お見舞い

181105-1富士山叔父の見舞いのため、千葉まで行ってきた。
行きの飛行機から見えた富士山→
あ~たま~を くぅもぉの~ うえにぃだぁし~
という状態で、下からは見えないかな?

マイレージを使(つこ)てチケットを取ったので後ろの方の席。
の筈やったが、母を車椅子に乗せていたため一番前の席に。
特典航空券の座席決めではそこは空いてなかったぞ!
制約があるとは思とったけど。
なんせ一番に乗り込み、最後に降りる。

181105-2スカイツリー叔父は血色も良く、随分回復していた。
風邪をひき、そこから肺炎を起こしたそうで、一報を受けた母は
葬儀のことまで考えていたという。
病室に入って、初めに顔を見せた時、ギョッというような顔を
された。「幽霊かと思った」
私が父に似ているためそう思ったそうな。
間もなく叔父の次女裕子が来た。長女の妙子に会えなかった
のが残念やけどしょうがない。
検査のために病室を出て、談話室からスカイツリー→
叔父は母の手を握りながら一生懸命に何か話してる。
母もうんうんと頷きながらそれを聞いている。が、時間に制約が。
空港へのバスの時間に合わせ、辞した。

あとで裕子からラインが来たので、母に読んでやった。
「今日は遠いところをありがとうございました。入院してから一番嬉しかったと思います」
それを聞いて母も嬉しそうでした。
卒寿の母と、米寿の叔父、二人とも元気で長生きしてや!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんにちは(^^♪
関西から日帰りでお見舞いですか?
慌ただしく、本当にお疲れさまでした

ご一緒にお見舞いに行けて良かったですね
きっとおじさまもきのっぴさん達のお顔をみて
元気になられる事でしょう!
本当にお疲れさまでした
ポポさん、こんばんは
ポポさんに挨拶もせず帰ってしまいました。
申し訳ございません(笑)

叔父も小岩に住んでいるとばかり思っていましたが、
知らんまに本八幡に引っ越していまして、
長女の近くだそうですが、私の姉やその娘も
千葉ですから、千葉率が随分上がりました。
千葉へ行く機会が増えそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)