きのっぴぃの旅行記 ホーム »映画の話
カテゴリー「映画の話」の記事一覧

『ローグ・ワン』  

161219ローグワン

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造
などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。
それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン
(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・
アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

この映画はシリーズ物ではなく、単発のサイドストーリー。
初めて『スターウォーズ』が公開されたシリーズ(ルーク・スカイウォーカーが活躍するシリーズ)の疑問点、
「なぜ反乱軍が、デススターの設計図を持っているのか?」を説明している。
フォースを使ういわゆるジェダイは出て来ない。ダースベイダーと合成されたレイア姫が出てくるだけ。

座頭市まがいやゴーストバスターまがいが出てくるが、別にパクリやとは感じなかった。
むしろ、遊びがあって楽しいと思わせてくれる。

主役のフェリシティ・ジョーンズは前回の『インフェルノ』以来で2回目やけど、切ない役ばっかり。
『インフェルノ』でも重要で切ない役やったし、ここでは主役やけど切ない役やった。
今までのスターウォーズ史上最高の出来。

お勧め度 ★★★★★★(★5つが最高のはずやったのに。。。)も1回見に行くつもり。


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『疾風のロンド』  

161208疾風ロンド

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう
脅迫メールが届く。残された時間は4日間、主任研究員の栗林和幸(阿部寛)はひそかに兵器を探索する
という任務を依頼されるも、手掛かりはゼロ。そんな折、犯人死亡というまさかの事態に呆然としながらも
大惨事を回避すべく、犯人の遺品をヒントに国内屈指の規模を誇るスキー場へと向かう。

東野圭吾原作の映画は久しぶりやった。彼の映画らしくなく、完全に喜劇に仕立てている。
ストーリー展開に関わらず笑えた。ただし、東京の笑い。
大島優子のボードはなかなか大したもんやった。大島優子ファンは必見。

お勧め度 ★★★☆☆


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『ファンタシティックビーストと魔法使いの旅』  

161130附中跡弟を病院まで送って行って、検査が始まると暇になる。
近くの喫茶店で昼食を済ませ、さて何をしようか?
と考えて、娘が通っていた和歌山大学教育学部附属中学校は今どうなっている
のか見に行こうと思い立ち、散歩した。
附中は日赤病院から10分以内の距離にある。
先生方の駐車場と現附中生の自転車置き場になってる。
こんな狭い空間に校舎があったんやなぁ。。。
現在の附小と附中は、和歌山大学の跡地に建っていて、校地も広い。


161201ビースト

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のため
ニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが
人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーター
ストン)らと共に追跡を開始するが……。

ハリポタシリーズと違うのは、主人公が大人であることや。これから成長することは期待できない。
舞台はアメリカであること。トランクを取り違えた人間がシリーズに登場することなどか?
5本シリーズの1作目なんで、登場人物の紹介か?
途中中だるみで眠くなった。。。

お勧め度 ★★★★☆(今後の展開に期待して。。。)


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『ジャック・リーチャー』  

161124ジャックリーチャー

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では街から街へとあてもなくさまよう生活を送っている
ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)。ある店でトラブルに見舞われた上に保安官に連行されそうに
なったは、自分をめぐる何かしらの陰謀が動きだしているのを察知する。やがて彼は、元同僚であった
ターナー少佐(コビー・スマルダーズ)を訪ねるが、彼女がスパイ容疑を掛けられて逮捕されたことを知る。
ターナーを救い出して共に事態の真相を追ううちに、軍内部に不穏な動きのあることをつかむが……。

前作の『アウトロー』の時より歳は取っていたが、前作より面白かった。
よう判らんかったんが、何とか社って言うのが最初の手掛かりになるんやけど、
最後にその会社の飛行場が出てきただけやった。
T子は「時間がないから省略したんと違う?」
て言うんやけど、原作を読んでないから判らんかった。

お勧め度 ★★★★★


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

『インフェルノ』  

161101インフェルノ

 公式サイト→★★★

【ストーリー】(イオンシネマ解説より)
記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は何者かに命を
狙われるも、医師のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)の手引きで事なきを得る。やがて二人は、
人口増加を危惧する生化学者バートランド・ゾブリスト(ベン・フォスター)が人類の半数を滅ぼすウイルス
拡散をたくらんでいることを知る。彼らは邪悪な陰謀を阻止すべく、ゾブリストがダンテの叙事詩「神曲」の
「地獄篇」に隠した謎の解明に挑むが……。

いやあ面白かった!
原作は随分前に読んでおおよそのストーリーは判っていたが、それでも面白かった。
忘れた分かなぁ?
それに行ったことのある土地が舞台となるとますます面白い。今回はフィレンチェや
イスタンブールが写されていたが、映画で見るとまた行きたくなる。
土・日とロバート・ラングドンシリーズの『ダ・ビンチ・コード』と『天使と悪魔』を
放映してた。
映画的には『天使と悪魔』が判り易いかなぁ。今度孫達に見せてやろ。。。

お勧め度 ★★★★★


category: 映画の話

tb: --   cm: 0

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

▲ Pagetop