きのっぴぃの旅行記 ホーム » ちょっと旅行 »孫に連れられカンボジア3

孫に連れられカンボジア3  

第2日目(8/22)午前 アンコール・トム

今回の旅行は1日分をまとめるのは無理なので、半日あるいは観光した遺跡ごとの
記事を書いていこうと思います。

最初の遺跡はアンコール・トム。アンコール・ワットの4倍の面積を持つ遺跡。
アンコールはクメール語で、「王都」の意味があり、トムは「大きい」の意。つまり「大きい王都」。
ちなみにアンコール・ワットのワットは「寺」で「王都の寺」の意。
アンコール・トムはジャヤバルマン7世よって12世紀末から13世紀初めに造営された都城遺跡。

170822-008アンコールトム170822-009南大門と参道170822-010欄干








アンコール・トムの南大門への参道で、環濠を渡る。
左:参道の最初はナーガ(コブラ)で始まるが、この写真は判りづらい。スンマセン。。。
中:ナーガを引っ張る阿修羅  右:ナーガを引っ張る神々(ナーガの胴体が崩れてなくなっている)

170822-011170822-012南大門内側170822-013








南大門の外側(左)と内側(中)どちらも門の下には象が彫られ、上には四方に仏面。
3年前の写真と見比べたら、「天気がええな~!象に乗った観光客がいたな~、あっきれいに
なってる」お顔のコケがきれいに取られていた。3年前の写真はココ→★★★
右の写真はアンコール・トムの中心にあるバイヨン寺院が見えてきた。

170822-014涅槃像170822-015ガイド・チェン氏170822-016中国の傭兵








初めは仏教寺院として造られたが、後になってヒンドゥー教の寺院に改装された。
ガイドのチェンさんの解説によると、「仏教寺院は平らでヒンドゥー寺院は高くなってるね~」
涅槃像(左)を横目に見て、バイヨン寺院へ入場。チェンさんが熱心に解説(中)してくれるが、
孫達の頭にどれほどのものが残ったやろか?
第1回廊のレリーフでクメール軍の行進(中)と中国人の傭兵軍(右)
中国人傭兵は服を着ていてあごひげがあることやそうな。

170822-017クメール軍170822-018170822-019








左:クメール軍の行進。クメール軍は裸に褌で、耳が大きいのが特徴。
中:戦闘開始?象や水牛なども闘いに繰り出される。
右:1号(右)と2号(左) 顔が写ってないからOKやろ。。。

170822-020庶民の暮らし170822-021踊る女神170822-022人喰いワニ








庶民の暮らしぶりもレリーフになり(左)、私のお気に入りのアサプラ像のレリーフもあちこちに(中)、
闘いで川にはまりワニに食われる兵士(右)のレリーフ。

170822-023チャンパ軍vsクメール軍170822-024三連観音170822-025中央祠堂








チャンパ軍とクメール軍の闘いのレリーフ(左)で、チャンパ軍は帽子様のものを被る。
第2回廊へ行くと、1本の塔に4面の観世音菩薩像。「ここが写真ポイント」と教えてもろて
撮ったのが左。三連観世音菩薩か。1番奥には京唄子師匠がいる。
右は中央祠堂。もっとも背が高い塔。

170822-026170822-027京唄子170822-028仏陀像








チェンさんは京唄子を知らないようで、日本人に付くガイドは先輩ガイドから教えてもらう
ってのは嘘か?3年前は確かそう言うてたのに。。。
唄子師匠を撮りに行こうとすると「この観音様が人気一番よ!」と教えられたのが左の1枚。
私ぁやっぱり唄子師匠にすると言って撮ったのが中の1枚。
第2回廊から降りようとした所に、仏陀像(右)。

170822-029170822-030170822-031バプーオン寺院








バイヨン寺院を北側に抜け(左)、経堂かな?(中)を横に見て、パオウーオン寺院はシバ神を祀る。
前回も今回も立ち寄らず。。。

170822-032象のテラス170822-033170822-034








全長300mを超える象のテラス(左)と象(中)。反対側にはクリアン(右)が見える。

170822-035ガルーダ170822-036ライ王のテラス 今まで象のレリーフやったんが
 ガルーダに変わった。
 ここはライ王のテラス。
 ライ病を患っていたとの説。

 前回はテラスの上を歩いたが
 今回はずっと下を歩く。
 「なんでだろ~なんでだろ~」 

これでアンコール・トムの見学は終わり、昼食へ。

170822-037170822-038美味しい昼食170822-039








もちのろんで昼ビール。カンボジア名物アモックは中の写真の左に写っているシュウマイ様のん。
ご飯を皿に盛り、おかずをその周りに取って食べるスタイル。焼きそばや揚げ春巻、野菜炒めに
辛くないカレースープなどがあり、カレー以外はみんな美味。

午後のタ・プロームにつづく・・・


category: ちょっと旅行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop