ミステリー北海道2

181206-01旭川の町並み第2日目(12/6) 旭川→層雲峡→オホーツク流氷館→『北こぶし知床

朝食はバイキングで、割に充実していたが写真に撮るほどでもない。
タヒチのランギロア島で作られた星野リゾートのイメージが瓦解した。
部屋から撮った早朝の旭川の町並み→

今回のツアーはなんとビックリの45名。年齢は同じくらいか上。
男友達2名、女友達4名、一人参加女性2名、男性1名、あとは夫婦で
若干女性が上回っている。
バスガイドは20代のセリナちゃん。

181206-02銀河の滝181206-03流星の滝 バスが動き出しはは~ん
 「とある滝」は層雲峡や。
 ←銀河の滝
       流星の滝→
 下の方は凍っている。
 旅行パンフにはオシンコ
 シンの滝の写真やったけ
 ど。。。
 モノクロ写真みたい。。。

181206-04キタキツネ牧場181206-05知床半島 個人旅行では決して
 行かないであろう所へも
 連れて行ってくれる。
 ←キタキツネ牧場
 遅めの昼食は自由食。
 入丸水産でカニ飯と海鮮
 丼をいただく。
 店のすぐそばの浜から
 斜里岳が見えた→
 左は海別岳。
181206-06オホーツク流氷館181206-07網走湖・能取湖

 「とある展望台」である
 ←オホーツク流氷館
 ここは初めてやった。
   網走湖と能取湖→
 なかなか良い展望。
 が、個人旅行でこの辺へ
 来ることがあっても訪れ
 ることはない。
181206-08ソフトクリーム


 ←ガイドさんも添乗員もお勧めの流氷ソフト
 基本はキャラメル味で、青い粒々は流氷色の塩。
 
 宿は宇登呂の『北こぶし知床
 すぐ前に宇登呂郵便局がある。T子はパルラーの準備はいつもしているが、
 今回は諦めている。宿への到着が5時で出発は9時。
 窓口は9時から4時までなので、時間的に無理。
 「また来たらええやん。。。」


181206-09料理1181206-10料理2181206-11ツリー








夕食はバイキングでなかなか豪華。アイランドキッチン風で広々したレストラン。
一番気に入ったのは、飲み物の注文を聞いて料理を取って来るのに合わせて
飲み物を運んでくれること。

181206-12フロントツリー181206-13ネイチャーガイド ←フロントにもツリーがあり
 写させてもろた。

 8時から始まるネイチャーガイド→
 バードウォッチングが好きで、と
 言っていたが30分で要領よく
 話していただく。
 この方はフロント係でもある。


風呂もなかなか良かったが、写真を撮れないので。。。部屋も広く及第点。
もう一度泊まってもいいと思った唯一の宿でした。
                               つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)