスの小さな夢物語
 鉄道設計者のアドルフ・グイヤー・
 ツェラーの像→



160720-30アイスパレス160720-31 アイスパレス(氷の宮殿)は
 滑りやすい。
 氷の彫刻もあったがカメラを向ける
 気も起こらない。





160720-32160720-33プラトー 雪原に出ることができる。
 が、出口にこの標識(←)
 「クレバスに落ちるな!」
 ってことか。
 雪は湿っていて滑りやすかった。




160720-34午後の光160720-35まだ歩く ←午前中のアイガー・メンヒは光
 の加減が悪かったので撮り直し。
 丁度電車が通ってくれたので、いい
 写真になった。
 
 クライネシャイデックに戻り、
 「まだ歩きたい人はいますか?」
 添乗員の呼びかけに1組の夫婦が
 手を上げた→
ウエンゲンへの電車で外を見ていると、歩いてる姿を発見。
帰国してから写真を送ったことでした。
                              最終章へつづく・・・



category: 大きい旅行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop