『ハドソン川の奇跡』

ハドソン川の奇跡

 公式サイト→★★★

ヒーローでしかない機長と副操縦士、乗客乗員155人の無事生還。
しかし、ある日コンピュータのシミュレーションでは空港に着陸できた。
そして、公聴会では人間によるシミュレーション飛行でも空港に着陸できた。
彼のハドソン川への着水は無謀だったのか?
離陸直後にバードストライクによって、両エンジンが停止してしまったエンジンの回復を図ったがダメ。
管制官は空港へ引き返すよう指示するが、機長は不可だと判断しハドソン川へ。

【ネタばらし】
コンピュータと人によるシミュレーション飛行はバードストライクがあった直後に空港へ向かっている。
しかも人によるシミュレーションは17回も試している。
35秒の空白があったのち、空港に戻るという設定では失敗する。

こうして機長は真のヒーローになったかというと、機長は言う。
「155人の乗客乗員の協力、管制官、駆けつけてくれたフェリー、湾岸警察の潜水士などみんながヒーローです」

お勧め度 ★★★★★


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)