四国3/4周の旅5

171110-02大塚美術館第5日目(11/10)最終日 鳴門→自宅

大塚国際美術館
鳴門と言えば大塚国際美術館は外せない。
世界の名画や環境展示といって、システィーナ礼拝堂をそっくり
そのまま展示してたり、見どころ満載!
そこで、絵画と環境展示を分けて掲載することにした。
絵画は「続きを読む・・・」で。

171110-03システィーナ礼拝堂171110-04171110-05








システィーナ礼拝堂の天井画の一部を床に降ろしているのが面白かった。
本当のイタリアにあるシスティーナ礼拝堂では考えられないことや。
来年の初旅で、イタリアへ行くことになってるが、本物のシスティーナはどやろ?

171110-07聖マルタン聖堂171110-08聖ニコラオス・オルファノス聖堂171110-14スクロヴェーニ礼拝堂








 聖マルタン聖堂          聖二コラオス・オルファノス聖堂   スクロヴェーニ礼拝堂

171110-15聖テオドール聖堂171110-26171110-28大祭壇衝立








 聖テオドール聖堂         システィーナ礼拝堂(2階から)   祭壇衝立復元/エル・グレコ

お昼も美術館内のレストランでいただき、歩き回って疲れてシスティーナ礼拝堂にある椅子に
腰掛けて休んでいた時、学芸員の方がガイドする声が聞こえてきた。
阪急トラピックスのツアーご一行を案内していた。天井を指差し、
「あれがノアの箱舟、そしてあれがアダムとイヴの絵です」
そして、正面の“最後の審判”を指差し、
「中心がキリスト、聖母マリアも描かれています。向かって左が天国へ、右が地獄へとなっていて、
右の皮膚だけになってしまってる人物はミケランジェロ自身です」
ガイドされるていうのも時には必要やなってことで撮った3枚。

171110-44171110-45171110-46








 ノアの箱舟             アダムとイブ           最後の審判

171110-47鯛つり171110-48ラッキョの花171110-49鳴門金時芋








171110-50優勝!ホテルへ戻って、残ってる特典に参加。
釣り堀体験で、鯛を2枚釣り上げたT子はご満悦(上左)。
買うのは2500円ということでリリース。
最後の特典は鳴門金時の芋掘り体験。
ラッキョウ畑(上中)の横を通り、芋畑へ行く。
一人50cmくらいの畝を与えられ、掘り始めたら(上右)3本位づつ。
芋掘りの選手権があり、重い芋を掘り上げた人が優勝というので、
一番罪のない結果に終わった→
優勝賞品は鳴門金時芋1.5kg(笑)

171110-51大鳴門橋171110-52走行距離 さて、帰るとするか。
 帰りはフェリーでなく道路で。
 道は混んでいたけど、7時前に
 家に着き、近くの居酒屋さん
 『粋込』で打上げしましたとさ。

 今回の走行距離1305.1km→


ハワイ島でスピード違反で捕まった時、T子の態度が冷たかったので、今回の旅行から
運転料を請求することに。1泊につき5000円。今回何かで捕まった時に支払う資金です。
そして、何もなかったので1泊につき4000円を返却しました。
気分良くドライブができました。
                                おしまい

今日は和歌山デイですので、もうすぐ出発します。
なので、絵画の方の解説は帰ってきてからに。日にちが変わっているかも。。。
171110-06171110-09平山郁夫171110-10ゴッホ








特別展もやっていたようで、通路に日本画を展示していたし、平山郁夫のコーナーやゴッホと浮世絵の
関わりにも言及してたようなしてなかったような。。。メガネを持っておらず、解説は一切読んでない。

171110-11風神・雷神171110-12171110-13平山郁夫








 風神雷神             誰の何やったかなぁ。。。     平山郁夫のなんか。。。

171110-16171110-17ヴィーナスの誕生171110-18春








 ???              ヴィーナスの誕生/ボッティチェッリ  春/ボッティチェッリ

171110-19バベルの塔171110-20雪中の狩人171110-25夜警








 バベルの塔/ブリューゲル      雪中の狩人/ブリューゲル      夜警/レンブラント

171110-21修復前171110-22修復後171110-23モナリザ








 最後の晩餐修復前(左)と修復後(右)/ダヴィンチ           モナ・リザ/ダヴィンチ

171110-24171110-29思春期171110-30叫び








 洗礼者聖ヨハネ/ダヴィンチ     思春期/ムンク           叫び/ムンク

171110-31接吻171110-32エデンの園171110-33オフィーリア








 接吻/クリムト           エデンの園/リビエール       オフィーリア/J・E・ミレー

171110-34ゴッホ171110-35ヒマワリ171110-39黒い絵








 ゴッホのコーナー         幻のヒマワリ/ゴッホ         黒い絵/ゴヤ

171110-36裸のマハ171110-37着衣のマハ171110-40ゲルニカ








 裸のマハ/ゴヤ           着衣のマハ/ゴヤ          ゲルニカ/ピカソ
 

171110-41真珠の耳飾りの少女171110-42デルフトの眺望171110-43牛乳を注ぐ女








 真珠の耳飾りの少女/フェルメール  デルフトの眺望/フェルメール    牛乳を注ぐ女/フェルメール

この中で、初めて大塚美術館を訪れた際に『エデンの園』に惹かれた。
割と好きなクリムトの『接吻』を見ていて、その反対側に振り向いたら『エデンの園』があった。
好きな絵はいっぱいあるが、それらは知っている絵であって何らかの機会に見ていた。
初めて見る絵の中で『エデンの園』に惹かれてしもたわけや。
ネットが今ほど発達していない頃で(今でも有名でない)、情報が得られない。
この作者のリビエールとは何者や? 図録にも載ってない丸で情報のないことやった。
それで、この作品を選んだ千足教授に恥ずかしげもなく手紙を出したこともある。
丁寧な返事を頂き、恐縮したもんや。
元絵はイギリスのギルドホールにあることや、この絵を選んだ理由など書かれていて
ほんまに恐縮の極みやった。。。

長いこと展覧会なんか行ってないなぁ。。。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

鳴門の大塚国際美術館、すばらしいですね💎

システィーナ礼拝堂なとの天井画、一面に描かれた壁画。。賛美とため息が出ました。🌸

ノアの箱舟、アダムとイブ、平山郁夫から、風神雷神、ダヴィンチやゴッホ、フェルメールなど、世界の有名な絵を一挙に観れるんですね。。

地上の楽園、いい感じですね✌

鯛を2匹釣った、奥様もご登場😄

いつも車での旅なのですね。

交通違反の担保に、一泊5千円の運転代は、いいアイデアですね。

しかも無違反だと、4千円返金するという謙虚さ。。✨

楽しく見応えのある旅行記です🎆

本にすると、売れそうですよ。絶対買います😃

先ほどのコメントで、
地上の楽園ではなく、エデンの園の間違いでした。。😅
むろさん、おはようございます
大塚美術館、いいでしょ。3240円という入館料は日本一!
3回目の訪問ですが、今回は障害者手帳のおかげで2人とも半額。
システィーナ礼拝堂は次の旅行の下見になって良かったです。

「エデンの園」いい感じでしょう!
作者名を見ても「誰やこいつ。。。」と思うほど知らない人で
これを選んだ先生が言うには
「どうしても入れたかった」そうです。
鳴門の、大塚国際美術館。。3240円でも行く価値が絶対有り‼

いつか必ず行って、何時間でも留まっていたいくらいです✨

先生は、3回も行かれているのですね🎵
むろさん、こんばんは
初めて行った時は、欲張って他も観光したけど
2回目は大塚美術館だけにしました。
それでもじっくり見れたのは少しやったような。。。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)