きのっぴぃの旅行記 ホーム » なんやかや »和歌山日赤

和歌山日赤  

今日は日本vsイラクの試合を見ていて更新が遅れました。
アディッショナルタイムに山口蛍が決勝点を挙げたシーンでは不覚にも涙ぐんでしまいました。

161006和歌山日赤昼前に家を出て、弟を拾い和歌山の日赤病院へ行ってきた。
12時30分の予約で抗がん剤の点滴と放射線科にも呼ばれているらしい。
半日潰れるなぁ。。。弟を降ろして、イオンの本屋で時間潰し。
また日赤病院へ戻った時に、今日のブログは何を書くかな。。。と1枚。
スマホのカメラで撮りました。

初めてこの病院へ来たのは20数年前。親父が入院した時やった。
親父もがんで本人は知らんかった。気付いてはいたと思うけど。
検査入院→放射線治療(この時点で気付いたと思う)→抗がん剤。
一度退院して次に入院した時は、家には帰れんことを覚悟してたんやろ。。。
死ぬ前の日に、担当医に向かって言うたそうや。
「先生、お世話になりました。今晩を越せそうにないですわ」
その通りになってもた。

病院の周りには葬祭殿が異様に多い4・5軒ある。右手に写る白い建物もそのひとつ。
病院から直行か? 親父の時にはそう感じた。

娘が通った和歌山大学教育学部附属中学校もこのすぐ近くにあった。
1号の通った附属小学校や現在の附属中学校は和歌山大学の跡地に移転した。


category: なんやかや

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop