四国3/4周の旅2

171107-01南はりまや郵便局第2日目(11/7) 高知→安居渓谷→足摺岬

午前中はベタな高知市内観光の予定。T子は来たことがあるが、
私ぁ初高知。先ずは宿から程近いはりまや橋へ。
ファミマに車を止め、お茶を買い、郵便局を教えてもらう。
「一方通行なんかでややこしいから、車置いて行った方がいいよ」
とのありがた~い忠告に甘えさせていただきました。
郵便局2軒とはりまや橋観光まで置かせてもらいました。

171107-02突然動き出す171107-03オールスター 2軒目の郵便局を出てぶらついてい
 ると、突然賑やかな音がする。
 仰ぎ見るとからくり時計。
 ←普段の状態の時計
   オールスター出場後の時計→
 始めに上の高知城が出て、次に下の
 よさこい、左に坂本龍馬、最後に
 坊さんかんざし。5分以上見てた。

171107-04歌碑171107-05木造アーケード ←“南国土佐を後にして”の歌碑
 小さ目の鯨が川を泳ぎ添えられて
 いた。
   木造のアーケードが珍しい→
 はりまや橋商店街のアーケードで
 平成9年に作られたそうな。



171107-06はりまや橋171110-07チンチン電車 ←はりまや橋
 播磨屋という豪商が私道として
 作ったらしい。
 一商人の名が地名として残る
 くらいやから、とんでもない豪商
 やったに違いない。

   チンチン電車→

171110-08龍馬郵便局171110-09龍馬肖像 ←次に向かったのは、龍馬郵便局
 人名が郵便局の名前になっている
 唯一の郵便局。
 野口英世の里郵便局っていうのも
 あるらしいが、「の里」っていう
 のが地名になってしまうんやろな。
 ここはパルラーのT子に協力せな。
   局内には龍馬の肖像有り→

171110-10生まれた町記念館171110-11 ←『龍馬の生まれた町記念館
 行ってはみたが「ふ~む?」しか
 感想が出て来ない。
 ざっと見て次へ移動するしかなか
 った。

   展示物→


171110-12坂本龍馬像171110-13龍馬に大接近 次に向かったのは桂浜。
 ベタ過ぎるぅ。。。
 ←坂本龍馬像 デカイ!
 想像していた倍以上の大きさ。
 台座も合わせると13.3mの高さ。

   龍馬に大接近→
 100円払って隣の櫓に登った。 

171110-14つわぶき171110-15桂浜 ←桂浜へ降りる道につわぶき
   桂浜→

 きれいに整備された浜やけど、
 遊泳禁止の浜には興味がない。
 一応歩いたが1/3程度。



171110-16かね春171110-17ヤスイガタルト ←昼は鰻と思っていたがこの有様
 『せっかくグルメ』という番組で
 紹介された『かね春』は超満員。
 待ち時間は2時間強だという。
 そんなに待てない。
   『ヤサイ・ガ・タルト』→
 かね春の向かいのお店。
 かね春が駄目ならこの店と
 決めていた。
171110-18店内171110-19イートイン
 ←店内      食べた物→
 ここも『せっかくグルメ』で紹介
 されていた。
 パイもタルトも美味しかった。

 さて、この日の観光のメイン、
 安居渓谷に向かうとしよう。


安居渓谷は仁淀川の渓谷で、仁淀ブルーと呼ばれるほど川の水がきれいな所。
その様子を写真の羅列で。

171110-20安居渓谷171110-21171110-22








171110-23仁淀ブルー171110-24171110-25








171110-26171110-27171110-28








ほんまにきれいな川やった!
このあと、足摺岬の足摺サニーサイドホテルまで一路車を走らせて、到着はまたしても7時前になった。
温泉なのにまず風呂ではなく、先ずご飯は3日目も続くことになろうとは。。。

                                         つづく・・・


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

からくり時計は、高知ならではのオリジナリティあり、いいですね!

ちんちん電車や龍馬郵便局もいい✨

安居渓谷は、コバルトブルーの水流と紅葉、緑のコラボレーションが素晴らしいです👏

楽しんでます。
Keikoさん、こんばんは
訪問&コメントありがとうございます!
画像はクリックしていただきますと、1000×750の拡大画像が見られます。

からくり時計は“南国土佐を後にして”もメロディーに入ってました。
のんびり7分間くらい見てました。

楽しんでくれて幸いですが、もっと幸いなのはfacebookで繋がり
ブログにも訪問してくれる、コメントもくれる嬉しさです。
あなたが高校生の頃にはこんな未来があるなんて考えもしなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)