『疾風のロンド』

161208疾風ロンド

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう
脅迫メールが届く。残された時間は4日間、主任研究員の栗林和幸(阿部寛)はひそかに兵器を探索する
という任務を依頼されるも、手掛かりはゼロ。そんな折、犯人死亡というまさかの事態に呆然としながらも
大惨事を回避すべく、犯人の遺品をヒントに国内屈指の規模を誇るスキー場へと向かう。

東野圭吾原作の映画は久しぶりやった。彼の映画らしくなく、完全に喜劇に仕立てている。
ストーリー展開に関わらず笑えた。ただし、東京の笑い。
大島優子のボードはなかなか大したもんやった。大島優子ファンは必見。

お勧め度 ★★★☆☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)