アンダルシア1

190105-01飛鳥ラウンジ第1日目(1/5) 関空→ヘルシンキ→マラガ→ホテル

移動だけの1日。
いつものように日航ホテルに駐車し(U氏に感謝)、受付に行く。
丁寧すぎる添乗員の説明を聞き、フィンエアーにチェックイン。
保安検査場へ行くとびっくりするほど空いていた。
出入国管理所では新しく自動の機械があり、非常にスムーズ。
出国スタンプも要らない。要る人は押してもらえる。
へぼい飛鳥ラウンジ→

190105-02モニター190105-03ヘッドホン190105-04足置き









190105-05朝食ヨーロッパ方面だとT子がビジネスクラスを奢ってくれる。
どうも、ハワイやアジアの国はエコノミーで、それより遠いと
ビジネスという彼女なりの基準があるようや。
今回は2度目のフィンエアーで、クロアチアへ行った時以来。
その1回目のフィンエアーで、私達の席の担当やったCAさんが
免税品を売りに来たのにはびっくり。
憶えているはずはないが、話を合わせてくれていた。
写真も撮らせていただいたが手振れ。前回の写真は★★★
T子が朝食メニューにないおにぎりを注文。私も追加で貰う。

190105-06ヘルシンキ空港190105-07ラウンジ ←ヘルシンキ空港 ラウンジ→
 ヘルシンキ→マラガはエコノミー
 やけど、航空券を見せたら入れた。
 クロアチアの時もそうやった。
 
 関空→ヘルシンキでは映画鑑賞。
 見逃した映画を中心に見た。 
 オーシャンズ8・プレデター・
 XMEN・MEGザモンスターの4本。

190105-08町の灯り190105-09マラガ空港 長い間、夕陽を見ながら飛んでい
 たが、ようやく暗くなり見えた
 ←町の灯り
 モニターもなく退屈な4時間半を
 過ごしてやっとマラガに着いた。
 スーツケースが壊れた人がいて
 待ち時間の間にビールを仕入れ。
 仕入れたのがこの売店→  


190105-10フロント190105-11部屋 やっとホテルに到着。
 家を出てから20時間経ってた。
 ホテルはパラドール・マラガ・
 デル・ゴルフと言ってゴルフ場
 の中にある。写真は★★★
 ここに4連泊。
 荷物の移動がないのも魅力。
 総2階建てで部屋は1階。


部屋のチェックを済ませ、問題を発見。湯沸かしポットがない。
クロアチアの経験からカップ麺を持って行っていたが、湯が沸かせない。
添乗員に聞くと「バーで湯を貰ってくれ」と言う返事。
「おにぎり有るし、まぁええか。。。」
おにぎりを貰っておいて良かったと思ったことでした。
                              つづく・・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)