高野山へ納骨

160819-1恵光院本堂昨年末に亡くなった義母の納骨のため高野山へ行って来た。
菩提寺である『恵光院』は宿坊が儲かるのか、トイレが新しくなっていた。
今日も何組か外人さんの泊り客を見た。
世界遺産になってからは、外人の宿泊客を見ない日がない。

10時半になって、本堂で読経してもらい、お骨を預ける。
このお骨は来年の年末まで恵光院で供養されたあと、奥の院へ納骨
される。

160819-2中の橋より墓所に移動。
中の橋駐車場から3~400mの所に墓があり、再び読経。
上記のとは別のお骨を墓に納める。

「高野山も暑いですよ~」と坊さんが言ってたが、28度くらいやった。
こんなんは暑いて言わへんね!

T子の妹・弟、家の娘・息子と娘の子達(1号・2号)が集まったけど
1号・2号に言うといた。
「この墓と尾崎の墓を守るんは、お前らやで。。。
  お前らはどっちの墓でも入れるから、将来選びや。。。」
「ママはパリのセーヌ川にでも撒いてくれたらええから。。。」
「あら?ハワイやと思てたわ」
「あっ!ハワイなーそれがええなー!」

義母の納骨をした今日は、義父の命日でもありました。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)