パルラー旅in四国2

第2日目(4/24) 砂美かたやま→室戸椎名→室戸岬→ロイヤルホテル土佐

宿を出て、ゆっくりパルラーをしながら室戸岬を目指す。
道路沿いにあったり、ナビで集落の中に見つけたり郵便局の立地もいろいろ。
ただ今回の旅行で、絶対に行くと決めていた郵便局は2局だけ。
だから、気の向くままのパルラー。
 *パルラーとは、旅行貯金が正式名称で、昔の通帳に「ぱるる」と書かれていたので、
  パルラーと呼ぶ人も多い。我々は通る道すがらに郵便局があればするといったスタンス。

椎名
180424-01入口180424-02廃校水族館180424-03交流館








180424-04定置網解説180424-05夫です180424-06プールにカメ








室戸岬も近づいた室戸椎名郵便局に寄ったところ、郵便局の裏に面白げなものが。
その名も『廃校水族館』(上中)見ようと行ったが4/26オープンやて。ん~~ん残念!
隣接の集落活動センターでトイレを借りたが、定置網漁(下左)の解説を丁寧にしてくれた。
「この写真の人が私の主人です」と笑って言ったので1枚(下中)180424-08室戸岬灯台
奈良出身の彼女は神奈川出身のご主人と共に移住組。断ってないけど美人やし
まっええか。
廃校のプールでは5種類のウミガメや小さなサメが泳いでいた。
機会があれば絶対に行くぞ!
180424-07オオグソクムシ 彼女に教えてもろて、グソクムシに
 触れるという施設へ行った。
 海洋深層水を売っている所。
 ダンゴムシの大きいのがそれ。
 硬かった。


 室戸岬灯台
 

最御崎寺
180424-09最御崎寺180424-10180424-11








180424-12180424-13180424-14








180424-15室戸の町並み
 最御崎寺((ほつみさきじ・上左)は室戸岬灯台と共通の駐車場。
 恋人の聖地であると謳う灯台を見てから最御崎寺へも寄った。
 こちらはお遍路さんの聖地や。
 納経帳に朱印を頂く人、それを乾かす人(下左)


 
 ←途中から見えた室戸の町並み


金目丼と津照寺
180424-16金目丼180424-17きつねうどん180424-18津照寺








津照寺(しんしょうじ)の近くで、名物の金目丼(左)をいただきました。
10店舗ほどが提供している金目丼ですが、刺身と照り焼きが乗っていることと定義されている。
美味しゅうござりました。
お腹が減っていたので、きつねうどんも注文しましたが、わかめの方が味も香りも強く、わかめ
うどんと言った方がいいでしょう。

180424-19吉良川の町並み180424-20180424-21








180424-22雨のお遍路さん吉良川の古い町並み(上の写真3枚)

壁に屋根?
建築上この構造にはどんな効果があるのか判りませんが、10軒ほどありました。

雨の中の歩き遍路さん→
津照寺で初めてジャンボタクシーで回るお遍路さんを見かけた。

『モネの庭』は雨がどうこう言う前に定休日やった。。。

互助組合の宿泊補助券を持って行ったけど、宿泊代はカード決済で済んでいる。
夕食時のビール代だけでは8000円には届かない。土産を買う必要もない。
T子にマッサージを受けるよう促してなんとか8000円を超えましたとさ。

                            つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)