『パトリオット・デイ』

パトリオット・デイ


 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を
受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。
街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、
捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、
黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

まだ記憶に新しい実録を映画にしたもので、加害者・被害者・被害者を助け加害者を追う警察を描く。
見終わって、テロというのは不毛で何も生み出さないと改めて思った。
娘が学生時代に、1ヶ月の短期留学をしたボストンが舞台だけに興味を持って見たが、町の様子はよう
判らんかった。

お勧め度 ★★★★☆


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)