読書時間

180524ダビンチコード昨日和歌山で借りた本を返し、下巻を借りようとしたが、
「まだ学校やねん」
と言われてしもた。
久々のダン・ブラウンを読みかけた身としては、
「ぅ~ん、代わりになんか読むか。。。」
と、本箱を漁った。8月に行くローマのために『天使と悪魔』かと
思い至り、探したが中巻・下巻はあるのに上巻がない。
「天使と悪魔の上巻は?」
「ボクが今学校で読んでるねん」
と2号の返事。

しょうがないので、ダン・ブラウンと出会った最初の1冊、『ダ・ヴィンチ・コード』を持ち帰った。
忘れていることが多くて、新鮮な感覚で読める。意外な発見。

学校の読書時間は、毎日10分間ということで、なかなか読み進めんやろけど、そういう時間が
設定されているのはええこっちゃ。どんな本でもええらしい。漫画や雑誌はあかんやろけど。。。

孫達の本箱には『坂の上の雲』の文庫版全巻もあった。
それも持って行ったということは、頭の片隅にもなかった。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)