ミステリー北海道3

181207-01オロンコ岩第3日目(12/7) 知床→直線道路→硫黄山→屈斜路湖→摩周湖→
         釧路湿原→十勝川温泉『第一ホテル』

前夜から雪模様。
予報も思わしくないがどうなることやら。。。

早朝に部屋から撮ったウトロ港方面→220ゴジラ岩
左からゴジラ岩、オロンコ岩、三角岩。
ゴジラ岩は方向を変えるとゴジラに見える?
小さい写真は10年前に行った時の写真。

181207-02オシンコシン181207-03
 ←オシンコシンの滝→

 一応カラー写真。
 この時期モノクロの様に
 写ってしまうのはしょう
 がないか。。。



181207-04直線道路181207-05硫黄山
 ←「とある直線道路」
 約18㎞続くが、北海道内
 には20数㎞も続く長~い
 直線道路もある。

 硫黄山→
 噴煙の上がる活火山。
 駐車場は季節により有料。


181207-06オオハクチョウ181207-07摩周湖
 ←屈斜路湖のハクチョウ
 聞けばオオハクチョウだ
 とか。でっかい筈や。
 逃げもしない。

 神秘の湖・摩周湖→
 何も見えずほんま神秘。



181207-08釧路湿原 ←釧路湿原も何も見えない

 この日の観光地は全部初めてではないけど、初めての人にとっては
 気の毒な天気。
 摩周湖は裏摩周しか知らんかったけど、裏摩周の方が展望が良さげ。
 とほ宿の情報はなかなか正確やな、と再確認。

 鶴居村にタンチョウが一杯いたけど、バスは止まる事なく進んで行く。
 とにかく先を急いでいた。


181207-09ウエルカムドリンク181207-10釜めし181207-11ツリー








途中、道路の側溝へ落ちてる車を見た。鹿などを避けた模様。
宿は十勝川温泉の『第一ホテル豆陽亭
左:ウエルカムドリンクコーナー   中:夕食の釜めし   右:ツリー
夕食はバイキングで、時間を指定される。6時指定やった。それで急いでたんか。。。
席に着くと、まず釜めしの説明。6種類の具を好きなだけ入れる。20分ほどかかる。
その後飲み物の注文。ここも客が料理を取ってから飲み物を出すシステム。

風呂も工夫されていたが、部屋がいかん。8畳の和室ということやったけど、畳が
8枚あったけど、1枚々々が細いいびつな畳。6畳ほどの広さしかない。
それに、見るからに古い部屋という印象。残念!
                                  つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)