きのっぴぃの旅行記 ホーム » 大きい旅行 »青森・岩手の旅1

青森・岩手の旅1  

そもそもの始まりは、JALのマイレージポイントが有効期限を迎えるというメールやった。
「どうするぅ?どっか行く?」
「そやなぁ。。。東北なんかどう?」
「8月2日に診察があるよって、3日からでええ?」
「ええよ」
行きは予定通り特典航空券を取れたんですが、帰りは満席で1日遅らせて結局5泊6日になってもた。ところが、
「1泊目の青森が宿もホテルも取られへん。どっこも一杯や。。。」
「あっ!その頃ねぶた祭ちゃう?」
楽天トラベルで丁寧に探してみると、少し離れた宿でねぶた祭に送迎付き・観覧席付きのが見つかった。
折角やしねぶた祭も見たいからと、その宿に決めた。

第1日目(8/3) ねぶた祭

青森空港でレンタカーを借り(予約済み)、真っ直ぐ宿を目指す。
上北さくら温泉。日帰り温泉に宿泊部屋を付けたような。。。アメニティも袋入り。。。まっええか。。。
4時に宿を出発し、5時頃会場に着いた。
桟敷席と椅子席があり、「桟敷席はいややなぁ。。。」と思っていたら椅子席やった。ラッキー!

160803-01桟敷席160803-02売り子160803-03スタンバイ







①窮屈そうな桟敷席  ②鈴とタオルを売る売り子  ③スタンバイ
高校生のアルバイトやろか、売り子はいっぱいいた。全員同じ物を売っていた。
車もぶんぶん走っている。祭の始まりは7時、終了は9時で、2時間だけの祭。

160803-04160803-05160803-06








160803-07160803-08160803-09








160803-10太鼓160803-11鉦160803-12笛







山車灯籠は大小様々あって、企業も出してはる。練り歩くのを歩道から見る。信号も消えた。
囃子は太鼓・鉦・横笛だけで、笛の旋律はみんな同じ。突然うしろから笛の音が聞こえる。
振り返って見ると、店を出しているおじさんが吹いていた。
見ている人達に鈴を配る団体や、団扇を配る団体もあった。
同宿の小学生(4年女子)は、あとで数えると28個も鈴をもらっていた。
T子は学生時代に妹とねぶた祭に来ているが、「はねとが踊ってないし、踊っても時間短い!」
と怒りながらも鈴を7~8個もらっていた。

さあ、山車灯籠のパレードをご覧ください。丹精込めて作られた物です。是非拡大してご覧ください。
画像クリックで1000×750の画像が別窓で開きます。

160803-13160803-14160803-15








160803-16160803-17160803-18








160803-19160803-20160803-21








160803-22160803-23160803-24








160803-25160803-26160803-27








160803-28160803-29160803-30








160803-31160803-32160803-33








祭が終わる9時少し前に会場を離れ、帰途につき、風呂に入って寝たことでした。
                                                                                             つづく・・・



category: 大きい旅行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop