ちょっとベトナム中部2

第2日目(3/25)午前 古都フエ観光

午前中はフエ観光で、午後から夜にかけてホイアン観光と盛り沢山の1日なので、分けて記事アップ。

阮朝王宮

阮(グエン)朝王宮はベトナム最後の王朝で、当初歴代皇帝は中国を君主としていたが、1887年以降は
フランス植民地時代が幕あけし、西洋スタイルの建築様式も取り入れられるようになった。
ここでガイドさんが言うた言葉が印象的やった。
「日本も漢字を取り入れているけど日本は日本でしょ。ベトナムも同じです。」
ここまではガイドさんに不満はなかったけど、この後はアラが目立ったのでチップも渡さず。

180325-01阮朝王宮180325-02大砲180325-03午門








左:王宮外壁の門    中:門を入ると大砲が4門(反対側に5門)   右:午門(正門)

180325-04180325-05180325-06屋根に龍








左:日本でいう櫓か   中:宮殿の始まり   右:屋根に龍(中国の影響で王の象徴)

180325-07180325-08中庭?180325-09








左:宮殿に入ると   中:中には何もない(ベトナム戦争で焼けた)   右:回廊の反対側も

180325-10回廊180325-11180325-12ジオラマ








左:回廊   中:回廊の天井   右:ジオラマ(本当はこんな感じやったらしい)

180325-13仏様180325-14土産物180325-15柱にも龍








左:仏様の絵   中:と思ったら売り物の絵やった   右:柱にも龍が(5本爪の龍)

180325-16装飾のある門180325-17遠足?180325-18








左:入ったのとは別の門   中:アオザイを着た小学生?   右:門を外から(装飾が美しい)

180325-19シクロ体験 王宮を後にして、シクロの乗車体験。
 どこをどう走っているのか判らんけど、風が気持ちいい!
 写真の道は時々バイクと擦れ違うだけやけど、一般車道も走る。
 自動車やバイクと一緒に走るのは怖かった。

 料金とチップは払ってあるということやったけど、ツアー仲間で
 チップを請求され払った人がいた。
 ガイドさんの言うことを聞いてなかったようや。


ティエンムー寺院

180325-20ティエンムー寺180325-21七層の塔180325-22








左:フォーン川に面した階段を登る   中:慈仁塔(トゥニャン塔-七層の塔)   右:境内

180325-23置き鐘180325-24本堂180325-25本堂から振り返る








左:今は使われていない釣り鐘   中:大雄殿(ダイフン殿・本堂)   右:本堂から振り返る

180325-26本堂180325-27180325-28








左:本堂に入って行く   中:ご本尊   右:本堂から出て絵になる1枚

180325-29オースティン ←オースティン
 寺院にオースティン?
 これはベトナム戦争時、1963年6月11日ティエンムー寺のティック・
 クアン・ドック僧侶はその仏教弾圧に抗議し、サイゴン(現ホーチミン)
 まで車で行き、アメリカ大使館前で自らガソリンをかぶって焼身供養を
 行なった。この車は、僧侶がサイゴンまで乗った車。

 ティエンは「天」ムーは「姥」を意味し伝承によって、寺の名前となる。


180325-30ドラゴンボート180325-31宮廷料理 ←ドラゴンボート
 川を渡り、ランチのレストランへ。



 ランチは宮廷料理→
  ↓   ↓   ↓

 

180325-32180325-33180325-34








レストランの中に入ると、蓮の花に迎えられ空間も心地良いもんやった。
盛り付けもニンジンを使い、鶏・花・蝶・亀などに模していた。
中でも、料理を取ると残ったのが花になるという工夫が素晴らしかった。
そして、最後の亀チャーハンには女性陣から「かわいー!」と感嘆の声も。。。

                                       つづく・・・



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)