クロアチア・スロベニア5

第4日目(7/2) オパティア~ポレッチ~ロヴィニ~オパティア

180702-00

180702-01NO1ビュティー180702-02散歩 ←You are NO.1 beauty!
 厚かましくそんなことを言えたのに
 写真をカメラ目線でお願いできなか
 ったホテルのレセプション嬢。
 急いで撮ったもんやからぶれぶれ。

 朝食後に前日と逆方向へ散歩→
 ゆっくりめに出発。
 

ポレッチ歴史地区

180702-03砦バー180702-04人形180702-05城壁レストラン








左:砦がバー   中:猿の人形   右:見張り台とレストラン

エウフラシウス大聖堂
180702-06エウフラシウス大聖堂180702-07入口180702-08








180702-09180702-10洗礼盤180702-11








180702-12祭壇180702-14列柱180702-13塔より








180702-16トリュフパスタ
 1段目 左:入口   中:チケットチェック   右:前庭と聖堂
 2段目 左:洗礼室   中:洗礼盤   右:鐘楼とモザイク
 3段目 左:祭壇   中:列柱   右:高所からポレッチの町
 今日の1枚は、聖堂祭壇のモザイクのアップ
 ビザンチン様式で他の時代の建築様式も混じる。

 ←トリュフパスタ&ワイン1杯付き


ロヴィニ  

180702-15180702-17ロヴィニ180702-18








180702-19180702-20180702-21








180702-22カトリック教会180702-23180702-24脇の祭壇








180702-25天井画180702-26珍しい?180702-27うるさい?








180702-28
 1段目 左:港町ロヴィニ   中:ライオンは権力の象徴
 2段目 路地のふと見えた写真3枚
 3段目・4段目・←ロヴィニのカトリック教会 うるさい人がいる?

 ロヴィニのカトリック教会は名前がない―そんなわけではなく
 ググって地図上に書いてあるけど、読み方が判らない。

 ロヴィニの石畳はよう滑る。カモメは逃げない。

ロコ1(Roko1)

180702-29ロコ 夕食は自由食。このツアー、自由食が多過ぎる。
 どうせしゃべれんから添乗員の勧めるままになるのに。。。
 案の定、しゃべれる二人は別行動やけど、あとの14人はぞろぞろ。
 ←この日のお勧めは、イタリアンレストラン“Roko1”評判がいいらしい。
 ホテルの斜め向かいで、面白がって付いて行った。
 何が面白いって?バリウム検査の開発者の生家がレストランになってる
 とH嬢が説明してくれたから。。。
 ググってみたら、レオ・スターンバックの開発したのは抗不安薬、
 抗けいれん薬、催眠鎮静薬のヴァリウム。
 
180702-30バリウム碑文180702-31バリウム180702-32肉








これは添乗員H嬢に教えてやらなければ!また嘘を説明してしまうぞ。。。
左:レオ・スターンバックの碑文   中:ヴァリウムという名のピザ   右:肉ぅ~!
ピザは塩っ辛いサーモンをトッピング。大きい、大き過ぎる。二人でも食べ切れん。。。
肉は純然たる赤身で私には物足りなかった。。。美味しかったけど。。。
                                       つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)